食・料理

ここでは、「食・料理」 に関する記事を紹介しています。

今、あるサンドイッチの本が人気らしいですね。

その本の名は、『沼サン』(宝島社、980円+税)。

妙な名前の本ですが、作者のお名前が「沼夫さん」といい、沼夫さんのサンドイッチなので、『沼サン』らしいです。


この本の存在を知ったのは新聞広告なのですが、そこには、”おしゃれ・おいしくて・ボリューミー”というキャッチコピーが付いていました。

どうやらキャベツの千切り+具財が基本のサンドイッチがメインのようで、それで分厚くて、見た目も豪華で食欲をそそられるサンドイッチが満載の本らしいです。レシピ数は50もあります。

デザートのサンドイッチレシピもあります。

本の表紙にも豪華なサンドイッチがドーンッと載っています。


私もパン好き。毎日昼食はパン&コーヒーが定番です。

しかし、サンドイッチはなかなか作るのも面倒なので、自宅で作ることはめったにありません。

オープンサンドというか、焼いた食パンの上に野菜やハム類などを乗せただけのものは良く作りますが、本格的なサンドイッチはどうもね・・・。

また、オープンサンドの場合でも、難しいのは味の決め手となるソース。これ次第で全体の味が全く違ってくる感じがします。

例えば、マヨネーズをベースのソースの場合。モスバーガーなどお気に入りのハンバーガー店の味をイメージして作るのですが、結構難しいです。

私なりのコツとしては、マヨネーズに酢、マスタード、胡椒など加えて味つけします。
酢はかなり多めに入れないと酸味が出ず、ボヤけた味になってしまいますね。また塩も適量振ると、味が締まってインパクトが出ます。

ソースが決まれば、具財はハム類でも魚介類でも野菜系でも、美味しく食べられますよね。


ところで、最近ハマッテいるのが、喫茶店などのモーニングサービス。

名古屋で有名な「コメダ珈琲」が関東にも出店し、我が家の近くにもできました。

ここのモーニングはコーヒー代だけで、トーストとゆで卵が無料で付くので、お得です。
しかし、おすすめなのは、通常メニューのサンドイッチたちです。

特に珍しいものではなく、オーソドックスなメニューで、値段も500円~700円代と安いわけではありませんが、どれも価格の割りにボリュームがあって、美味しい。オーダーして出てくるのも早いです。

休みの日には、ブランチ的に、「コメダ珈琲」へサンドイッチを食べに行ったりします。

ここはお勧めですよ。


コメダのサンドイッチに飽きたら、『沼サン』のレシピに挑戦してみようかと思っています。



食・料理 | Page Top↑
11月5日のNHK「ためしてガッテン」は、”カリフラワー特集”なるものをやっていました。

同番組で時々やる食材の研究ですが、今日はカリフラワーを取り上げていました。


スーパーマーケットなどでは最近、カリフラワーはあまり見かけることがなくなり、代わりに似た感じの野菜としてブロッコリーが主に扱われているようです。

これは1980年代以降の緑黄色野菜ブームの影響だということでした。


我が家も、私が子供の頃(70年代あたり)は、ブロッコリーをわりと食べた記憶がありますが、確かにやがて食卓に上ることは少なくなりました。

私の記憶では、結構美味しかったのですがね。


ところで、今日の「ためしてガッテン」では、ダラダラとあれこれの薀蓄を並べた挙句、”カリフラワーは生で食べるのが美味しい”という単純な結論を披露していました。

前半三分の二は要らなかった感じです。


しかし、カリフラワーを生で食べるという発想は普通持たないので、料理に興味のある人にはとても良い情報だったと思います。

普通茹でて食べると思いますが、そうすると味は曖昧で、栄養素もブロッコリーに遥かに劣ってしまいますが、生同士だとそれが逆転し、ビタミンCなどはブロッコリーに勝るそうです。

しかも、カリフラワーは、通常食する頭の部分だけでなく、茎も葉も食べられ、美味しいということでした。

適当に切って手に持って、親指で頭の部分をはじくと、簡単に茎から分離できます。


番組で紹介した調理例は、

・頭の部分を細かくして、溶かしたチョコに混ぜると、ナッツチョコのようになる。

・スライスしてラーメンに乗せると、シナチクのようで美味。

・チラシ寿司にスライスして乗せると、レンコンのようで美味。

・ベーコンと一緒にサッと炒めると美味しい。

・オリーブオイルと絡め、塩をふるだけで美味しい。

・葉の部分は細かく刻み、天ぷらのかき揚げなどにすると美味しい。

・味付けした炊き込みご飯(炊き上がった状態)に、細かく刻んで混ぜ、数分蒸すと美味しいカリフラワーご飯になる。

など、簡単に試せそうなものが多かったです。


コンビニで売っているサラダにカリフラワーを加え、オリーブオイルを振ると、美味しくなるのではと思います。


もしスーパーなどで見かけたら、是非買ってみましょう。


食・料理 | Page Top↑
昨日、ハードディスクレコーダーに録り溜めていた多くのテレビ番組で、録画容量が一杯になってしまったので、削除がてら録画番組をチェックしていると、NHKの『ためしてガッテン』の面白い特集がありました。


それは”新じゃがの驚きの美味しい食べ方”みたいな内容で、面白かったので、ここで紹介してみます。


今は秋なので、春先の新じゃがのシーズンからは遠くなってしまいましたが、『ガッテン』で特集した食べ方を知っていると、来春は美味しい思いができるハズです。

また新じゃがといっても、旬が必ず春先とも限らず、北海道産には秋の旬物もあるらしいので、これから新じゃがを入手できたら、試してみて欲しいと思います。


さて、新じゃがと貯蔵物のジャガイモとの大きな違いは、新じゃがは糖分が少ない代わりにでんぷん質が多く、その分モチモチ感があるということでした。

そのため、甘さを味わいたいのなら、普通のジャガイモの方が甘いのですが、新じゃがはそのモチモチ感を最大限に引き出すと、とっても美味しい食べ物になるのでした。

そのモチモチ感を引き出す方法は、”すりこ木”ですること。


「とろろ芋(ヤマト芋)」をするように、新じゃがをすると、ネバネバした状態になります。
コツは、蒸して直ぐではなく、一度冷ましてからすること。

そうしないとネバネバがでません。


すり鉢で粘り気がよく出るまですったら、それでもう食べられます。

この段階で、スプーンなどで適当な大きさにすくい、麺つゆなどのだし汁につけて食べると、とっても美味しいのだとか。

また、それに衣を付けてコロッケとして揚げると、クリームコロッケのようなコクがあって美味しいコロッケになります。試食したスタジオのゲストの反応だと、味付けしなくとも美味しいようでした。

私的には、ベーコンやチーズなど入れるとさらに美味しいコロッケになるのでは、と思いました。


また、そのモチモチの新じゃがを使ったレシピとして、丸く平たくしてチーズなど乗せてフライパンで焼いたり、たこ焼き風に味付けして(タコも入れて)、丸めて揚げたりといったものを紹介していました。

また、卵と混ぜてオムレツにするとフワフワの美味になるそうです。


蒸して、すり鉢でするだけで、美味しい料理素材になるのですから、これはやらない手はないでしょう。


どうか、この調理ノウハウを覚えておき、来春の新じゃがシーズンを楽しんでください!



食・料理 | Page Top↑
5月25日のTBS「噂の!東京マガジン」、”やってTRY!”コーナーのお題は、『メンチカツ』でした。

メンチカツは誰でも好きなメニューでしょうが、イザ家庭で作るとなると中々面倒で、つい冷凍食品などで代用してしまいがちです。

でも、今回の「東京マガジン」のメンチカツのレシピは割と簡単で、しかも美味しそうだったので、是非試してみたくなりました。

特に特製のデミグラスソースは、一工夫するだけで、かなり美味しくなるらしいので、このソースだけでも覚えたいものです。

ちなみに、TYR娘達は、11人中4人が合格だったので、やはりメンチカツは難しい料理ではないようですね。


< メンチカツのレシピ >(3人前=3枚)

●メンチカツ

1、牛7:豚3の割合で、合いびき肉を330g用意する。

2、ひき肉に軽く塩・胡椒をする(ソースで食べるので強くしない)。

3、玉ネギみじん切り30g、溶き卵1個分、パン粉20g、牛乳20cc、生クリーム20cc(コクを出すため)を加え、よく練る。

4、形を整え、衣をつけて、175度の油で揚げる。

メンチカツの揚げ方自体は、特別にコツのようなものは紹介されませんでした。175度で揚げるということぐらいでしょうか。


●デミグラスソース

1、市販のデミグラスソース290gを鍋に入れて火にかける。

2、トマトケチャップ大さじ2、赤ワイン70cc、ウスターソース大さじ1、ウイスキー30ccを加えてよく混ぜる。ウィスキーは隠し味で、香りが引き立つ。ブランデーだとさらに美味しくなるとか。酒が弱い人は、初めの方で入れてアルコールを飛ばすようにする。

3、ひと煮立ちしたら、完成。


出演者たちが試食すると、皆、「美味しい~」と喜んでいました。

特にデミグラスソースは香りもよく、美味のようでした。メンチカツだけでなく、ハンバーグやオムレツなどにも合いそうで、是非マスターしたいと思いましたね。


食・料理 | Page Top↑
5月24日の日テレ「世界一受けたい授業」で、”冷めてもおいしい弁当”という授業があり、子供が好きな弁当のおかず・ベスト5を題材に、”冷めても絶品ひと手間テクニック”という料理のアイデアを紹介していました。

子供の好きな弁当のおかずのベスト5は、
①から揚げ、②玉子焼き、③ソーセージ、④ハンバーグ、⑤ミートボール、だそうです。

番組では、それぞれにひと手間加えて、冷めても美味しく食べられる工夫を紹介していきました。


【1】から揚げ
超意外ですが、から揚げ用の鶏肉に、「卵かけご飯」を衣のようにつけて、小麦粉をまぶして揚げると、サクサクに揚がり、4時間経ってもサクサクのままです。

鳥肉には下味など付けるでしょうが、とにかくお弁当に入れてもサクサクのから揚げが楽しめるそうです。

【2】玉子焼き
玉子焼きは弁当に入れ、冷めた状態だと固くなります。それで、焼くときに溶き卵にマヨネーズを入れると、冷めてもフワフワの柔らかい食感のままです。

これは、マヨネーズの油と酢が、卵のたんぱく質同士の結合を防ぐからだそうです。
分量は、卵4個に対し、マヨネーズ大さじ1杯くらいです。

【3】ソーセージ
ソーセージは、お弁当のおかずの王道ですが、冷めるとしんなりして味が落ちます。

そこで、ソーセージを湯でボイルして、その鍋の湯を捨ててから、乾煎り(からいり)すると、冷めてもパリパリ感を維持できるそうです。

【4】ハンバーグ
ハンバーグも弁当などで冷えると、肉が固くなります。
この場合、肉の中にゼラチンを加えて焼くと、冷めても柔らかさをキープできます。

スタジオのゲストが試食すると、冷めたハンバーグとは全く違った食感なのに驚いていました。

【ミートボール】
ミートボールもハンバーグと同様にすると、柔らかさをキープできます。


最後に、”冷めてもシャキシャキの野菜炒め”のコツを伝授しました。

野菜炒めを作ると、とかく水分が出てべちゃべちゃになり勝ちです。これは野菜の細胞が熱によって壊れ、中の水分が出てしまうからです。

そこで、極弱火でゆっくり野菜をかき混ぜ、7~8分フタをして蒸すと、シャキシャキの野菜炒めになるそうです。これもゲストが試食しましたが、シャキシャキして美味いと言っていました。

中華のプロが強火で調理するのは、強火で素早く調理するため、野菜の細胞壁が壊れないからのようです。我が家も、ガス台の強カロリーの方のコンロは火力が強いので、野菜炒めは火力を最強にして短時間で炒めるようにして、シャキシャキ感を出すようにしています。

手早くすれば、結構シャキシャキ感が出ると思いますが、難しい人は極弱火の方がいいでしょうね。

食・料理 | Page Top↑
TBS「噂の!東京マガジン」、4月13日の”やってTRY”のコーナー、今回のテーマは『かつ丼』でした。

カツ丼はポピュラーな食べ物で、誰でも年に数回は必ず食べてはいると思いますが(私の場合は、スーパーの惣菜や「ほっともっと」の弁当が多いですが)、意外にもTYR娘でちゃんとできたのは、11人中たったの一人でした。

作り方は超簡単だと思いますけどね。


ところで、今回のプロが伝授する「かつ丼のレシピ」は、東京・銀座の『梅林』という老舗料理店の調理人さんが登場しました。

このお店は、行列ができるほど美味しいらしいです。


では、早速『梅林』流の「カツ丼のレシピ」をご紹介。


【レシピ】
1、豚肉80gは包丁で筋切りする。つゆが濃い目なので、塩・胡椒などでの下味はつけない。

2、強力粉を付け、玉子、生パン粉で衣をつける。

3、約170度の油で揚げる。

(つゆ)
4、水200ccを沸騰させ、三温糖(普通の砂糖でも可)50g、みりん60cc、しょう油90ccを順に入れていく。かつおや昆布などのだし汁は使わない。

5、ラード小さじ1/3程度を加える。これでつゆにコクが出て美味しくなる。

(本体)

6、アルミの片手の平鍋に玉ねぎスライス10gを敷き、その上にカツを切って乗せる。

7、上からつゆを70gかけて、火にかける。

8、火が通ったら、溶き玉子(少なめ)をかけ、フタをして少し火を通す。

9、器に盛りつけして出来上がり。


老舗のカツ丼のレシピにしてはシンプルでしたが、決め手は「ラード」を使う点だそうです。

出演者もコクがあって美味しいと褒めていましたね。

この作り方なら、普段の方法にラードをプラスするだけなので、簡単です。

我が家でも、今日の夕食は、このレシピでカツ丼にします。


私の近くのスーパーでは、ラードは小さなサイコロ状のものは肉を買えば無料でもらえますし、チューブ入りのものは280円ほどでした。

野菜炒めなどに使っても風味がでますので、チューブ入りを買ってもいいのではないでしょうか?

食・料理 | Page Top↑
TBSテレビ、朝の情報番組『はなまるマーケット』が、今日終了しました。

17年とか続いた長寿番組だったらしいですが、私はほとんど見たことがありませんでした。しかし、終了目前のここ1,2週間に、おもしろい”まとめ企画”があり、その中で、「神レシピ」というのが気になって見てみました。


この「神レシピ」というのは、『はなまる』に登場した料理研究家のうち、出演回数の多い順にランキングを付け、その料理家の話題になった一番人気レシピを紹介するというものです。

そのレシピは、少ない材料で簡単にできて、しかも美味しいものに限られます。

ランキングはベスト5の料理研究家を取り上げ、5つの「神レシピ」(人気レシピ)を紹介しましたが、ここでは最も反響が大きかったらしい、第二位の「塩そぼろ」というスーパー常備菜(じょうびさい)について書いてみます。


この「塩そぼろ」を考案したのは、浜内千波さん(通算256回登場)。

シンプルで低カロリーなレシピを紹介する料理研究家で、日テレの『ポシュレ』にも登場する人です。

この「塩そぼろ」は、放送当時圧倒的な反響があり、翌日のネット検索のキーワードランキング1位を獲得したそうです(2008年4月10日)。


冷凍すればパラパラになって使いやすく、アレンジ自在。そのまま玉子焼きに入れたり、ポテサラ、スープなどにも入れられるスーパー常備菜らしいです。

以下、材料と作り方レシピを紹介します。


【材料】
 合びき肉400g、玉ネギみじん切り1/4個、酒大さじ2、砂糖大さじ1、 塩大さじ1/2

【レシピ】
1、大きめフライパン(鍋でもいいかも)に湯を沸騰させたら、火をとめて合びき肉を入れる。かき混ぜて、熱湯で旨みを閉じ込めながら、臭みや余分な脂を取っていく。

2、肉が白くなったら、お湯を切る

3、中火にしたフライパンにひき肉を入れ(油は引かない)、玉ねぎ、酒を入れ、水分がなくなるまで炒める。

4、砂糖、塩を入れる。

5、炒めて音が大きくなり、水分が全くなくなったら出来上がり。


冷凍にする場合は、冷凍して2時間後に容器を振ると、よりパラパラになり使いやすくなります。


この「塩そぼろ」は、ベーコンのように旨みの元になるそうで、和・洋・中華と色々なものに加えられ、重宝します。

アレンジ的使い方としては、

・パスタに入れる、・キャベツと炒める、・かぼちゃのサラダ(ペースト状)に入れる、・トマトとサンドイッチの具材に、・豆腐の上に乗せる、・ごぼうとにんじんのキンピラに入れる、

などがあるそうです。


簡単にできそうなので、作ってみてはどうでしょうか?


食・料理 | Page Top↑
昨日の記事でTBS「はなまる」のパスタのレシピを紹介しましたが、今日3月23日は、またまた同じくTBSテレビの『噂の!東京マガジン』の、”やってTRY”コーナーで取り上げた「ミートソーススパゲティ」のレシピ紹介です。


今回の『噂の!東京マガジン』のミートソーススパゲティは、東京・西麻布のイタリアン「アルポルト」のシェフ片岡護が教えてくれました。

時間節約で10~15分ででき、しかも牛肉の切り落としを使って美味しさもアップしています。


【レシピ】(2人前)

パスタ160gは別に茹でておきます。

1、オリーブ油大さじ2をフライパンにひき、ニンニクみじん切り適量、鷹のつめ一片を入れたら、火をつけます(初めから火にかけない)。

2、きつね色になったら、玉ネギみじん切り1/2個を入れて軽く炒めます。炒まったら、焦げないように火を弱くしておきます。

3、豚肉の切り落とし40gの粗みじん切り(ひき肉でも可)と、牛肉切り落としの粗みじん切り60gを加えて炒めます。

4、塩・胡椒を適量ふって味付けし、炒まって肉の色が変わったら、赤ワイン100ccを加え、アルコールを飛ばします。

5、次にトマトホール150g、ブイヨン100g(固形スープを水で溶かしたもの)を入れ、ベイリーフ1枚、ナツメッグを少々(自分ですりおろすが、粉末使用)加え、10~15分煮詰めます。

6、煮詰まったら、茹で上がったパスタ160gを入れて混ぜ合わせます。

7、さらに茹でた筍1/4個分のスライス、バター10g、白味噌少々を加え、よく混ぜ合わせます。

8、パルメザンチーズ30gの2/3を2回に分けて加えて混ぜ、最後にパセリのみじん切りを適量加えて、出来上がり。

9、皿に盛ったら、木の芽数枚を叩いて風味を出して乗せ、残りのチーズを振りかけて食べます。


以上が、今回の「ミートソーススパゲティ」のレシピでした。


ポイントは、柔らかい牛肉の切り落としを使うことで美味しく、時短にもなり、白味噌で味にコクが出る、チーズで美味しさがアップする、などです。

番組で、”時間節約で簡単にできる”というわりには、ちょっと面倒な感じですが、試食した出演者の感想だと、かなり美味しいようでした。


私的には、豚肉、筍、木の芽などは省略しちゃって、トライしてみようかなと思っています。



◆関連記事
噂の!東京マガジン、スパゲティ・ナポリタンのレシピ



食・料理 | Page Top↑
2,3日前の日テレ昼の番組「ヒルナンデス」で、『コメダ珈琲』を紹介するコーナーがありました。

我が群馬県にも、高崎(イオンモール店)と伊勢崎に2店舗ありますが、折りしも伊勢崎のコメダコーヒーに初めて行ってきたばかりで、タイムリーな企画でした。

コメダ珈琲は、名古屋発祥の喫茶店チェーンですが、関東へは2003年に初進出し、現在では都内だけで27店もあるそうです。今後も関東~東北方面へ出店が進みそうです。


番組では、”ママ友会に人気、コメダコーヒー店に潜入。名古屋発、急成長のワケとは?”というサブタイトルで、コメダコーヒーの魅力を紹介していました。


< コメダを知るための7つの秘密 >

①店は住宅街(生活道路沿い)に建っていることが多い。

これは、主婦層の客が多いことから、交通量の少ない道路なら車のスピードも遅く、駐車場に入りやすいだろうという配慮から。


②店頭には主要な雑誌・新聞を豊富にそろえている。

お客さんにゆったりと寛いでほしいから。


③コメダのソファは、個室空間を演出している。

客席は個室感覚で座れるように間仕切りが工夫され、他の客と目が合わないようになっている。


モーニングサービスには、必ずアツアツの玉子がついている。

コメダ珈琲で、午前11までにドリンクを注文すると、トーストとゆで卵が無料で付いてきます。その玉子は冷たくなくて、温かい配慮がされています。


⑤一番人気のスイーツ「シロノワール」は、客の数により切り分けしてくれる。

コメダは客の要望を細かく聞いてくれるそうで、4人連れなら8等分に切りわけてくれたりします。他にも、トーストの焼加減や耳なしなど、可能な限り要望を聞いてくれるそうです。


⑥大人気のサンドイッチメニューの味は、創業当時からほぼ変わっていない。

これは、いつもの味がある安心感を大事にして、常連客を大切にする社風だからだそうです。

コメダには全9種類のサンドイッチメニューがありますが、どれもボリューム満点で美味しいと評判です。

私も先日食べてみましたが、本当に具材のボリュームがあって美味しかったです。
名古屋名物の「みそカツサンド」などもあり、食事としても満足できます。


⑦コーヒーチケットは有効期限がない。

関東地方の店舗の場合、9枚つづりで3,100円となっていて、400円のドリンク(10種類)で利用可能です。500円のトクです。

チケットを購入した店舗でのみ有効ですが、期限がないのは常連客を大事にしたいという考えからだそうです。


以上、「ヒルナンデス」で取り上げた内容でしたが、コメダ珈琲は肝心のコーヒーも美味しく飲みやすい味でした。1,5倍のたっぷりサイズもあります。


とにかくサービスよく、美味しいメニューが揃っているので、一度は行ってみる価値のある喫茶店だと思いますよ。


食・料理 | Page Top↑
穀物を焼いたシリアルに、ナッツやドライフルーツを配合したアメリカ・スタイルの新シリアル「グラノーラ」が大人気らしいです。

パンケーキやホットケーキの人気に次いで、今後大ブームになる兆しも出てきています。


国内のメーカー、カルビーの「フルグラ」はここ1,2年シリアル製品の中で売り上げ1位で、従来のシリアルよりも今は「フルグラ」が売れています。

9月にはネット通販限定で、フルーツ比率を高めた豪華版の『マイ・グラノーラスタイル』(340グラム735円)も販売を開始しました。

ここは普通に注文できますが、初回は”2種のお試しセット(送料込み980円)”のみとなっているようです。


グラノーラは特に製法が難しいわけではないので、中小の食品メーカーでも製造販売していますし、手作りのものを販売している通販サイトもあります。

東京・目黒の日本初のグラノーラ専門店「GMT」は通販サイトがありますが、現在は人気がありすぎて、注文は2,3ヶ月待ちになっているとか。

実際にサイトを覗いてみると、オーダーは受付ていましたが、やはり3ヶ月待ちになっていましたね。


これら市販のグラノーラは、人気のせいもあって、シリアルなどと比べるとかなり割高です。約2倍近いのではないでしょうか?

これだと、なかなか続けられないので、手作りしてしまうという方法もあります。
作り方は簡単で、レシピ本も幾つか出版されています。

下は、読売新聞でグラノーラ特集があった時に紹介されたレシピ本です。
種類も多く、写真もキレイで、好評でした。


専門店が続々とオープンするなど、人気急上昇中のグラノーラ。
手作りすれば甘さの調節が可能、トッピングも自分仕様で楽しめます。
しかも冷凍保存できるから忙しい朝にぴったり。
朝の定番メニューで人気のパンケーキやマフィン、スコーンのとっておきレシピも
紹介します。


◆関連サイト
「あさイチ」、今人気グラノーラの朝食(手作りのレシピも紹介あり) [2013,10,30放送]


食・料理 | Page Top↑
ヒルナンデス」(日テレ、10月9日)で、”ホットケーキミクスが大変身、超活用術”という特集がありました。

スーパー主婦の飯田順子さんという方が考案の、ホットケーキミックスをアレンジしたお菓子やおかずのレシピを紹介するコーナーです。

最近はパンケーキが流行りですが、ホットケーキも使い方次第で家庭でも美味しいスイーツや料理の一品になります。私もホットケーキは好きなので、今日のレシピを参考にして試してみたいです。

では、いくつかレシピをご紹介します。


●ホットケーキミクスでピザ

これは、ホットケーキミクスにトマトジュースを加えてピザの生地にするアイデアです。
100gの粉にトマトジュース40cc、オリーブ油適量に塩・胡椒少々でこねます。
次に麺棒などで厚さ5ミリほどに伸ばして生地にします。

あとは、具材を乗せて、フライパンで蓋をして10分焼けば出来上がり。

ホットケーキミクスなら生地を発酵させる必要なく、生地を作って15分でピザが焼き上がります。生地の水分も少なめなので、膨らんでしまうこともないそうです。


●海老を加えてグラタン

これは、ホットケーキミクスでグラタンのソースを作るアイデアレシピです。
メリットは、牛乳で溶かす時にダマになりにくいところです。味も粉の塩や砂糖などバランスがいいので、甘くなったりしません。

まずバターで、玉ねぎ、きのこなどを炒め、しんなりしたら皿(耐熱皿?)に移します。次にバター10gでミクス大さじ2を炒め、牛乳で伸ばし、塩・胡椒で味つけをします。

ゆでマカロニ、ゆでた海老10尾を皿に盛り、ソースをかけてオーブンで焼けばできあがり。

レポーターのオードリーの2人も美味いと驚いていました。


●羊羹を包んであんまんに

ホットケーキミックスで、家庭でも「あんまん」や「肉まん」ができちゃいます。

粉100gに水30cc、サラダ油小さじ1でこねて、生地を作ります。
耳たぶくらいの柔らかさにします(ピザより柔らかめ)。

これを4等分にし、直径10センチに丸く延ばし、羊羹を包みます。

炊飯器に1センチの湯をはり、蒸し板を置き、クッキングペーパーにあんまんを乗せ(4個だったと思う)、25分炊けばできあがり。

中の羊羹がトロけて美味しそうな「あんまん」になりました。中味をミートボールに変えれば「肉まん」になります。


●鶏肉を包んでフリッターに

フワフワした食感のフリッターが、美味しいおかずになるレシピ。

粉100gに水60cc、卵1個、カレー粉小さじ1を合わせ、粉っぽさがなくなるまで混ぜます。

鶏肉1枚を塩・胡椒し、適当な大きさに切って混ぜ、170度くらいの低めの温度でじっくり揚げる。


飯田順子さんは、ホットケーキミクスを使ったレシピ本を何冊か出していますので、参考になさってはいかがでしょう?



食・料理 | Page Top↑
どの業界でもバカ売れするお化け商品があるが、正月のおせち料理で、ネット通販で一番売れている(予約)人気商品は・・・、


ズバリ、これだ↓↓↓


楽天市場のおせちだけど、「お節ランキング」168週以上1位達成だそうだ。

凄いね。


10月初旬で、購入者の口コミレビューが9,000件を超えてる!
(去年の分もあるので、累計でしょうけど)

間違いなく、ネット通販で一番売れた人気の「おせち」でしょう。


今年はアベノミクス効果で景気の先行きも明るいので、おせち料理は軒並み超高級品がよく売れていて、最高金額は70万円を超えるものもある(京都嵐山の吉兆)。

だから、この[博多久松]の1万円台半ばのクラスなら、今年は通販だろうが構わず注文する人も増え、人気となっているのだろう。

確かに、金額の割りにボリュームがあって、老舗料亭のものだから味も上品で、家族のどの世代にも合うという。


年末ギリギリの12月28日まで販売するらしいから、どのおせち料理を注文しようかと迷っている人は、じっくりといろいろ物色して、どうしても決められなかったら、この[博多久松]にするということでいいんじゃないですか?


一番人気なので、味は間違いなしだから。



PS.
ちなみに、[博多久松]さんは今年は超高級おせちも売れると踏んで、50,000円のセットも販売中のようですが、レビューは18件だけなので、チト見込が外れたかもね・・・。


食・料理 | Page Top↑
今朝、近所を散歩していたら、持ち帰り寿司店のウィンドウに、早くも「おせち料理」の予約注文の宣伝ポスターが貼られていた。

ネット通販でも「おせち」の早期予約が始まっているし、東京の有名デパートのデパ地下でも、今年は昨年より2~3週間早めに予約会場をオープンさせたところもあるようだ。


我が家は今年の正月、初めて市販のおせち料理を注文して食べた。
(近くの高級スーパーのもの)

2~3人前で、価格は約2万円くらい。

初めてだったので、比較するものがないが、満足度は高くはなかった。

確かに上品な味で気分的にはよかったが、価格に見合う満足感はなかった。


そこで、今度の正月は、おせち料理を自作しようと思っている。
(毎年そうだったが、ちゃんと基本に則ってやろうか、と)


おせち料理には基本形があって、最低限「祝い肴三種」という3つの料理が入れば、それで”しきたり”を満たしていることになるらしい。

「祝い肴三種」とは、「田作り」(片口いわしを冬の風にあてて乾燥させたごまめ=五穀豊穣を意味する)、「黒豆」(日に焼けて真っ黒になるまでまめに、過ごせますように=不老長寿)、「数の子」(子孫繁栄の縁起物)の3品。

このほかに、煮しめ 酢の物、焼き物をつければ、完成形となる。


これらを市販品でそれぞれ別個に買っても、たぶん5千円もしないだろうし、材料から自分で作れば、さらに安上がりになる。

作る量も調整できるから、余ることもない。

そして、市販のおせちを買った場合の差額15,000円ほどは、何か美味しい料理を外食しようか、またはめったに食べれない贅沢品を購入しようかと思案中だ。


たぶん探せば、楽天などネット通販でも、”手作りおせち”用の材料も販売しているだろう。



セブンイレブンのおせち料理も美味しそうで、誘惑に負けそうになるが、今度の正月は手作りで行くことにします!



食・料理 | Page Top↑
食彩の王国」(テレ朝、9月21日)は、”秘められたパワー、ヨーグルトの魔法”という内容でした。

健康への関心が高まる中、ヨーグルトは整腸作用や免疫力アップの効果で、年々注目を集める食材となっています。

最近では、ミスマッチとも思える和食の世界でも、ヨーグルトを和食の世界を広げるテイストとして用いるプロの料理人も出てきました。


今回の「食彩の王国」は、アスリート向けの栄養食、トルコ料理、和食などでヨーグルトを使ったレシピを紹介していました。


[アスリート向けの食事]
マラソンの高橋尚子さんの管理栄養士を勤めた新生暁子さんは、多くのヨーグルトレシピ本を出す一方、ヨーグルトを使ったアスリート向けの栄養食を考案しています。

○トマトすき焼き
・牛肉にヨーグルトを合え、20分置く
・すき焼き鍋で、牛肉を焼き、野菜・トマト、豆腐を加え味を調える。
・付けだれは、生卵にヨーグルトを入れ、すき焼きのタレで味を調整する。

すき焼きにヨーグルトを入れると、乳酸菌で肉がほぐれ、肉の旨みを引き出すそうです。


○豆アジの南蛮漬け
・豆アジ(小さなアジ)は、頭を取って開いたものを素揚げにする。
・人参、玉ねぎ、カイワレ(豆苗?)、赤唐辛子の千切りに水切りヨーグルト、ホエー、しょう油を加え混ぜ合わせ、南蛮漬けの漬け野菜を作る。
・アジを加え、混ぜる。

柔らかな酸味がアジを包んで美味しいそうです。


[トルコのおやつ]
・キュウリを細かく刻んで、塩・オリーブ油を適量加える
・ヨーグルトを多めに入れ、千切ったパンを加え、混ぜ合わせれば出来上がり。

ちょと味は想像できませんが、何かもう一つアクセントを加えてもいいかも。


[和食]
東京・麻布のミシュラン2つ星の和食『分とく山』のオーナー、野崎洋光さんは、最近、和食にヨーグルトを取り入れた料理で注目されている料理人さんです。

○海鮮の黄身酢かけ
・ヨーグルトと卵黄(ほぼ同量に見えました)にしょう油、砂糖を加え、味を整える
・湯煎にかけ、よくかき混ぜながら、トロ味をつける
・あわび、イカなど(火を通してあった)にかけて食べる


○白玉
白玉粉をヨーグルトで練って白玉を作り、あとは普通に黒蜜などかけて食べる

ヨーグルトが白玉の甘みを引き立てるそうです。



どのヨーグルトレシピも簡単そうなので、私もどれか試してみようかと思います。


また、番組とは別ですが、鶏のから揚げに、ヨーグルトにポン酢を合えたものをかけると美味しいとか聞いたことがありますよ。



食・料理 | Page Top↑
世界一受けたい授業」で、”大統領の料理人、秘伝の朝食レシピ公開”というコーナーがありました。

食通で知られたフランスのミッテラン大統領の専属料理人だった、ダニエル・デルプシュさんは、仏大統領の料理人として初めての女性で、その家庭的な温かい味付けにミッテラン大統領も魅了されたそうです。

近頃、「大統領の料理人」という映画がありましたが、そのモデルとなった料理人さんです。

そのダニエルさんが、幾つかの料理のレシピを披露してくれましたが、スクランブルエッグとフレンチトーストのレシピをご紹介します。


●とろけるスクランブルエッグ

フライパンで作るのではなく、金ボールで湯煎するのが、このレシピの特徴です。

・卵に塩、胡椒して溶く
・金属(ステンレス?)のボールの内側にバターを塗り、溶いた卵を入れて湯煎にかける
・卵はやさしくかき混ぜる
・途中で、バターを少量と卵黄を一つ分加える

トロトロになったら出来上がり。

付け合せに、シイタケを玉ねぎ、にんにくのみじん切りとバターでソテーしたものと合わせてもよい。

スタジオのゲストは、「今までこんなスクランブルエッグ食べたことない!」と絶賛していました。


●フレンチトースト

食パンと「オレンジバター」で作る香りのよいフレンチトーストです。

・オレンジを絞ってバターと混ぜ、オレンジの皮も擦って加える(オレンジバター)
・食パンを適当に切って牛乳に浸す
・次に溶き卵に付ける
・フライパンにバターを溶かし、パンを焼く。オレンジバターも加え、こんがりとなるようしっかり焼く
・焼けたら好みでココアパウダーを振り(番組では半分だけに振った)、皿に移す
・ココアバターにはハチミツが合うので、適量かけても良い。ココアを振らなかった方は、砂糖(グラニュー糖かも)を振ると美味しい

これも美味しいと絶賛の味でした。



スクランブルエッグもフレンチトーストも難しくないので、試してみたいですね。



食・料理 | Page Top↑
第2回ファミレス総選挙』が、「お願いGOLD特別編」(テレ朝、8月31日)でありました。

今回も国民1万人にアンケートして選ばれた最新のファミレスチェーン10社のメニュー各部門の人気ベスト10を競う総選挙です。


ここ1,2年でファミレスのメニューも大幅に進化し、味も断然美味くなってきています。

今回も各ファミレスチェーン店で激しい競争が繰り広げられましたね。


ここでは、「メインメニュー部門」として、各店の主力のメニューの人気ランキング・ベスト10をご紹介します。


・1位:「チーズinハンバーグ 特製ドミソース」(ガスト、523円)
2位に2倍の得点差で堂々の1位。ガストの看板メニュー。チーズは3種類をブレンドし、コクと甘み、とろける感を出している。

・2位:「ココス ビーフハンバーグステーキ」(ココス、599円)
オージービーフ100%。つなぎを使用していないステーキのようなハンバーグ。

・3位:「目玉焼きハンバーグ」(ガスト、418円)
牛と豚の肉を配合したふっくらハンバーグ。目玉焼きは半熟でトロトロの美味しさ。

・4位:「2種ソースで仕上げた限定油淋鶏(ゆいりんち)」(バーミヤン、628円)
大人気メニューだったが、春にリニューアルした。期間限定の予定が、好評なので継続販売に。2種類のソースで味を変えて食べられる。

・5位:「若鶏のみぞれ煮膳」(ジョナサン、1,039円)
大きな若鶏の竜田揚げ2枚が野菜の煮付けとよくマッチ。注文が入ってから片栗粉を付けて揚げるのでサクサク。

・6位:「大俵ハンバーグ」(ビッグボーイ、1,048円)
ビーフ100%で、肉の美味しさを味わえるハンバーグ。特製オニオンソースと、焼き石で焼き加減を調整できるのが特長。

・7位:「チーズinハンバーグ」(ビッグボーイ、1,153円)
あらびき肉とトロトロチーズのバランスが絶妙。

・8位:「ココスの包み焼きハンバーグ」(ココス、924円)
アルミホイルで包まれて出てくるので、肉汁を逃さない。デミグラスソースでコクがある。

・9位:「若鶏のスパイスグリル ハバネロサルサソース添え」(ガスト、733円)
パリパリの皮とジューシーな肉が特長。

・10位:「夢庵御膳」(夢庵、1,153円)
海鮮丼、天ぷら、うどんの3品が楽しめる値段の割にはお得なセット。天ぷらは油の吸収をカットする小麦粉を使用しているのでヘルシー。


以上が、ファミレス各社のメインメニューの人気ランキング・ベスト10でした。


この部門は、ハンバーグの人気が高く、いかに美味しいハンバーグを開発するかが、勝負の分かれ目のような感じでした。カストの「チーズinハンバーグ」は、2位に大差を付けて圧勝で、不動の人気メニューでした。

私は1度もこのハンバーグを食べたことがないので、いつか食べてみようと思います。



他の、「秋の新メニュー」、「ご飯」、「麺」、「デザート」は割愛いたします。



食・料理 | Page Top↑
8月24日(2013年)のTBSテレビ「知っとこ!」で、”夏バテに行列のできる!!肉料理”というコーナーがありました。

夏バテ解消におすすめの肉料理のお店を訪ねるコーナーですが、4つのお店の中から東京にある3つをご紹介します。

猛暑だった今年の夏、行列のできる人気の肉料理の店で、夏バテ解消に美味しい肉を食べましょう、ということですね。東京の人は美味しい店があって、羨ましいですわ。


●『数奇屋バーグ』(東京・銀座)
1ヶ月で7,000人の行列ができるというハンバーグの店。7割が女性客で、一人でも入りやすいオシャレな店内。

おすすめは、
「アボカドとチーズのハンバーグ」(200g、1,500円)

牛7割:豚3割の肉。とにかくあふれ出る肉汁の量が凄い。その割にサッパリした味。
女性に一番人気。バルサミコ酢入りガーリックしょう油ソースをかけて。
ハンバーグに乗せるトッピングが13種類、ソースは5種類あり、自由に組み合わせられる。

男性に人気は、「目玉焼き+デミグラスソースのハンバーグ」(200g、1,300円)


●『おんどる』(東京・新宿区百人町=新大久保)
新大久保の路地裏にあるサムギョプサルの店。行列の9割は女性。

おすすめ(人気)は、
「コチュジャンサムギョプサル(生三段バラ)」1,380円
自家製のコチュジャンを絡めた。サニーレタスに、ネギ、ニンニク、味噌と一緒に巻いて食べる。
定番の「サムギョプサル」(1,180円)もおすすめ。


●『もんじゃ 大木屋』(東京・谷中)
1ヶ月待ちのメガステーキのもんじゃ焼き屋。
以前にもテレビで紹介されたことのある、巨大ステーキを出す有名な店。看板がないので、分かりにくく、完全予約制なので、行列はない。

メニューはコース料理(5品)のみ。すべて特盛の料理(5人前)。
①カツオのたたき
②牛リブロース800g(通称「エアーズロック」と言われる分厚い肉。高さは6,7センチありそう)
③400gのジャンボメンチカツ。あふれる肉汁が凄いので、周りをキャベツの千切りで囲んでいる。
④大木もんじゃ(約3人前)

他の1品は不明です。


以上、夏バテ解消に、東京で食べられる、おすすめの美味しい肉料理の店でした。
(行列は覚悟してください)


食・料理 | Page Top↑
第一回ラーメン総選挙”が、テレ朝「お願いGOLD、特別編」(2013年、7月27日)でありました。

ラーメン屋は日本全国星の数ほどあるでしょうが、今回のエントリーの条件は、全国で10店舗以上チェーン店があり、かつ都内でもお店があるラーメン店であることです。

この条件を満たす27店が対決することになりました。

ラーメン総選挙の審査基準は、対象となる500品から食の専門家43人がランクづけして、ベスト10を発表します。

普通のラーメン部門と、つけ麺部門の2つで、それぞれランキングが行われました。

ここでは、「ラーメン部門」の人気ランキングベスト10をご紹介します。


・1位:「特製 中華そば」850円、中華そば青葉
審査員も納得するラーメンの完成形。行列の絶えない店。魚介と豚骨のダブルスープの元祖。大きなチャーシュー3枚と、ゆで卵1個(半割2個)のボリューム。

・2位「天然とんこつラーメン」790円、一蘭
味集中カウンターで話題の店。濃いけどのみやすいクオリティーの高いスープが特長。
10病しか茹でない特製麺も美味しさの秘密か。

・3位「武蔵ら~麺」1,000円、麺屋武蔵
15年人気の衰えない店。完成度の高いラーメン。魚介としょう油の味が絶妙の最強魚介スープと評判。その秘密は、大量の魚と昆布、かつお節、エビ油にある。

・4位「蒙古タンメン」770円、蒙古タンメン中本
特製激辛のマーボー豆腐が乗っているラーメン。具材を炒めてから煮る、2段調理法が特長。辛いけどマイルドな味で、行列のできる店。

・5位「黒味噌ラーメン」780円、ラーメンけいすけ
海外にも展開するラーメン店。7種類の味噌に竹の炭をブレンドして黒いスープとなる。
芳醇なスープで食べ飽きない味。

・6位「熟成光麺」730円、本格中華麺店 光麺
東京豚骨ラーメンという、味が濃すぎない豚骨ラーメンの店。スープは12時間かけて作られる。行列のできる店。

・7位「太陽のチーズラーメン」830円、太陽のトマト麺
新感覚のイタリア風ラーメン。トマト+ナチュラルチーズで、トマト嫌いでも食べられる美味しさ。残ったスープにご飯を入れて、リゾット風にして2度楽しめる。

・8位「おいしいラーメン」650円、どうとんぼり神座(かむくら)
コンソメ風のあっさりスープ。チャーシュー3枚入り。

・9位「中華そば」700円、つけめんTETSU
つけ麺の店だが、定番のつけ麺よりもこれを選ぶ常連もいる。煮干の旨みがポイントのスープ。

・10位「喜多方ラーメン」580円、喜多方ラーメン坂内(ばんない)
あっさりしょう油味のスープが絶品。チャーシューもたっぷり3枚入っている。


以上、ラーメン選挙の「ラーメン部門」のトップ10でした。

ちなみに、「つけ麺」部門のベスト3は、
・1位:麺屋武蔵
・2位:中華そば青葉
・3位:蒙古タンメン中本

でした。トップ3に入れなかった、つけ麺専門店の「つけめんTETSU」は、早速スープを作り直すそうです。


食・料理 | Page Top↑
夏バテ予防に水切りヨーグルトレシピ”という特集が、7月25日のテレビ東京「エル4ユー」でありました。

夏バテになると、免疫力低下、胃腸機能低下、食欲減退、便秘気味になる、などの症状となりますが、それらにはヨーグルトが効果的だそうです。
ヨーグルトには免疫力アップ、整腸作用があり、さらに他の食材と合わせることで食材の栄養効果をアップさせられるからです。

ヨーグルトでも、今話題の「水切りヨーグルト」は、独自のメリットがあり、今回の夏バテ予防レシピには「水切りヨーグルト」を使いました。


「水切りヨーグルト」のメリットとして、

・料理にうまみやコクがプラスされるので、調味料を減らすことができ、生活習慣病の予防になる。
・魚の臭み消し
・肉を柔らかくする
・きのこ類と合わせると、乳酸菌ときのこの菌の相互作用で整腸作用が高まる。
・豚肉と合わせると、ヨーグルトのタンパク質と豚肉のビタミンB1で疲労回復効果が高まる(夏バテにピッタリ)
などがあります。


では、夏バテ予防の「水切りヨーグルトレシピ」をいくつかご紹介。

①シンプルなオリーブオイルかけ
水切りヨーグルトに黒胡椒を少量振り、その上からオリーブオイルをかけただけのシンプルレシピ。クリームチーズ感覚で美味だそうです。

②豚肉のヨーグルトサラダ
[材料]
豚もも肉スライス100g、レタス1/2玉、かいわれ大根30g、しょうが30g、
長ネギ10g、酒小さじ1、塩・こしょう少々。

このレシピは、水切りヨーグルトを使った『万能ヨーグルトソース』を使いますので、その材料も書きます。
[万能ソースの材料]
水切りヨーグルト30g、ねりごま30g、酢小さじ1/2、しょうゆ小さじ1/2、砂糖小さじ1/3
→これら材料を混ぜ合わせれば、万能ソースはできあがりです。

・レタスは細切り、長ネギ・しょうがはみじん切りにする。
・耐熱皿に豚肉をしき、塩・胡椒と酒をふり、ラップをして電子レンジ600Wで6分。
(豚肉から出た汁は万能ソースに加える)
・皿にレタスを敷き、豚肉を乗せ、万能ソースをかける。
・その上から、しょうが、ネギ、かいわれ大根を乗せれば完成。

万能ヨーグルトソースは、色々な料理に使えるそうです。


他に、「ヨーグルトマーボー豆腐」、「かつおとキノコのヨーグルト煮」なども紹介しました。マーボー豆腐は、市販のレトルトのソースを使った場合、出来上がりの前の段階で水切りヨーグルト30gくらいをざく切りにして入れると、マイルドな仕上がりになるということのようです。

水切りヨーグルトを作る時に、ホエーという液が出ますが、それで作ったジュースも紹介しました。

[ホエーバナナジュース]
バナナ1本、ホエー100cc、砂糖20g、シナモン少々
一口大に切ったバナナ、ホエー、砂糖をミキサーにかけ、グラスに注いでシナモンを振るだけです。

ホエーはやや酸っぱいので、ネットリした食材(果物など)と合うということでした。





食・料理 | Page Top↑
セブンイレブンの”金の食品シリーズ”中の「金の食パン」。価格は高いが、確かに美味い。

この「金の食パン」は、発売以来スゴイ勢いで売れているらしいです。

私も1,2回食べましたが、甘みがあってモッチリした食感で、パン屋の同じ値段の食パンに比べても遜色ない出来だと思いました。


このセブンイレブンの「金の食パン」。ただ食べただけでは勿体無いと、今日7月23日の日テレ『ミヤネ屋』内で、プロのパティシエが美味しい食べ方(レシピ)を伝授していました。

そのレシピの名は、”食パンミルフィーユ”というもの。

一見、作り方が面倒くさそうですが、実際は簡単でしたよ。


[食パンミルフィーユのレシピ]
・金の食パンを半分に切り、バターを塗ってトーストにする。
・リンゴとキウイを小さめに薄切りにする(食パン半切りの上に広げて乗せる用)。
・リンゴの上にだけシナモンパウダーを適量振り、キウイと共にレンジでチンする(時間は忘れましたが、適当に)。
・トーストした食パンの上に加糖のプレーンヨーグルトを塗り、その上にリンゴとキウイを重ねて乗せる。
・さらに食パンを乗せ、ヨーグルトとリンゴ&キウイを重ねて2段にする。
・最後に一番上にバニラアイスを乗せたら完成。


ややかさ張りますが、アイスの冷たさと食パンの温かさのコンビが絶妙の美味しさだということでした。

試食したゲストも絶賛してました。


セブンイレブンの「金の食パン」の美味しい、スイーツ風の食べ方(レシピ)=ミルフィーユでした。

私も早速試したいと思ってます^^


食・料理 | Page Top↑
パンケーキ(ホットケーキ)を、フワフワふっくらと上手に焼くコツを偶然知ったので、ご紹介します。

最近のパンケーキブームで、家庭でもパンケーキ(orホットケーキ)を焼く人が増えていると思いますが、どうしてもペッタンコで固めのケーキになり勝ちです。

スイーツ人気店のような、フワッと厚くて ふっくらしたパンケーキが家庭でも焼けたら、どんなにか、嬉しいでしょうね。


実は、偶然にNHKの某テレビ番組で、”4センチの厚さのパンケーキが焼ける!”とかいう特集が目に付き、見てみました。

そうしたら、結構簡単な方法(コツ)で、フワフワのパンケーキが焼けていたので、それをここで紹介してみます。


[フワフワに焼くコツ]

一言で言うと、「ホットケーキミクス(粉)と水を混ぜ合わせるのを、頑張りすぎない」ということです。

市販のホットケーキミクスの袋の裏にはレシピが書かれていますが、そこには、”軽く混ぜ合わせる”とか”手早く混ぜる”とか記されています。

要はそのように、”混ぜすぎない(かき混ぜすぎない)”ことが大事だということでした。大抵は、トロトロの液体になるまで一生懸命混ぜますが、それがペッタンコの原因だったのです。


コツとしては、「白い粉は見えないが、ダマ感が残るくらい」の程度に留めることです。

そして、[焼き方]は、片面3分、返して2分。

そうすると、厚みが出てフワフワの食感のパンケーキが焼きあがります。


さらに、他のポイントとして、

・焼く時に、フライパンの上20~30センチくらいの高いところから生地を落とすようにする。そうすると、衝撃で生地が均一に広がります。

・片面焼いて、ひっくり返す時も、フライパンに軽く叩きつけるようにする。これで、形が崩れず、火の通りが均一になるとか。

是非お試しください。


さらに、番組タイトルの『厚さ4センチの極厚ホットケーキの作り方』です。

・粉に入れる牛乳をレシピの1割増しにする。
・ホットケーキ2枚分に対し、「みりん」大さじ1を加える。
(アルコール分が生地の水分を保ち、糖分が焼き色をきれいにするので)
・丸いセルクル(焼き型)の内側に溶かしバターをハケなどで塗る。余ったバターは生地に入れてよい。
・セルクルをフライパンに置き、一旦強火で温める。
・火を止め、高いところから生地をセルクルの6割まで落とし入れる。
・フライパンのフタをし、ごく弱火で10~13分焼く。
・表面が少し固まったら、ひっくり返し、さらに10分火を通し、竹串を刺して火が通っていたら出来上がり。

このセルクルは当然4センチの厚みのホットケーキが焼けるサイズのものが必要です。


この極厚ホットケーキ、お客や友人などに披露したら絶賛マチガイなしでしょう。

デコレーションすれば、立派なケーキにもなりそうです。


チャレンジして楽しみましょう!


◆参考記事
一流ホテルのパンケーキレシピ


食・料理 | Page Top↑
テレ朝「食彩の王国」(2013年7月13日)で、”猛暑に勝つ!ニンニクレシピ”という特集がありました。

連日の猛暑で、今年の夏は夏バテになる人が続出するのではと心配されますが、夏のスタミナ源には、にんにくはおすすめの食材候補といえるでしょう。

今回の「食彩の王国」は、ニンニク料理のレシピなど紹介する内容で、タイムリーな特集でしたね。

番組では、小さな頃から病弱で、17歳までは生きられないだろうと言われた青森の女性が、心配した祖母の手作りの「ニンニク味噌漬け」で丈夫な体になり、結婚もし子供もでき、ご主人の体調不良を今度は自らの手作りのニンニク料理で救ったという逸話を紹介しました。

そのニンニク料理は、にんにく酢漬け・梅干・かつお節・砂糖を混ぜて作ったものですが、やがてそれはニンニクの産地として有名な地元の田子町で注目され、田子町の物産品として商品化され、販売されるに至りました。

その商品名は、『にんにこちゃん』といいます。小さめの瓶詰めの商品です。

番組内では、販売先など詳細は告知されませんでしたが、ネットで調べてみると、その商品は確かにありますが、ネットで直接販売はされていないようです。

しかし、青森県・田子町には「ガーリックセンター」という施設があり、そこではネットショップのサイトがあります。そのサイトでも『にんにこちゃん』は販売リストにないのですが、問い合わせれば入手できるかもしれません。

・田子町「ガーリックセンター」
http://garlic.shop-pro.jp/


次に、ニンニクを使った台湾料理のレシピが紹介されました。

○「あさりとバジルの炒めもの」レシピ

・にんにくを包丁でつぶす(辛味を出し、あさりのくせを消すため)
・多めの油でニンニクを炒める。
・あさりを加え、炒める
・さらに、バジルの葉を適宜加える。

味付けは明らかではありませんが、しょう油系のようでした。


○ニンニクのしょうゆ漬け

これは、ニンニクを丸ごと、瓶でしょう油に漬け込むだけのもの。箸休めのピッタリだそうです。

○「ヤリイカとバジルの土鍋仕上げ」レシピ

・ニンニク粒を丸ごと素揚げにしておく。
・ごま油で生姜のスライスを炒める。
・そこへ小ぶりなヤリイカを加えて炒める。
・しょう油、紹興酒で味つけし、素揚げにしたニンニク加える。
・土鍋にバジルの葉を数枚敷き詰め、その上に調理したものを移す。
・鍋に蓋をして、テーブルに運ぶと食べごろになる。

ニンニクがホクホクとジャガイモのような食感で、美味。

これは、番組に登場した台湾出身のセレブ夫人が各国の招待客にもてなし、とても評判の良かった料理だということです。


○「ステーキwithガーリックライス」レシピ

夏のスタミナ回復料理としておすすめのサーロインステーキです。

・輪切りのニンニクスライスを素揚げする。
・そのオイルでご飯を炒め、ガーリックライスを作る。小ネギのみじん切りなども適量加える。味付けは不明ですが、しょう油系のようです。できたガーリックライスの上には揚げた輪切りのにんにくを乗せる。
・サーロインステーキを焼き、その上にはにんにくのみじん切りを揚げた粉のようなものも振り掛ける。


◆関連記事
食彩の王国、マヨネーズのレシピ&松田マヨネーズ

夏バテ予防に水切りヨーグルトレシピ(テレビ東京「エル4ユー」)

食・料理 | Page Top↑
TBS「噂の!東京マガジン」(6月9日放送)の中の、”やってTYR”のコーナー、今回のお題は、『かに玉』でした。

我が家では、あまりやらないレシピですが、作り方はそう難しくはないと思います。

しかし、今回のトライ娘たちには難しかったらしく、12人中正解はゼロでした^^;


プロの料理人による『カニ玉』のレシピは、たまご部分をフワフワに仕上げるのがキモだったようですが、私的には、「あんかけ」の部分がとても参考になりました。

普通は甘しょっぱいしょう油味のタレを作り、それにトロミを付けるのが一般的だと思いますが、今回の料理人は、あんかけの基本の味にバルサミコ酢を使っていました。


普段、私もバルサミコ酢を野菜炒めの隠し味などに使い、コクを出していますので、今回の使い方はとても参考になりました。

出演者たちも、”カニ玉以外でもいろいろに使えそうだ”と言っていましたが、まさに万能調味料的に使えるのではないかと思いました。

もしかしたら、「冷やし中華」のタレなどにもいいかも・・・。


[あんかけのレシピ]

水    75cc
バルサミコ酢    大さじ3
砂糖    大さじ1/2
塩    小さじ1/3

これがタレのベース味となります。

番組では「あん」の具材として、パプリカ、トマト、ズッキーニの細の目切りを軽く炒めたものを入れていました。

片栗粉適量でトロミを付けたら、最後にごま油も少量入れた気がしました。


「あん」の具材なども、他の食材で応用してもいいでしょうね。


食・料理 | Page Top↑
TBS「噂の!東京マガジン」(5月26日)の『やってトライ』、料理のお題は”サケのムニエル”でした。

サケのムニエルは、基本は焼くだけの簡単な料理だと思いますが、勘違いしているトライ娘が多く、正解者は意外にもごく少数でしたね。

今回の「サケのムニエル」のレシピは、サケにまぶす粉に工夫がありますが、簡単で家庭でもすぐに試せそうでした。

[サケのムニエル]レシピ

・さけは、できれば刺身でも食べられるようなものを用意し、皮もとる。
・小麦粉30g、粉チーズ20gを「ふるい」にかけて細かくし、乾燥バジルを適量加えて、粉を用意しておく。
・さけに塩・胡椒で下味をつける。
・トマトを輪切りにし(1人前1枚)、塩・胡椒で下味をつける。
・サケとトマトに粉をまぶす。
・フライパンでサラダ油とバターを入れ、中火くらいでサケとトマトを焼く。
・両面軽く焼く程度で火を止め、余熱で中に火を通す。

* オーロラソース
・マヨネーズ3:ケチャップ1の割合で混ぜ、オーロラソースを作る。少量のブランデーを入れてもOK。


・皿にサケを移し、トマトを乗せ、オーロラソースをかけて出来上がり。レモンスライスを添えてもよい。


今回の「サケのムニエル」は、トマトのソテーの酸味が味を引き立てていたようです。
しかし、出演者の試食の反応から、ムニエル自体の味は微妙だったようです。

小麦粉と粉チーズの比率とか、下味の具合で、ムニエルの味はぼやけてしまう場合も多いような気がします。

トマトは、スライスしてフライパンで焼く(私はオリーブ油を使う)だけで、とても美味しくなり、色々な料理の引き立て役になると思いますので、応用してみてはどうでしょうか?


食・料理 | Page Top↑
TBSテレビ「噂の!東京マガジン」(5月5日)の”やってトライ”のお題は、『エビマヨ』でした。

トライした12人のうち、正解は2人のみ。

若者はマヨネーズ好きの人が多いから、けっこう得意な料理かと思ったら、意外にも作り方を知らない娘がほとんどのようでした。

今回スタジオで『エビマヨ』のレシピを披露してくれるプロの料理人は、横浜中華街の「四五六菜館」のオーナーシェフ、孫関義さんです。

今回の『エビマヨ』レシピは、簡単な割りに風味がよくて、孫シェフは教えたくなかった作り方だったそうです。番組出演者も絶賛の味だったようです。


[作り方](材料は1人前で、エビ3匹)

・エビの背中に横に3箇所ほど切れ目を入れ(揚げた時に丸まらないため)、次に縦に包丁を入れて、エビを開く。

・開いた面に縦・横に細かく包丁でスジ(切れ目)をつける。

・片栗粉を軽く振ってから水で洗い、水気をよく取る。こうすると、臭みが取れる。

・次に塩・胡椒を軽く振り、紹興酒も振ってまぶす。

・片栗粉を両面につける。

・一旦150度に熱した油の火を止めてから、上のエビを切れ目が入っている面を表側にして丸めて入れ、揚げる。低温で揚げるということ。


(ソースの作り方)

・マヨネーズ70gに、ケチャップ大さじ1、練乳小さじ2、砂糖小さじ1を入れて混ぜ合わせる。

・半分にカットしたレモンで、レモン汁を軽くひと絞り加えて、ソースは出来上がり。


番組では中華鍋の油でエビを揚げ、その直後に油を捨てて、余熱のあるうちにソースを鍋に入れて、余熱だけでソースに火を通しました。すると、ソースの色がオレンジ色っぽくなるので、そうしたら揚げたエビを戻して絡ませて、チリソースの出来上がりです。

家庭の場合は、フライパンなど少し熱してソースを温めて、そこにエビを入れて絡ませればいいのではないでしょうか。

皿に盛ったら、絞ったレモンの皮のみじん切りを適量散らすと、香りが立って美味しくなります。


食・料理 | Page Top↑
バターを作っているメーカーは多いが、どこのバターが一番美味しいのか?

もちろん好みもあるでしょうが、プロの料理人や食品業界の専門家による選考で、美味しいバターの人気ランキングを発表している記事があったので、ご紹介します。

果たして、美味いバターの人気ランキング・ベスト10は↓

<トーストの風味引き立てる絶品バター、ベスト10>  
1位 エシレバター(有塩) 1320ポイント
 圧倒的な香りの良さ フランス中西部の自然豊かなエシレ村で育った牛の生乳を原料にして、現地のエシレ酪農協同組合が製造する。乳脂肪分の多い生乳を木製の撹拌(かくはん)機に入れ、100年以上続く伝統的な製法で練り上げている。

~以下省略~
http://www.nikkei.com/article/DGXZZO53319590Y3A320C1000000/?df=2
(日本経済新聞サイトより一部引用)


私もパン好きだし、パンに合わせる料理にはバターを使うコクのあるものが美味いので、バターは1年中よく使います。普段は国産メーカーのごく普通のものを使いますが、たまには値段の高い高級品のバターも使ってみたいところです。

1位の「エシレバター」は、以前テレビのグルメ番組で、東京の都心にある某パン屋がこのバターをたっぷり使ったクロワッサンを作っていて、レポーターがその香りの良さを絶賛していたのを覚えています。上の評価からも世界最高クラスのバターではないでしょうか。

また、「カルピスバター」もランキングに顔を出していますが、私は食べたことがあります。
とにかくライトな感じのバターで、美味いのですが少々物足りなかった印象がありました。
ケーキとかお菓子に使うといいのではないでしょうか?大きめのスーパーなら売っていることが多いです。

他のバターのランキング以外に上の記事で解説されているバターの使い方としては、
・日本製の食パンには有塩バターが向き、フランスパンには無塩バターが向く。
・開封後は冷蔵庫の食品の臭いを吸収しやすいため、ラップで密封し、早く食べ切るのがよい。

などの知識は、バターを美味しく使うために参考になりますね。

今回の記事をキッカケに、「エシレバター」を使ってみたくなりましたが、購入したい人は楽天市場で販売しているので、調べてみてください。

食・料理 | Page Top↑
食彩の王国」(テレ朝、3月9日)は、マヨネーズ特集でした。

マヨネーズは、若い人を中心に熱烈な愛好者が沢山いて、”マヨラー”という言葉も誕生するほど日本人にも親しまれている調味料です。
元はフランスで17世紀頃に誕生し、フランスでは肉や魚に合わせるソースの素として「母なるソース」といわれてきたそうです。

今回の「食彩の王国」では、料理家やレストランのマヨネーズを使ったレシピや、こだわりのマヨネーズを作る工場などを紹介しました。

●都内老舗レストランのマヨネーズの使い方

マヨネーズは自家製で、ポテトサラダに使っていますが、他にも独特の使い方をしていました。

・自家製マヨネーズに牛乳を適量加え、甘みと滑らかさを出す。野菜サラダに垂らすと、ほのかな酸味で野菜の甘みを引き立てる。
・同じものを、カツのサンドイッチを作る時にもパンに塗って使うと、肉の臭みを抑えて、まろやかなコクがでる。


平野レミのマヨネーズの裏ワザ
平野レミさんは、マヨネーズの材料の油、卵、酢に着目し、それぞれを生かした使い方のレシピを考案していました。

(もやしのマヨ炒め)
・鍋またはフライパンに、油の代わりにマヨネーズをひき、もやしに少量の片栗粉をまぶして、サッと炒める。
・パリッとしゃきしゃきの食感で美味。

(マグコロッケ)
・マヨネーズをコロッケの具のつなぎとして使う
・まぐろのブツをさらに乱切りにし、パン粉と粒こしょう、マヨネーズをそれぞれ適量入れて、混ぜ合わせる。
・俵型に型をつくり、コーンフレークで衣を付け、揚げる。

(マヨめし手巻き寿司)
・マヨネーズを酢として使う寿司
・炊いたご飯に、たぶんガリ(すし屋で出る生姜)のみじん切りとマヨネーズをかけ回し、混ぜ合わせる。好みの具材を加え、洋風手巻き寿司にする。ごはんの甘さが引き立つ。


【柚子こしょうのポテトサラダ】平野レミ風のポテトサラダ
・片手鍋でベーコンの細切りをマヨネーズで炒め、じゃがいものカットと水を加え、茹で上げる。
・きゅうり、玉ネギ、ニンジンなど具材を加え、マヨネーズを足し、柚子こしょうを適量入れて混ぜ合わせる。


◆平野レミさんが愛用するマヨネーズ『松田のマヨネーズ

『松田のマヨネーズ』は、埼玉県神川町(群馬県との県境付近)にある「ななくさの郷 松田マヨネーズ工場」で作られています。甘口と辛口があります。

主人の松田さんは、以前に都内で自然食品の店を開いていました。美味しい野菜を食べて欲しくて、マヨネーズ作りを決心したそうです。

材料を厳選し、卵は、貝殻や穀物など自然のエサを食べ、広い鶏舎で放し飼いにしたニワトリのもの(有精卵)を使用、一個一個手で割り、品質を確かめています。マスタードはからし菜の粉を練って作り、甘味料はハチミツを使用、油は国産のなたね油、果汁100%のりんご酢、などを使っています。

そして、パッケージのデザインは、平野レミさんのご主人の和田誠さんが書いています。

この『松田のマヨネーズ』の販売先や価格は、番組では紹介されませんでした。


●都内フランス料理店のマヨネーズの使い方

(エビのサフランマヨネーズ和え)
・マヨネーズに適量(少量)のサフランを混ぜ、茹でたエビにレモン汁をかけたものと和える。
・酸味とまろやかさがエビの甘みを引き立てる。

(アンチョビマヨネーズ)
・ケッパーとアンチョビを細かく刻み、マヨネーズと生クリームで和える。長ネギのマリネなどに添えると合う。

(ピリ辛マヨネーズ)
・にんにくのすりおろしと多目の一味唐辛子をマヨネーズと和える。これをブイヤベースに適量落とすと、スープが深い味わいになる。具の魚介につけても美味い。
・お店の客の中には、このピリ辛マヨネーズが病みつきになる人もいるそうです。

(ピーナツバター和え)
・ピーナツバターとマヨネーズを3:7くらいの割合で混ぜ合わせる(比率は私の感です)。
・これでキュウリの輪切りを和えると、香ばしくて酒のつまみにピッタリだそうです。


◆関連記事
食彩の王国(テレ朝、7/13)、ニンニクレシピで猛暑に勝つ!

食・料理 | Page Top↑
コストコの食材を使ったレシピ本が出ました。あるようでなかったレシピ本ではないでしょうか。

『コストコレシピBOOK ~大人気の食材を使った節約保存法&レシピ75品~』(マイナビ、1,365円)です。

コストコはテレビの情報バラエティ番組などでも度々紹介されていますから、ご存知の人も多いでしょうが、食品も結構充実しています。

代表的なものは、魚介のアトランティックサーモン、エビの無頭ブラックタイガー、USAの牛肩ロース、ベーカリーのディナーロール・バラエティベーグルなど。

調味料類なども豊富にあり、アメリカで大成功したバーベキュー用「吉田ソース」なども確か入手できると思いました。 

この本は、コストコの食材を無駄なく使いきるためのアイディアと、レシピを計75品収録したレシピ本です。「冷凍・冷蔵保存」、「ひとつの食材から何パターンかの料理を作る」などのコンセプトで書かれているようです。

私の住む群馬にも、コストコ前橋倉庫店があり、一度入ったことがあります(その後会員証が期限切れで失効したまま)。

店内の1/3くらいは食品類だったような記憶があります。意外にも新鮮な野菜が豊富だったし、卵なども専用のケースで大量に売られていましたね。

パンなどは時間帯によっては売り切れも多かったようでした。

お菓子類も結構海外のものが多いし、スイーツ類もありましたね。

とにかく、店内を見て回るだけでも楽しいので、年会費4,000円は高いですが、グループでこのレシピ本を参考に買い物をすれば、かなりお買い得な食材を調達できるのではないでしょうか?

食・料理 | Page Top↑
日テレ「所さんの目がテン!」(3月2日)は、”中華料理のウマさの秘密”という特集でした。

中華料理は私も好きですが、何故中華は大雑把な調理法に見えて、あんなにも素材がシャキシャキで美味いのか?

科学の目で、中華料理の美味しさの秘密を探っていました。

[美味しさの秘密①] 調理の早さ
食材の良さを生かすのは、その調理の早さにありました。中華鍋は、まず鉄の材質が熱を蓄えやすいという点、丸い形が熱を均一に伝えやすいという点、それらにより食材の鮮度を生かす素早い調理が可能になるといことです。

[美味しさの秘密②] 油が重要
中華料理は油を多く使いますが、それには合理的な理由がありました。チャーハンを炒める場合、中華なべに油を多目に入れて調理するのと、ただ油を薄くひいて調理をするのとでは、美味しさが全然違いました。
油を多目に使うと、調理後1分で中華鍋は100度に達しましたが、油を薄く引いた方は60度にしか上がりませんでした。
また、油を多目に使うと、調理後10分経ってもチャーハンの入った中華鍋は温度が殆ど下がりませんでしたが、油をひいただけの方は大分下がってしまいました。
つまり、油を多く使うと、素材全体に万遍なく油が回り素早く加熱でき、出来上がった料理もアツアツのままで味もサッパリしているということです。

[美味しさの秘密③] 油通し
中華料理のプロが行う「油通し」。一見料理が油っぽくなりそうですが、実際は逆でした。
油通しをすると、食材の外側が固くなって中に水分や栄養素を閉じ込め、それらを外に漏らすことなく食感が良くなり、美味しさを残したまま調理ができます。シャキシャキで中は柔らかく調理できるわけです。
また、油通ししない場合よりも食材が油を吸う量が少なく(半分以下)、サッパリした出来上がりになります。

しかし、「油通し」は家庭では難しいものです。そこで、家庭で簡単にできる「油通し」と同じ効果がある方法を番組では伝授してくれました。

・小ぶりの鍋にお湯を沸騰させ、大さじ2杯の油を入れる(湯の表面の8割に油が浮くくらい)。
・野菜を入れ、30秒程度ゆでて取り出す。

これで、プロの油通しと同様の効果があるそうです。茹ですぎると、野菜がヘタってしまうので注意。肉については(?)です。野菜炒め、回鍋肉やチンジャオロウスウなどに利用してみてください。

食・料理 | Page Top↑
テレ朝「いきなり黄金伝説!」の”専門家が今食べて欲しい話題の缶詰ベスト100”という企画の、ベスト20がいよいよ今日2月28日の放送で決まりましたので、ご紹介しましょう。

20位から1位へと逆順で紹介します。尚、正式商品名やメーカー名は書き取りきれませんでしたので、一部省略しております。

・20位「焼きリンゴ」315円。青森の津軽富士使用。

・19位「缶つま極 松阪牛大和煮」5,250円。肉の厚さ1センチあり、美味。

・18位「エリテ アンチョビ(小)」1,365円。スペイン産、海の生ハムといわれる。

・17位「赤ピーマンとスイート・コンブのオリーブオイル漬け」945円。辛くない。

・16位「天橋立 かき くん製油漬け」

・15位「天橋立 わかさぎ油漬け」500円。

・14位「とりそぼろとバジル」183円。『はごろもフーズ』か『なとり』。

・13位「さば みそ煮」398円。

・12位「ウニとアワビのすまし汁 いちご煮」2,625円。

・11位「北寄界(ほっきがい)水煮缶詰」1,575円。

・10位「ツナとタイカレー(グリーン)」183円。いなば。

・9位「やきとり 柚子こしょうの味」168円。ほてい。国産鶏使用。

・8位「宝うに(エゾバフンウニ)」2,900円。礼文島船泊漁業協同組合製。楽天の食品・ウニランキング1位を獲得した缶詰。

・7位「ツナとタイカレー(レッド)」183円。

・6位「K&K 缶つま 国産豚軟骨ソラチたれ焼き」

・5位「天橋立 オイルサーディン」475円。いわしのオイル漬け。竹中缶詰シリーズの一つ。

・4位「特撰 たらばがに脚肉」13,000円。マルハニチロ製。アラスカ産のカニ使用。日本で一番高い缶詰。身がギッシリ詰り、美味。

・3位「つぶ 水煮缶詰」1,050円。スハラ食品。北海道産のつぶ貝の缶詰。味付けは塩味だけだが、うま味がスゴイ。歯ごたえもしっかり。

・2位「本格 鯖(さば)」2,100円(3缶で)。味の加久の屋。青森の八戸沖の秋サバの水煮。缶詰して1年以上熟成させてから出荷するこだわりの味。

・1位「ホワイトシップ印 とくせん まぐろ油漬け ファンシー3缶」504円。由比缶詰所。食の専門家が日本一美味しいツナ缶と太鼓判。ビンナガマグロのみ使用し、半年間寝かせてから出荷する。うま味が凄く、マヨネーズはいらないほど。


以上、”缶詰ベスト100を食べつくす”企画の缶詰ベスト20でした。

1位のツナ缶は、安いのに美味しいそうですから、一度は食べてみたいものです。

食・料理 | Page Top↑


↑FC2のランキングに参加中!記事が面白かったとお感じでしたら、応援の”クリック!”をお願いいたしますm(_ _)m


* 当ブログ以外の提携ブログ記事も含みます
● 「ためしてガッテン」、足がつる”こむら返り”に隠れた危険な病気

● アルツハイマー型認知症の改善が期待できる食材、発見される!

● ヒルナンデス、「話題業務用スーパー / プロマート」特集

● 噂の!東京マガジン、ドライカレー(トマト風味)のレシピ

● 「ためしてガッテン」、きのこパワー13倍アップ激うま健康技

● 「王様のブランチ」道の駅、関越方面ドライブデート