科学

ここでは、「科学」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Page Top↑
フランス南東部アルプス山中のドイツ格安航空会社の墜落事故は、徐々にその事故原因の真相が解明されつつあるようだ。

その過程で、事故当時にコクピットに一人でいた副操縦士が、故意に飛行機の高度を下げ、自殺に近い形で、乗員・乗客たちを巻きぞえにしたのではないか、という観測が有力になってきている。

その状況で問題視されているのが、コックピット内に操縦士一人だけの状態を作ることの是非だ。

今回の墜落事故のように、一人になった操縦士が精神状態が不安定だったり、また心臓発作や脳卒中などの突然死が起こったりする可能性があるから。


今後は、この問題に対し、いろいろと対策がなされていくだろうが、思うに、ハイテク技術を使えば、もっと確実にパイロットの落ち度による墜落事故予防・防止対策が可能なのではなかろうか?


それは、航空機が危険な飛行を行った際は、強制的にオートパイロット(自動操縦)や、遠隔操作で危険を回避するようにするということ。

今回のケースでは、高度が異常に下がった時点で自動操縦に切り替わるか、または最寄の管制塔で異常をキャッチし、そこに詰めているパイロットが遠隔操作で安全な飛行に戻してしまうという具合。

これは現在の科学やコンピュータの技術なら十分可能だと思う。


そして、原因を取り除くか、それが無理なら最も危険の少ない方法でどこかの空港に着陸させる。


自動車でさえ、完全無人の走行が数年後には実現しそうなのだから、オートパイロットの歴史が長い航空機なら、やろうと思えば着陸の自動化も可能なのではないだろうか?


飛行機がパイロットの一存でどうにでもなるというのは、やはり怖い気がするね。


スポンサーサイト
科学 | Page Top↑
黄砂が日本に飛来し、明日(9日)は西日本から東日本にかけて、日本の上空は黄砂で黄色っぽくモヤがかかりそうだ。

この黄砂の原因は、遠く中国・モンゴルの砂嵐。その中国の凄まじい砂嵐の映像が今日のテレビのニュースで映し出されていたが、AFPのニュースサイトにもその画像が掲載されていた。


押し寄せる砂の壁、猛威をふるう砂嵐 中国
(AFPBBニュースサイトから)

まるで、映画の「ハムナプトラ」で見た特殊効果(CGか)の砂嵐そのまんまと言ってもいいくらいの砂の壁だ。

生き物のように中国の田舎町を飲み込んでいく砂嵐の画像は恐ろしい。

黄砂は中国大陸の砂漠化と気象の影響で、巨大な砂嵐が起こり、それが上空に舞い上がって偏西風などに乗って日本にもやってくるのだろう。

それを防ぐには、砂漠化した土地に植物を植えて緑地化を図るなどの方法があり、大分前から実際に植林も行われていたと思うが、未だその効果は上がっていないらしい。

確か日本からも、民間レベルで植林事業に協力してきたところがあったと記憶している。
芸能界でも個人的に資金協力した人もいたのではないかな?

しかし、なかなか民間レベルでは継続は難しい。

ある意味、自然現象だから中国には直接的な責任はないかもしれないが、PM2,5問題もあり、前向きな対応を期待したいところだ。

日本も政府レベルで中国に協力し、黄砂対策に取り組むべきだろう。

科学 | Page Top↑
現在、小惑星が地球に接近中だそうで、今月16日には最も地球に近い軌道を通るらしい。

米NASAの観測によれば、地球衝突の可能性は低いというので、初めは特に気にもせず、「ふぅ~ん」くらいに思っていたが、ネット上のこの記事を読んでみたら、意外に地球に近いところを通過するので、ちょっと驚いた。

この手の小惑星や彗星の場合、地球から数十万キロとかのかなり離れたところを通過するのがこれまでのケースだった気がするが、今回の小惑星は地球から2万7千キロとかなり近い。

地球の軌道上を回る気象衛星の内側を通過するというから、太陽系的な規模で考えれば、”ニアミス”的な近さじゃないだろうか?

小惑星の大きさも直径45メートルあるというから、万一地球に衝突すればかなりの破壊的エネルギーを持つことになる。

このクラスの小惑星は、データ的に1世紀に1回くらいの割合で地球に衝突するそうで、確率的には決して小さくはないと思った。

昔、ロシアに落ちた有名な隕石事故なみのエネルギーらしいから、原子爆弾を小さくしたくらいの破壊力があるのかも。

もし、そんなのが、東京とかの大都市にモロに衝突したら(その上空で燃え尽きる=爆発かも)、地球は大丈夫でも人類は文明の危機に直面するかもしれない。また、南極とか北極だったら、間違いなく気象に重大な影響が出て、人類生存の危機に陥るに違いない。


今回はインドネシア・スマトラ沖上空を通過する軌道で、天体望遠鏡で観測も可能らしい。

地球に接近する直径50メートル前後の小惑星や隕石を、現在の科学(実際はNASAか)で全て捕捉できるのか不明だが、それは意外にも巨大地震に劣らない近い将来の危機なのかもしれない。

今回のケースを参考に、万一の場合ロケットなどで破壊できるかシュミレートしておくべきじゃないだろか?

科学 | Page Top↑
中国の大気汚染が日本へも影響を及ぼし始めている。偏西風に乗って日本上空に中国の大気汚染物質が飛散しているようだ。

実際、九州の福岡ではすでに飛散が確認されているようだし、東北・関東地方へもここ数日で影響が出始めるらしい。

では、我々国民レベルで、中国の大気汚染物質の日本への飛散予測を知る方法があるのだろうか?

実は九州大学の研究室で、大気汚染物質の飛散状況をシュミレートしているらしく、その様子の動画をネットで我々も見ることができる。今朝の日テレの情報番組で紹介していた(たぶん「スッキリ」)。

その飛散予測サイトとは、「SPRINTARS / エアロゾル予測」。

サイトを開いたら、画面左側の「予測動画」の項目の『大気汚染粒子』をクリックすると、約1週間先までの中国からの大気汚染物質の日本への飛散予測の動画がスタートする。

飛散量の多いところは濃い赤色で表示され、大まかな分布だが、分かりやすいと思う。
別ページでは、数値で変化を見ることもできる。

飛散予測に従い、外出時にはマスクをするとか、飛散のひどい日は外出を避けるとかの対策をとることが可能になる。

このサイトは、大学での研究によるデータ提供だが、政府も日本全国に大気汚染物質の「PM2.5」の観測地点を大幅に増やして、今後は国民に情報提供し、健康被害対策に役立てられるようにしていくという。

それまでは、上の「SPRINTARS / エアロゾル予測」が参考になるだろう。

科学 | Page Top↑
今日、11月29日の日テレ「スッキリ!」の中で、超面白い”変形ロボット”が紹介されていた。

ランボルギーニ風のスポーツカーが、二本足のロボットに変形する、トランスフォーマーのロボットだった。ロボットの大きさは、小さなアタッシュケースに入るくらいだから、全長で30センチもない
くらいのものだった。

その変形ロボットとは、『Brave Robotics の変形ロボ』というもの。

以下のページで、「Brave Robotics 変形ロボ」の動画が見れる。
動画:Brave Robotics の変形ロボ、限定10台で受注生産

変形の様子は、多少ぎこちない動きだが、とてもスピーディでスポーツカーがあれよあれよという間に二本足の人型のロボットに変身する。逆にロボットからも素早く車に変身する。

イメージ的には、まさに映画「トランスフォーマー」のノリ。

プレステのコントローラー(無線)で、もちろん車は走るし、ロボットは歩行もする。

それだけでなく、車はライトが点灯するし、ロボットはマジンガーZのように肘を曲げて何かを発射する。

ロボット技術の進歩は近年著しいと感じていたが、個人で開発しているロボットがここまで進んでいたとは驚きだった。

この「Brave Robotics 変形ロボ」は、販売もしていて、限定10台で注文を受け付けている(納期は1ヶ月)。
肝心の価格だが、HPでは明かされていないが、「スッキリ!」では確か180万円くらいの高価格だったと思う。

この変形ロボットの技術、そのままスケールを大きくして安定性を増せば、もっと凄いモノができる期待感を抱かせてくれる。

とにかく面白いので、一度上の変形ロボットの動画を見てみてください。

科学 | Page Top↑
都心部、想定外の震度7も…東京湾北部地震で>
読売新聞 2月21日(火)3時14分配信
 首都直下で起こる東京湾北部地震で、これまで想定していなかった震度7の揺れが都心部を襲う可能性があることが分かった。
 文部科学省が進めてきた地下構造調査で、地震を起こすプレート(地球を覆う岩板)の境界が
約10キロ浅くなる部分があると判明したため。国は新年度、被害想定と対策の見直しを始める。
 東京湾北部地震は、国の中央防災会議が18通りの発生領域を想定している首都直下地震の一
つ。震源は陸のプレートと、その下に沈み込むフィリピン海プレートの境界で、規模はマグニチ
ュード(M)7・3。同会議が2004年に公表した震度分布の最大震度は6強だった。
 しかし、大学や研究機関などが参加する文科省の研究チームが07~11年度、首都圏約30
0地点に地震計を設置し、地震波を解析した結果、東京湾北部のプレート境界の深さが、同会議
の想定(30~40キロ)より約10キロ浅くなる部分があることが確認された。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120220-00001259-yom-sci
(ヤフーニュースより引用)


この首都直下型地震の一つとして起こることが想定されている「東京湾北部地震」が、最大で
震度7になる可能性がある
というニュース、今朝の読売新聞の1面にも出ていて、思わず目が
釘付けになった。

「震度7」とはどんな強い揺れなのか?

気象庁の『震度階級関連解説表』によると、

・人の体感・行動 ------ 立っていることができず、はわないと動くことができない。揺れに
 ほんろうされ、動くこともできず、飛ばされることもある(震度6強も同じ)。

・屋内の状況 -------- 固定していない家具のほとんどが移動したり倒れたりし、飛ぶこともある。

・屋外の状況 -------- 壁のタイルや窓ガラスが破損、落下する建物がさらに多くなる。補強され
 ているブロック塀も破損するものがある。

以上のようになっている。

建造物についても、耐震性の弱い木造建築物は倒れるものが多く、鉄筋コンクリート造りでも
耐震性の弱い建築物は、1階あるいは中間階の柱が崩れ、倒れるものが多くなる。

つまり古い建物は、かなりのものが倒壊する可能性が高い。

これまで、日本国内で震度7を記録した地震は最近のものでは、阪神大震災、新潟中越地震、
東北大震災の3つだったようだ。

新潟中越地震の時は、群馬県の我が家でも1メートル20センチくらいの箪笥の上に置いてあった
小ぶりの仏壇が吹っ飛んだ経験がある。

それよりも何割り増しかの強い揺れが襲うかと思うと、本当に恐ろしい。

この恐ろしい現実は、果たしていつやってくるのか?

明日かもしれないし、数年後かもしれない。しかし、ほぼ確実にやってくる。

とにかく最低限の防災用品準備と避難場所の確認は、絶対に早急にしておく必要がある。


科学 | Page Top↑
何やらここ数年の間で、地球に大きな変化が起こるといろいろな分野で言われ続けて
いる。

今年2011年の10月28日には、マヤ暦の予言により地球滅亡説が流れていたが、
結局何も起こらなかった。

そして、今度は地球の滅亡ではなく、「大変動」が来年2012年に起こると騒がれて
いる。

それが、『アセンション』という現象。

アセンションとは、”次元上昇”という意味で、地球の次元がより高次にシフトする
ことを言うらしい。

具体的にはたぶん、人類の意識の変化なのだろう。何故なら、それはこの本に書かれて
いる宇宙全体の記憶装置「アカシックレコード」が関係しているから。

そのアカシックレコードと人類の意識の関係に、大きな変化が起こるということなのかも
しれない。

確かに、もし人類が容易にアカシックレコードにアクセスできるようになれば、地球上の
多くの問題が解決される可能性がある。

環境問題、天変地異、資本主義経済の行き詰まり、民族紛争とテロリズム、新たな感染症
の出現などなど。

2012年「アセンション」に胸騒ぎを感じる人は、読んでみてはどうだろうか?


【送料無料】アセンション

【送料無料】アセンション
価格:1,400円(税込、送料別)


【内容情報】(「BOOK」データベースより)
宇宙の図書館とは?アセンションとは?昴式夢実現法とは?注目のアカシックレコード
リーダーが明かす真実。不可能を可能にする「七芒星カード」付き。
【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 宇宙の図書館への招待状(仮想空間に浮かぶ壮大なデータベース/アカシック
レコードのアクセス法とリーディング法 ほか)/第2章 目前に迫るアセンションの
日(1997年に見た二つの不思議な夢/アセンションとは何か ほか)/第3章 未
来を生き抜くためのサバイバル術(未来のイベントを左右する「予測進路」/東日本大
震災に学んだこと ほか)/第4章 奇跡を起こす七芒星の威力(科学では証明できな
い謎が大きな支えになる/数字上では不可能なことを視覚的に可能な状態に近づける 
ほか)/第5章 未来をより深く知るためのQ&A
【著者情報】(「BOOK」データベースより)
中津川昴(ナカツガワスバル)
1967年、岩手県生まれ。94年、米国人心理学者ゲリー・ボーネル氏と出会い、ア
カシックレコードにアクセスするトレーニングを開始。その後、オーストラリアで理学
修士課程を修了。ダイヤモンド半導体の研究に携わる。2010年、テレビ『笑劇!ワ
ンフレーズ』(TBS系列)において、前世から近未来の出来事を日時、場所を特定し
て解説し、大ブレイク。テレビ出演のかたわら、超常現象に関する研究や取材、アカシ
ックレコードのセミナーなどを各地で開催(本データはこの書籍が刊行された当時に掲
載されていたものです)


科学 | Page Top↑
ニュートリノの速度は光の速度より速い、相対性理論と矛盾 CERN>

【9月23日 AFP】素粒子ニュートリノが質量を持つことの最終確認を目指す国際共同実験
OPERA(オペラ)の研究グループは22日、ニュートリノの速度が光速より速いことを実験
で見出したと発表した。確認されれば、アインシュタイン(Albert Einstein)の相対性
理論に重大な欠陥があることになる

 実験では、スイスの欧州合同原子核研究機構(European Centre for Nuclear Research、
CERN)から730キロ先にあるイタリアのグランサッソ国立研究所(Gran Sasso Laboratory)
へ、数十億のニュートリノ粒子を発射。光の到達時間は2.3ミリ秒だったが、ニュートリ
ノの到達はそれよりも60ナノ秒ほど早かった(誤差は10ナノ秒以下)。ニュートリノの
速度は毎秒30万6キロで、光速より毎秒6キロ速いことになる。
 OPERAのスポークスマンを務める物理学者のアントニオ・エレディタート(Antonio
Ereditato)氏は、「ニュートリノの速さを知るための実験だったが、このような結果が
得られるとは」と、本人も驚きを隠せない様子。発表に至るまでには、約6か月をかけて
再検証や再テストなどを行ったという。
 研究者らはなお今回の結果には慎重で、世界中の物理学者らに精査してもらおうと、
同日ウェブサイト上に全データを公開することにした。結果が確認されれば、物理学に
おける理解が根本から覆されることになる
という。

~以下省略~

http://www.afpbb.com/article/environment-science-it/science-technology/2830135/7817623
(AFPBBニュースより引用)


何やら物理学の世界で、重大な発見があった模様です。


アインシュタインの相対性理論が何を意味するのかは知らないが、質量のある物は
光速より早く動くことはできないという事らしい。


そしてもし光速より早く移動すると、時間に歪みが生じて、時間の経過が遅くなるとか
いうんじゃなかったかな?


もし、今回の実験結果が正しいとすると、タイムマシーンは理論上実現可能になるん
だろうか?


それはともかく、霊的現象やテレパシー、UFOの別宇宙からの飛来など、科学者が
絵空事としてきた事にも、科学的根拠を与えることになるかも知れません。


東洋医学の”気”も非常に軽いので、、遠く離れた地へ気を送って治療したり、昼間に
夜間の体調悪化を予め治療しておく治療があったりと、空間や時間を超えて操れるとされて
います。


この”気”なども、考え方によっては光より速い物質とも言えそうです。


宇宙物理学は、まだまだ未知の部分が大きそうで、この先の展開に興味が湧きますね。


「人間が想像しうるものは、すべて実現できる」という誰か有名な科学者の言葉、本当
だったのかも。



科学 | Page Top↑
東日本大震災で、日本列島全体が東に引っ張られたために、本州各地に存在する
活断層で地震が起こる可能性が高まっていると言われている。


テレビ朝日の「モーニングバード」では、この活断層について情報提供を続けている
ようだが、今日も関東周辺の活断層マップに新たな活断層が加わったとの特集を行って
いた。


既に6月に、政府の地震調査委員会によって、地震の発生の可能性が危惧されると
発表
されたのが、下記の4つの活断層

①双葉断層(福島県と宮城県にまたがる太平洋側に存在する活断層)

②三浦半島断層群(同半島を横切るような5つの断層がある)

③立川断層(東京と埼玉県にまたがる断層。ここで地震が起こると東京にも大きな被害
 が発生し、死者は6,000千人を超えるとも)

④牛伏寺断層(長野県中部の活断層)


これに新たに5つ目の活断層が要注意として加わったらしい。

⑤阿寺(あてら)断層帯(岐阜県・下呂温泉近くで、いくつもの活断層が連なる地帯)


この阿寺活断層地帯は、M6,9の地震が30年以内に起こる確率は6~11%だと
いうことです。


専門家によると、この場所での地震は明日起こるかもしれないし、数百年後に起こる
かもしれない、という不安定な状態だということだった。


下呂温泉は年間100万人もの観光客が訪れる温泉なので、自治体も旅館も防災対策
は積極的に行っているようでした。


東日本の地震により地殻変動が続いているので、地震調査委員会発表の活断層マップ以外にも、今後は遠く離れた西日本の活断層でも危険性が出てくると予想されています。



尚、別のテレビ番組では、千葉の房総沖でも地震発生の危険が高まっていると報告して
いますので、そちらも注意が必要です。


日テレ「巨大地震が東京を襲う」、関東で予想される3つの巨大地震

科学 | Page Top↑
薬で若返る高齢アカゲザルの脳>
2011年7月29日(金)19時40分配信 ナショナルジオグラフィック

 近い将来、脳を若返らせる薬が誕生するかもしれない。高齢のアカゲザルにある種の
化学物質を投与した結果、脳内のニューロン(神経細胞)の活動が若い頃のように再び
活発化したという。この化学物質は、年齢とともにニューロンの「発火」を遅らせる脳
内分子を阻害する効果がある。
 研究チームのリーダーでアメリカ、イェール大学の神経生物学者エイミー・アーンス
テン氏は、「高齢化に伴う認知機能低下の生理学的メカニズムを解明する第一歩だ」と
話す。「脳の衰えは避けられないと思っていたが、今回の結果には希望がある。脳内の
神経化学的な環境を変化させれば、認知機能の一部が回復する可能性がある」。
◆年齢とともに衰える脳内の“クリップボード”
 脳内の前頭前皮質は、高齢化とともに急速に衰え始める。
 前頭前皮質はさまざまな高次機能をつかさどる部位で、作動記憶(ワーキングメモリ
ー)の維持も含まれる。作動記憶とは、行動に結びついた刺激がない情報を、“心のク
リップボード”に格納する機能を指す。
 若い脳は作動記憶を脳内に維持するように、前頭前皮質の各ニューロンが互いに活性
化する。「この関係が成立するには、脳内の神経化学的な環境を適切なバランスに保つ
必要がある」とアーンステン氏は述べる。
 しかし、人は40~50代に達すると、前頭前皮質に「cAMP(環状アデノシン一リン酸)
」というシグナル伝達分子が過剰に蓄積され始める。その影響で、ニューロンの効果的
な活性化が阻害され、物忘れや注意力散漫などが生じるようになる。
◆記憶するサル
 アーンステン氏の研究チームは、いろいろな年齢の6匹のアカゲザルを数年間訓練し
て、単純なテレビゲームの操作方法を教えた。対象のゲームを覚えるには作動記憶を
活用する必要がある。
 操作方法を身に付けたサルの脳内に、痛みのない方法で小さなファイバーを挿入、単
一ニューロンの活性化状況を記録した。生きている高齢の動物にこの処置が行われたの
は初めてである。
 若いサルは刺激のないときでも活性化が頻繁だったが、高齢のサルでは、刺激がない
とニューロンの活動があまりみられなかった。
 次に、挿入したファイバーを通して化学物質「グアンファシン」を含む薬を高齢のサ
ルに注入したところ、cAMPの伝達経路がブロックされ、ニューロンの活動が活性化し
た。

~以下省略~

http://news.nifty.com/cs/world/worldalldetail/ng-20110729-20110729002/1.htm
(ニフティニュースより引用)


サルにある種のを投与したら、脳が若返り、認知・記憶能力が向上したという研究結果のニュース。


最近はNHKの番組でも、人間のある種の遺伝子を活性化させると、老化を遅らせる
効果があるという研究が取り上げられた。それは薬を使うのではなく、栄養の摂取を
抑えるのが主な方法だったが。


しかし、1日の摂取カロリーを何割か少なくするのは並大抵ではなく、人によっては強い
ストレスを伴うかもしれない。


それがもし薬の服用で、老化防止が実現できるなら、それに越したことはない。


私もある程度はインターネットを利用して収入を得ているが、段々と年を取るにつれ
思うのは、脳を活性化させて若々しく保ち、しっかりしてさえいれば、70歳80歳
になっても、ネットで収入を得ることが可能だろうということ。


クリエイティブな要素も必要なので、単純に脳が機能するだけではダメかもしれないが、
それでも一定の金を稼ぐことは十分にできるはず。


若返り”は神の領域に入り込むことでもあるので、慎重を期する必要があるが、できる
ことなら、早く脳の機能を若々しく保てる薬が開発されることを望みますね。




科学 | Page Top↑
「天国も死後の世界もない」、英物理学者ホーキング氏が断言
ロイター 5月17日(火)11時20分配信

 5月16日、「車椅子の物理学者」として知られる英国の物理学者スティーブン・
ホーキング博士が、英紙ガーディアンのインタビューで、「天国も死後の世界もない」
と語った。
カナダで昨年6月撮影(2011年 ロイター/Sheryl Nadler)
 [ロンドン 16日 ロイター] 「車椅子の物理学者」として知られる英国の物理
学者スティーブン・ホーキング博士(69)は、天国とは闇を恐れる人のおとぎ話に
すぎないとし、死後の世界があるとの考えを否定した。16日付の英紙ガーディアン
に掲載されたインタビューで述べた。
 ホーキング博士は「(人間の)脳について、部品が壊れた際に機能を止めるコンピュ
ーターと見なしている」とし、「壊れたコンピューターにとって天国も死後の世界も
ない。それらは闇を恐れる人のおとぎ話だ」と述べた。
 博士は21歳の時に筋萎縮性側索硬化症(ALS)という進行性の神経疾患と診断
され、余命数年とされた。「自分は過去49年間にわたって若くして死ぬという可能
性と共生してきた。死を恐れてはいないが、死に急いでもいない。まだまだやりたい
ことがある」と語った。
 また、人々はどのように生きるべきかとの問いに対し「自らの行動の価値を最大化
するため努力すべき」と答えた。
 1988年の著書「ホーキング、宇宙を語る」で世界中に広く知らるようになった
博士は、2010年の著書「The Grand Design(原題)」では宇宙の創造に神の力は
必要ないとの主張を展開し、宗教界から批判を浴びている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110517-00000362-reu-int
(ヤフーニュースより引用)


宇宙に神は存在せず、死後の世界もない。人は死ねば単純に物体化するのみ。
従って、輪廻転生もなく、ソウルメイトなどもいない。


宇宙物理学を極めたホーキング博士が到達した結論なので、それは傾聴に値すると
思うが、でもそう割り切って考えることは難しい気がする。


そもそも人間の体は何十兆個もの細胞の寄せ集めでできているが、それが単純な化学反応
の連鎖で、はたしてこうも上手く統一できるものなのか?


まして地球上には50億人以上(もっとか?)の人間がおり、それぞれの体の中で複雑
な細胞の活動が行われている。


単純な物理や化学の法則のみでそれら活動が営まれているなら、確率的に突然変異が
起こる頻度からして、世界中の人間に身体上・精神上の異変が頻発して、人類はこれほど
多くは存在しえないし、秩序も保てないんじゃないだろうか?


だからそこには、”(神の)見えない手”のようなものがあり、その力により地球文明
が存在しえていると思う。


第一、人間の喜怒哀楽の感情の源が脳のシナプス間の電気信号の組み合わせにあると
はどうしても考えられない。


天国と地獄はないかもしれないが、霊の世界とその上位の根源的世界は存在し、人類
とあらゆる生き物はその支配下にあると思う。


やがてはその存在もある程度科学的に証明される時がくるんじゃないですかね?



科学 | Page Top↑
東京・新宿にUFOが無数に出現! 衝撃的な現象に東京都民が叫びまくる>
2011年05月09日07時30分
提供:ロケットニュース

いよいよ終末戦争か。そう思わざるを得ない衝撃的な映像がインターネット上に掲載
されて大きな衝撃を与えている。東京・新宿の上空に無数のUFOが出現し、多くの人た
ちが目撃。なかには叫びだす人もいたようで、そのようすを撮影した動画がYouTubeに
掲載
されているのである。
UFOが出現したのは2011年5月8日15:00ごろで、このUFOを撮影した人物は「目撃&撮
影場所は北新宿3丁目です。20名を超える人数で目撃しました。最初­目撃時は100機く
らいいるんじゃないか!?という大群でしたが、段々移動しながら減り、撮影時には20
機くらいに減りました。映像でも数機編隊になっているのが映ってい­ます」と説明文
をYouTubeに掲載している。
この件に関して宇宙人に精通しているトップ・アンダーソン氏に話をうかがったとこ
ろ、「この動画に映されているのは、白い粒のような飛行物体だね。このタイプの飛行
物体は無数に出現することがよくあって、日本だけでなくアメリカやヨーロッパでも
目撃例があるんです。それと同タイプのUFOだと思うが、これらのUFOに宇宙人が乗っ
ているとしても、飛来した理由は我々が理解できるものではないはず。我々は100%受
け手なのです。我々ができることといえば、ただ目で見ることぐらい。彼らに対して
人類は何も手出しできません」とのこと。

~以下省略~

http://news.livedoor.com/article/detail/5542028/
(ライブドアニュースより引用)


東日本大震災以降、UFO出現の話題が多くなっているが、今度はGW最終日とも
いえる8日に都心の上空に多数のUFOが出現したらしい。


YouTubeにそのUFOの様子を捕らえた動画がアップされているが、GWということ
もあり、近くで行われた何かのイベントで銀色の風船が大量に放出され、それが上空
で太陽の光を反射して、UFOに見えた可能性もあると思う。


というより、むしろその可能性の方が高いのではないだろか?


UFO=宇宙人が本当にいるなら、もうそろそろ姿を現して何らかのメッセージでも
伝えて欲しいものだがね・・・。



科学 | Page Top↑
電力を駐車場に貯める時代は来るか?>
2011年04月03日19時00分
小飼弾
実はそれより欲しいものがある。
404 Blog Not Found:東電が原子力発電所より太陽光発電所を作るべき理由

繰り返しになるけど、今欲しいのは
1.場所をなるべく選ばず
2.簡単に設置できて
3.ピーク需要をカバーする
電力源。
それは、
1.場所をなるべく選ばず
2.簡単に設置できて
3.ピーク需要をカバーする
蓄電施設

そんなものが、あるのか。
実は存在する。
それは、電気自動車の、バッテリー
「バッテリー以前に自動車なんかどこにもないよ」、その通り。
去年の終わりまで、は。
昨年12月、これが発売された。
•日産 | 電気自動車(EV) 日産リーフ
これに搭載されているバッテリー、航続距離で見るとずいぶんと物足りない。
200km。うちの二代目プリウスの1/4ではないか。
しかし容量を見ると、まるで別物に見えてくる。
24kWh。
一般家屋設置型の太陽光発電所の定格、すなわち最高出力を6時間にわたって出せる。

~以下省略~

http://news.livedoor.com/article/detail/5464768/
(ライブドアニュースより引用)


福島原発の廃炉で東電の電力供給力が足らなくなるなら、電気を貯めればいいわけ
だが、現在は大規模な蓄電技術がない。


電気をロスなく貯められるとかいう超伝導の技術もどうなったかわからんし。


そこへ出てきたのが、EVをバッテリーとして使い家庭の電力の供給源としようという
発想。


これはすでにヨーロッパやアメリカでは、一つの町全体で[EV+家屋]を単位として
電力ネットワークを作り、町ごとに安定した電力確保を目指す計画が練られていると
思った。


やる気さえあればできるプランだが、電力会社や政治の利害、インフラ整備の費用
など、障害もあるだろう。


電力はバッテリーで各家庭に常備する体制でも何も問題はないから、東北地方の
復興の際、どこかの町でこうした取り組みをするのもありかもしれない。


科学 | Page Top↑
夢の発電技術を米大学が研究中、「1.5リットルの生活廃水で1日分の発電ができる」>
2011/3/29 17:04
1.5リットルの生活廃水で1日分の発電ができる 参照元:livemint.com(英文)
Youtube/USdepartmentofenergy

米マサチューセッツ工科大学(以下:MIT)の研究者は、植物の光合成の原理を応用し
、発電する研究
を進めている。このほど、太陽光発電よりもはるかに効率的で、無駄の
ない発電方法について発表を行った。それによると、早ければ来年までに、一般家庭の
電力源を、生活廃水1.5リットルでまかなえるかもしれない
というのだ。
この研究は、MITの化学エンジニアリングの権威、ダニエル・ノセラ博士らが行ってい
るものだ。博士によると、植物の光合成の原理を応用し、コバルトとリン酸塩を用いて
、人工の「葉」を作り出した。これを水のなかに浸し、水の分子を分解して、電気を生
成するのである。45日間継続的に実験を行った結果、ソーラーパネルを上回る効率で、
電気を得ることができたと報告している。
すでに商業化に向けて、インドの企業「タタ・グループ」と開発を進めているとのこ
とだ。現在はその準備段階にあるのだが、早ければ来年までに冷蔵庫サイズの小さな
寸法の発電機で、小さな家庭の電力をまかなうことができるようになる。しかもその動
力は、1日1.5リットルの生活廃水で済む
としている。
まさしく夢のような発電技術。是非とも早い段階で実用化して頂きたいものだ。


http://netallica.yahoo.co.jp/news/177579
(ネタりかニュース記事より引用)


福島原発は今後廃炉の可能性があり、日本の電力不足は確実になる見込み。


太陽光発電などの代替エネルギーは、現在の火力や水力発電と同等の電力を生み出すレベル
にはまだまだ到達しておらず、電力供給は当面厳しい状況が予想される。


家庭用の太陽光発電パネルでは、エアコン1台を動かすこともできないらしい。


今年の夏の電力不足が心配だ。


かつて夢のエネルギー貯蔵システムと騒がれた「超伝導」の技術も、最近はまったく
話題にならなくなった。結局実用には向かないのか?



そこでこのニュース。


植物の光合成の原理で発電するらしいが、頼もしいのは原理の研究だけでなく、すでに
実用的な発電量を達成しているところ。


本当に実現すれば原発は不要になり、世界が安全な電力を持つことができるように
なる。


ノーベル賞10個分くらいの価値のある発明だろう。


新たな発電方法として是非、実用化させて欲しいものだ。


科学 | Page Top↑
放射線とは? 「Newton」が解説記事を無料公開>
2011年3月16日 17時51分
 科学誌「Newton」のWebサイトで、放射線について解説した過去記事が無料公開され
ている。【ITmedia】
 2008年10月に掲載された記事のHTML版とPDF版が公開されている。酒井一夫・放射線
医学総合研究所 放射線防護研究センター長の協力で、放射線とはそもそも何であるの
か、医学的見地からの人体への影響について解説している。


http://www.excite.co.jp/News/it_g/20110316/Itmedia_news_20110316060.html
(エキサイトニュースより引用)



連日福島原発の事故報道がなされているが、放射能(放射線)は非常に危険なものだ
ということは何となく分かっているが、はたして”放射線とは何か?”については
我々素人は殆ど知らないものだ。


そこで、遅まきながら”放射線(たぶん放射能もほぼ同じ)とは?”という疑問に
答えてくれるサイトをご紹介。


一応の基礎知識を知っておくことは、デマ情報にも惑わされることを防げるし、何かと
役にたつでしょう。



【放射線】どんな種類がある? 人体への影響は?

科学 | Page Top↑
はやぶさ イトカワ微粒子確認 「500点満点」の成果>
毎日新聞 11月16日(火)11時54分配信
「はやぶさ」のカプセル内の微粒子の大半が、小惑星「イトカワ」のものと確認され、笑顔で
会見する川口淳一郎JAXA教授=東京・霞が関の文部科学省で2010年11月16日午前
10時3分、久保玲撮影

 7年間、計60億キロに及ぶ前人未到の旅に挑んだ小惑星探査機「はやぶさ」が、人類の宝
ともいえる大きな「土産」を持ち帰っていたことが16日明らかになった。プロジェクトを率
いた川口淳一郎・宇宙航空研究開発機構(JAXA)教授は「胸がいっぱい」と声を震わせ、
関係者は称賛した。「500点満点」の成果を元に、今後は世界中の科学者が太陽系の誕生の
秘密に迫る。【八田浩輔、足立旬子】
【はやぶさ歴史的快挙】カプセル内で確認された「イトカワの微粒子」顕微鏡写真
 「帰ってきただけでも夢のよう。夢を超えたことで、どう表現してよいか分からない。点数
はない。付けたくない」と川口さんは語った。03年の打ち上げ当時、はやぶさが数多くの人
類初の技術に挑むため、イトカワの試料の採取成功まですべて達成した場合「500点に値す
る」と話していたが、喜びを抑えきれない様子だ。 ~以下省略~
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101116-00000014-maip-soci
(ヤフーニュースより引用)


この「はやぶさ」が小惑星「イトカワ」から持ち帰った微粒子、ごく小さなものだが、月より遠い惑星や小惑星から物質を持ち帰ったのは世界初だそうだ。



アメリカのNASAが月からは岩石を採取したり、火星からは画像などの情報を取得してきたりしたが、ごく小さな飛行物体のような小惑星からの物質の採取は極めて貴重な情報の入手ということなのだろう。



一般人の素人には、それがどれだけ凄いことなのか全く分からないので、いずれ専門家に分かりやすく解説してもらう機会を持って欲しいものだ。



またはNHKあたりが特別番組を作って、分かりやすく伝えてくれればありがたい。



今回のプロジェクトから、我々の生活にも大きな恩恵をもたらすような新たな発見でもあればいいな、とも思う。


科学 | Page Top↑
10年くらい前の夏のお盆の時期、夏季休暇の間に何か一つ教養を身につけようと『量子力学』の
入門書を読んだことがある。


量子力学とは、原子とか電子とか物質を生成している極微小の世界を研究する物理学で、
リンゴが木から落ちる万有引力など古典的な「ニュートン力学」に対峙するもの。


いわば目に見えない世界の力学で、宇宙の生成などにも関係する(と思った)。


物理学というと、高校生の時に授業で習ったきりで、その内容も殆ど忘れているが、たしか
私の高校時代(30年以上前)には量子力学などは学習しなかったと思う。


現在では、車のヘッドライトや携帯電話なども量子力学の研究成果が利用されているらしいので、
社会人の教養として、ある程度量子力学の概観を知っていることは無駄ではないだろう。


それに勉強してみると結構おもしろい。


たまたま先日の読売新聞にも、宇宙論のテーマの記事があり、関連記事として量子力学と
多世界解釈」について書かれていた。


「多世界解釈」とは、電子や陽子など極微小の物質の構成要素を研究する段階で出てくる奇妙な
現象から導かれる世界観のこと。


電子は、粒子と波の性質が違う2つの要素を同時に持っていて、粒子として観測して特定されると、
波としての性質が消えてしまう不思議な事が起こる。


波ならば粒子が連続的に連なっているハズなのに、人間の観測により、粒子として固定されると
波は消えてしまう。つまり恣意的な観測行為により電子の位置が決定される。これは敷衍して
無数の世界が同時に存在しているから起こる現象だと説明すれば整合性が得られる(たぶんこういう
ことだとおもいます)。


だから、我々の住む世界も実は無数の異なる世界が潜在的に同時存在しており、我々が認識
する度に1つの世界として目の前に現出している、ということになる。


これは我々が普段目にする常識的な物理現象と大きく異なるSF的な現象とも言える。


しかし、極微小の世界ではこういう現象が起こっている(らしい)。


こういう量子力学(理論物理学)を学ぶ簡単な教科書として、先日の新聞記事の中でも幾つか
紹介されていた。


1、「量子力学が語る世界像」(講談社ブルーバックス、1994年)

 薄い新書版なので、読みやすいテキスト(初心者でも大まかに内容をつかめると思う)。


2、「多世界宇宙の探検」(日経BP社、2007年)

 素粒子レベルの観測と宇宙創成の謎が密接に関連していることを解き明かす(新聞記事
より)。読み物としても面白い本のようです。



社会人になってから物理学に興味を持ち、初心者だからと改めて高校の物理の教科書を読もう
とする人もいるらしい
ですが、それよりはこれらの量子力学の読み物を読んだ方が、面白く
て最新の産業界の技術にも関連しているので実用的だとおもいます。


科学 | Page Top↑
「<台風>潜水艦使い海水温度下げて抑制 三重の会社が特許」
毎日新聞 9月20日(月)12時27分配信
 三重県桑名市の鋼(こう)構造物設備会社が、台風が進む海域に潜水艦を出動させ、海中の
低温水をくみ上げて海面水温を下げることで勢力を弱める構想をまとめ、このほど日本とインド
で特許を取得した。海面水温が高いと台風の勢力が維持されることに着目して考え出したという。
 この会社は伊勢工業で、06年1月に日本と米国、インドの3カ国で申請、今年7月に日本と
インドで認められ、近く米国でも認められる見通しという。
 特許は「海水温低下装置」という名称で、潜水艦の両側に長さ20メートル、直径70センチ
のポンプ付き送水管を8本取り付けたうえで、水深30メートルから低温の海水を海面にくみ上
げる仕組みだ。
 発案者である同社の北村皓一社長(84)によると、潜水艦1隻当たりの送水能力は毎分4
80トン。潜水艦20隻を台風の進路に配備すると、1時間で周辺海域5万7600平方メート
ルで水温を3度程度下げられ、台風の勢力を弱められるという。
 気象研究所(茨城県つくば市)などによると、台風の発生には海水温が25~26度以上で
あることが重要な条件で、勢力を維持するには27度以上が目安になるという。同研究所は今
回の特許について「現状では台風の進路予想の精度などに課題はあるが、理論上は台風を小さ
くすることが可能」と評価している。~以下省略~
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100920-00000011-mai-soci
(ヤフーニュースより引用)


潜水艦で海の中の水温をコントロールし、台風の勢力を弱めてしまうという発想は凄いですね。


日本人で、しかも84歳の高齢者なのに、こういう独創的な発想ができるのが凄い。


最近は気候の大きな変動で、台風も局地的に発生してすぐに大きくなる「ゲリラ台風」が
増えるといわれているので、そういう場合には難しいかも知れないが、従前の大きな台風でゆっくり進むものには、一定の効果があるかも。


ただし、海水の温度を低くすることで魚などの生態系に悪い影響を及ぼす場合もあるので、台風の被害と天秤にかけ、無闇な使い方をしないように注意が必要でしょう。


そういう点では、アメリカのハリケーンなどの場合は、このアイデアを実行してみる価値はあるかもしれません。


何といっても毎年ハリケーンの被害は甚大ですから、潜水艦を20隻作ってもペイするでしょう。


マジでオバマ大統領に売り込んでみたらどうですかね?


科学 | Page Top↑
<新種の細菌感染が拡大 ベルギーで初の死者>  
【ブリュッセル共同】インド、パキスタンが発生源とみられ、ほとんどの抗生物質が効かない
新種の細菌に感染した患者が欧州などで増えており、ベルギーで16日までに最初とみられる
死者が確認された。欧米メディアによると、英国、フランス、ベルギー、オランダ、ドイツ、
米国、カナダ、オーストラリアで感染が確認され、今後さらに拡大する恐れがあるという。
http://www.excite.co.jp/News/science/20100816/Kyodo_OT_CO2010081601000860.html
(エキサイトニュースより引用)


これはちょっと不気味なニュース。


エイズのような厄介な感染症がまた新たに発生したのだろうか?


今の地球、異常気象が世界中で起こっている現象からして、新たな細菌による未知の感染症が
発生しても不思議ではない。


今後の情報に注意したいところ。


科学 | Page Top↑
今日の日テレ「世界一受けたい授業」では、”長周期地震動”という地震に関する話題が
ありました。


この長周期地震動とは聞きなれない言葉ですが、最近の地震学者の間では注目され、非常に
危機意識を持って語られている言葉らしいです。


今から20年くらい前にメキシコで起こった地震では、この長周期地震動による被害が世界で
初めて出て、1万人が死亡したそうです。


これは、遥か遠くの震源地の揺れが、地下のやわらかい地層を伝って揺れが増幅して伝わり、
大きくで長時間の揺れが起こるタイプの地震です。


メキシコの場合は震源地から400キロも離れた都市で被害が集中しました。そしてその長周期
の揺れに共鳴した14階の高さのビルが多く倒壊したそうです。


この「長周期地震動」は最近になってわかってきた地震のため、日本ではまだ十分な対策が
なされていないのが現状です。


しかも、東京や千葉の地下はメキシコよりもはるかに深く柔らかい地層が広がっているため、
ひとたび東海地震が起これば、普通の地震だけでなく長周期地震動による高層ビルの被害が
想定されるらしいです。


番組に出演した東大の先生はハッキリしたことは言いませんでしたが、ヘタをすれば新宿の
高層ビルの中には倒壊するものもあるのかもしれません。


高層ビルの長周期地震動対策としては、揺れを抑えるダンパーを設置することが可能ですが、
「新宿センタービル」の場合、このダンパーがすでに設置されていますが、その費用には24
億円もかかったとのこと。


こうした費用の点からも、高層ビルの速やかな対策はなかなか難しいでしょう。


ちなみに「東京スカイツリー」はすでに対策済みだそうです。


高層ビルの上層で、この長周期地震動にあった場合、揺れは5分くらいの長時間に渡って続き、
しかも大きく揺れるので、中にいる人間は車酔いや船酔いのような状態になるらしいです。


静岡県で東海地震が近く起こる可能性は、現在90%近くの高い確率になっているそうで、
そうなれば東京や千葉に長周期地震動が起こることもありえます。


”我々は実にもろい地盤の上に生きている”ということを認識しておく必要があるわけですね。


科学 | Page Top↑
<電気自動車、躊躇する人多し>
- 2010.06.23 15:00
走行時にCO2を出さず、クリーンな乗り物として注目されている電気自動車(EV)。約4割の人
々が購入を考える一方、価格と航続距離の短さを理由に買うのを躊躇している人も約8割いるこ
とが、民間会社の意識調査で判明しました。
調査はデロイト・トーマツ・コンサルティングが今年3月、日本国内の一般消費者2075人を対
象に実施。それによると、EVの購入を考えている人は約4割いるものの、高価である(83%)、
航続距離が短い(76%)、充電が難しそう(39%)などの理由でためらう人が多いという結果
となりました。
具体的にいくらなら購入を考えるかという質問には150万円以上~250万円未満が最も多く(40
%)、また希望する走行可能距離は、現在のEVが達成している距離の倍に当たる320km(43%)
であることもわかりました。
また、EVの普及のカギとなる要素に充電ステーションの充実があげられますが、EVの購入に
当たっては充電のしやすさ(69%)と充電費用(68%)を考慮するという傾向もうかがえます。
現時点では充電ステーションでの充電は無料ですが、有料化された場合の料金がどの程度にな
るか、気になるところです。
国内では4月に発売された軽規格の三菱「アイミーブ」に続いて、10月には日産から普通車初
となるEV「リーフ」の販売が始まります。普及をめぐっては価格はもちろんのこと、航続距離
や充電のしやすさなどの使い勝手が今後どれだけ改善されるかが目安となることが、今回の調
査でも裏付けられた形です。
http://news.cocolog-nifty.com/cs/article/detail/colum-chikyu-63868060/1.htm
(ニフティニュースより引用)


電気自動車(EV)の認知度は徐々に高まってきていますが、まだ実際の燃費や充電費用など
の具体的なコストがよくわからないため、購入に慎重な人が多いようですね。


この点、今朝の日テレの「ズームイン」で、三菱のアイミーブ(EV)を使って東京~箱根を
往復した実験をレポートしていました。


驚いたのは、高速道路のサービスエリアに設置されていた急速充電スタンドが無料だったこと。


これは自治体の役所にあるものも現在は無料だそうです。


そして実際にかかった燃料代(電気代)をガソリン車と換算比較すると、ガソリン車がおよそ
3,200円位に対し、EVは1,200円位で、約2,000円ほど電気自動車の方が
走行コストは安かったようです。


他のEV関連サイトの記事でも、燃費的にはEVはガソリン車の約三分の一程度のコストだった
と思います。


だから初期費用は大きいが、ランニングコストはかなり小さいということになります。


充電スタンドの有料化がいつになるかわかりませんから、資金に余裕がある人は早く買った方が
得だと言えそうです。


充電の手間に関しては、ゼロから充電すると10時間くらいかかってしまうが、ちょこちょこ
充電するようにすれば割と時間的にはロスは少ないということでした。


科学 | Page Top↑
先日の新聞記事によると、トヨタ自動車は2015年に燃料電池車を本格的に販売する方針
だと発表した。


実はトヨタは、1997年の東京モーターショーで、2005年までに燃料電池車を量産化
すると宣言しているが、電気モーターとガソリンエンジンのハイブリッド車は実現したものの、
燃料電池車に関しては、この宣言より10年遅れることとなった(あくまで見込みだが)。


燃料電池車とは、水素と酸素を化学反応させて電力を取り出し、それをエネルギー源にして
モーターを回す仕組みで、排出されるのは水だけという究極のエコカーだ。


しかし、燃料電池開発や量産化のコストが高く、実際の販売は相当先だと言われてきた。


この問題に対し、トヨタは燃料電池に使われる原材料の使用量や部品点数を減らすことで、
コストが1億円かかるところを500万円程度に抑えることに目途が付いたため、量産化する
ことになったらしい。


最近はハイブリッド車に代わり、電気自動車(EV)が登場して注目を集めているが、今後は
それに燃料電池車が加わり、エコカー間の競争が激しくなる可能性がある。


そこで、燃料電池車の優れた点だが、

走行距離がEVより長い(ガソリン車並みらしい)。
・燃料(水素)補給の時間が短い。EVは長時間の充電が必要だか、それより短い。

などがある。


2015年というと、あと4年半。


価格は現在のEVよりも200万円くらい高いが、燃費の良さや燃料補給の簡単さなどを考え
ると、燃料電池車も魅力的。


これで水素補給のインフラなどが整備され、水素の価格が安ければ、EVよりも燃料電池車
の方がより普及するかもしれない。


あせってハイブリッド車やEVを買うのは損かな?


科学 | Page Top↑
<ドラえもんの道具がついに完成!? “透明マント”を体験してみた>
東京ウォーカー6月13日(日) 7時23分配信 / エンターテインメント - エンタメ総合

大人気の展示物「透明になれるマント」/(慶応義塾大学/東京大学 舘研究室)

誰もが夢見たドラえもんのひみつ道具を、最新の科学で体験できる夢のようなイベント「ドラ
えもんの科学みらい展」が、6月12日(土)~9月27日(月)までの期間限定で、日本科学未来館(東
京・江東区)にて開催! 「透明になれるマント」や「力持ちになれるパワーフィンガー」など
を体験しようと、オープン初日は約2800人もの来場者が集まり、入場制限が行われたほどの盛
況となった。そこで、記者もさっそく参加。ドラえもんの世界を体感してみた。
【写真】穴からのぞくと透明に見える「透明になれるマント」実際はこんな感じ!
22世紀に生まれたドラえもんが、四次元ポケットから次々にくりだす未来の道具“ひみつ道具”。
「タケコプター」や「どこでもドア」は、誰もが知る有名な道具だ。同展は、「そんなドラえ
もんのひみつ道具の数々が、今どれほど現実のものになっているのか」をテーマに、現実の先
端科学をひみつ道具の夢と重ね合わせ、日々進展する科学技術を新たな視点で紹介する企画展。
オープン初日は、家族連れなど約2800人が来場し、人気の展示物にはそれぞれ50人以上の列が
できるなど、会場は大にぎわいとなっていた。
なかでも注目を集めていたのは、かぶると体が透明になる「透明になれるマント」。こちら
は、再帰性反射材という特殊な布でできた不思議なマントで、実際にかぶって体験することが
できる展示物だ。待つこと20分、いよいよ記者の番になり設置された壁の穴から、マントをかぶ
った人形をのぞいてみると…。確かに透明になった人形の姿が見え、思わず興奮! 「お~」
と驚きの声を上げてしまった。人形そのものの輪郭が分かってしまうのは少し残念だったが、
遠くから見れば絶対に視認できないであろうこの技術。将来は、もっと“透明度”があがるの
では? と期待せずにはいられない技術だった。また、頭に付けて空を飛ぶ「タケコプター」
の“現在形”「世界最小のヘリコプター」など、実際に乗ってその座り心地を確かめることが
できるコーナーも。実際の「タケコプター」とはやや形状が異なるものの、多くの人が写真撮
影で盛り上がっていたほど、インパクトのあるものに仕上がっていた。
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20100613-00000002-tkwalk-ent
(ヤフーニュースより引用)

「ドラえもんの科学みらい展」なんていう面白いイベントがあったんですね。


しかも、9月まで開催されているというから、これは夏休みの自由研究やら宿題のテーマ選び
には欠かせない場所になりそうです。


最先端の科学ならば、ドラえもんの持つ未来の道具のいくつかは、ある程度実現できそうだ
というのがわかるだけでもワクワクしてきます。


子供だけでなく、大人も楽しめそうなイベントですね。

科学 | Page Top↑
レゴで太陽光発電
2010年6月10日10時35分
レゴが8月に発売する発電の仕組みなどを学べる「レゴ エネルギーセット」(レゴ提供)
 ブロック玩具のレゴ社(デンマーク)は、発電の仕組みを学べる組み立て玩具「レゴ エネ
ルギーセット」を8月に発売する。バッテリー付きで、太陽光や風力、水力を使って発電した
電力をためておける。別売りのレゴ製品を動かすことも可能だ。2011年度から実施される
理科の新学習指導要領でエネルギー分野の内容が増えたことに対応した。小中学校向けで、希
望小売価格は税込み1万4490円。
http://www.asahi.com/shopping/news/TKY201006100128.html
(asahi.comより引用)

<自然エネルギーセット、レゴが発売>
2010年6月3日20時10分

太陽光や白熱灯で発電した電力を貯められるほか、メーターで電力量がわかる

玉川学園の中学生によるエネルギーセットを使った実験も行われた=いずれも東京都港区
 知育玩具メーカーのレゴは3日、太陽光や風力などで発電した電力をためておけるバッテリー
セットを今年8月に発売する、と発表した。別売のレゴの玩具ブロックと組み合わせてソーラー
カーやヨット、時計などの玩具として楽しめる。メーターで電力量の増減などが一目でわかるた
め、遊びながら子供たちに環境とエネルギーについて学んでもらうのがねらいだ。

自然エネルギーを学べる、レゴの新製品を写真で
 レゴの教育部門であるレゴ・エデュケーションが開発。エネルギーメーター、貯蔵ユニット、
ソーラーパネルなどがセットになり、価格は1万4490円(税込み)。これまでもエネルギー
を貯めておけるバッテリーはあったが、今回の新製品は、発電量や残存量を計測できるのが特
徴だ。発電やエネルギーについて教える小学4年や6年、中学3年の理科などの新学習指導要
領にも対応している。
 3日の発表会では、東京都町田市の玉川学園サイエンスクラブの7年生、8年生(中学1、
2年に相当)の10人が、新発売のバッテリーセットを使った実験に挑戦。自分たちでつくっ
た車が、会場内に張られた長さ約5m、高低差約1.5mのナイロンテープを登れるかどうかに
挑んだ。手回しで発電したエネルギー量の残り具合を確認しながら、ロープを何度も往復して
会場を沸かせた。
http://www.asahi.com/eco/TKY201006030350.html
(asahi.comより引用)

あのレゴ社から、いよいよ太陽光発電キットが登場します。


単純に太陽光でおもちゃが動くというのではなく、中学生の理科の教材レベルの高度さに対応
しているようなので、夏休みの宿題や自由研究にもピッタリだと思います。


ただ、発売が8月とやや遅いのがネックです。


それでは夏休みの宿題・自由研究も終わってしまっている人も多いでしょうから、1ヶ月くらい
前倒しで発売してくれないと困りますね。



◆関連記事
夏休みの自由研究に、燃料電池ラジコンカー


科学 | Page Top↑
「<トマト>声かけ&モーツァルト効果!? 1粒の種からたわわに」
6月9日9時39分配信 毎日新聞
真っ赤に熟した水耕栽培トマト=北海道恵庭市の「えこりん村・とまとの森」で、平田明浩
撮影
 恵庭市の「えこりん村」で、昨年11月に植えた1粒の種からトマトの苗が成長し、広がった
茎に真っ赤に熟した多数の実が揺れている。
 土を使わない水耕栽培で育てた。肥料の濃度と水温を一定に保ち、多くの酸素を根に流すと、
土で栽培した場合とは比較にならないほど根が伸び、茎は根本が直径約5.5センチに、葉は柱
に支えられた棚をつたって幅8メートルほどに広げるまで育った。
 これまでに実ったのは2795個。トマトの木が気持ちよく育ってくれるように、朝と夕方
にはモーツァルトの名曲をかけ、お客さんからはトマトに声をかけてもらうというユニークな
試みで、今年の10月までに2万個の収穫を目指す。【平田明浩】
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100609-00000017-maiall-soci
(ヤフーニュースより引用)


野菜(トマト)の水耕栽培で、種からはじめておよそ1年で2万個ものトマトの収穫を狙う
という超効率的なプラントの実験の話題です。


最近は家庭菜園で野菜の栽培などがブームですが、それはもっぱら土を使っての栽培(耕作)で、
水耕栽培をする一般人はまだ少ないのではないでしょうか。


水耕栽培だと、管理するべき項目が多くて、素人にはなかなか難しい面があると思えます。


上の記事の例では、どうも酸素を多く供給したというのが成功のポイントのようです。


よくモーツァルトやクラシック音楽を流すと野菜がよく育つとか言いいますが、それを否定する
専門家もいますから、本当のところはわかりませんね。人が言葉をかけるというのも同じです。


ただ、人間的に優しいとか温かい心の人が栽培すると、植物(野菜など)がよく育つということ
はあると思います。


トマトが水耕栽培で大量の収穫ができるなら、野菜ではないですが、ブドウやなしなど果物も
水耕栽培で収穫できないでしょうか?


果物の棚なら、自分の家に作ってもいいかな、と思いますので。


科学 | Page Top↑
<「やる気」家で簡単に測定、5月に発売>
3月14日3時8分配信 読売新聞
額から脳波を読み取るヘッドホン型の“集中力測定装置
 東芝は、集中力の高さやリラックスの度合いを脳波から手軽に測定できる機器を5月に発売
することを明らかにした。
 親が子どものやる気を確かめながら勉強に取り組ませたり、スポーツ選手が試合前に精神状
態を安定させたりするのに活用できるという。
 ヘッドホン型の機器を頭に付けるだけで、センサーが脳波のデータを読み取り、無線でパソ
コンに送る。それを専用ソフトで分析すれば、パソコン画面上で、集中度や緊張度がメーター
やグラフなどで分かりやすく表示される仕組みだ。価格は、専用ソフト込みで2万円前後にな
る見通しだ。
 東芝は、この機器をヘアバンド型にして、眠りの深さを調べることができる医療用装置も年
内に商品化する。眠りが浅くて日中も眠気が消えないとされる「睡眠時無呼吸症候群」など睡
眠障害の治療に役立つと見られる。現在、病院などで脳波を測定すると、長期間の検査の場合
は費用が数十万円に上ることもあるが、東芝は新装置の価格を数万円前後に抑える方針だ。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100314-00000004-yom-sci
(ヤフーニュースより引用)

これは初めて発売される本格的な家庭用の脳波測定装置ではないだろうか。


これまでも、ストレス解消のためのアルファー派を出したり、検出する装置があったが、どれも
中味がいかがわしい割には10万円以上もして、中々購入する気にはならないものばかり
だった。


しかし、この東芝の脳波計なら価格も安く、安心だ。


脳波でリラックス度が分かるので、例えば自分の行っているストレス解消法が本当に効果が
上がっているのかが客観的に測定できる。


リラックスできるといわれる音楽が、本当にそうなのか脳波で確認できるし、自分が最も
リラックスできる音楽を脳波の波形で調べることもできる。


他にも応用次第でいろいろなことを調べられるだろう。


これは本当に役立ついい製品ですよ。


◆関連記事:日テレ「おもいっきり」、ベートーベンの音楽療法

◆関連記事:過敏性腸症候群と自律訓練法

◆関連記事:ぐっすり眠れる音楽CD~クラシック&ジャズ



科学 | Page Top↑
<絶縁体 電気信号伝達 夢の「8割省エネ」>
3月11日3時0分配信 毎日新聞
通常の電流とスピン波を用いた電気信号の流れ
 電気を通さない「絶縁体」の物質に、磁気を使った方法で電気の信号を通すことに、東北大金
属材料研究所の斉藤英治教授(物性物理学)らのチームが世界で初めて成功した。IC(集積回
路)チップに使う場合、銅線に比べエネルギー消費量が8割軽減するとみられる。今後、革新
的な省エネルギー技術の開発につながりそうだ。11日、英科学誌「ネイチャー」で発表した。
【奥野敦史】
 金属や半導体に電流を流すと、電子の移動に伴い発熱してエネルギーが失われ、省エネ化の妨
げになっていた。斉藤教授らは磁気を生み出す電子の自転「スピン」に着目した。斉藤教授は
06年、電子から電子へスピンが伝わる「スピン波」と電流を相互に変換できることを発見。
今回はその理論を応用した。
 研究チームはICチップなどに使われる磁石の一種の「磁性ガーネット」という絶縁体を用
意。両端に白金(プラチナ)の端子を取り付け片方の端子に電流を流した。すると電流が白金
と絶縁体の境界面でスピン波を起こした。スピン波は反対側の白金の端子まで到達し、電流を
発生させた。この方法だと電子は移動せず、発熱によるエネルギー損失は激減した。斉藤教授
は「パソコンが次第に熱くなるように、電流による発熱は大きなエネルギー損失を起こす。絶
縁体を使う信号伝達はこの問題の根本的解決法だ」と話している。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100311-00000003-maip-soci
(ヤフーニュースより引用)

私はノートパソコンを使っているが、ハードディスクの発熱によるシャットダウンはいつも
悩みのタネです。


冬はまだしも、これから暑くなる夏は、何らかの冷却方法を講じないと1時間もしないうちに
パソコンは熱くなり、遂には電源が切れてしまいます。


もちろんそれまでしていた作業は水の泡。トホホな思いを何度したことか。


ノートPC専用の冷却装置を今年の夏は購入しなければならないか、とも考えていますが。


この記事のような発熱しない信号送信が可能になれば、パソコンの発熱を冷却する問題は
なくなり、使用電力も激減する訳ですね。


家庭用のパソコンはもとより、大規模なデータベースや気象予報に使うスーパーコンピューター
の発熱や電力使用も大幅に改善される可能性があります。


この研究が実用化されれば、世界的規模でどれだけエネルギー削減(省エネ)に貢献するか
想像もつかないほどです。


もしかしたら、ノーベル賞もとれる研究かも知れませんね。
科学 | Page Top↑
今日14日日テレ朝の「ズームイン」で、世界のパワースポットを紹介していました。


最近はパワースポットが注目を浴びていて、特に若い女性の間でパワースポットめぐりがブーム
になってきているようです。


戦国武将のブームもそうですが、若い女性達の中に何か強いパワーのあるものを求める傾向が
あるようです。安直に世の男性が弱くなったから、と言ってしまえばそれまでですが・・・。


番組でまず紹介されたのが、『清正井』(加藤清正の井戸)です。これは明治神宮御苑の中に
あり、かなり強力なパワースポットと言われているそうです。番組の取材時には長い行列が
できていました。


この井戸の画像を携帯電話の待ち受け画面にすると、願い事がかなうとか。


次にアメリカのセドナというところを紹介。安室奈美恵さんが行ったので有名になったらしい?


ここはクリスタル(水晶?)が多く埋蔵されている地帯で、セドナ一帯がパワースポットになっている
ようですね。片手でやっとつかめるくらいの巨大なクリスタルが2万5千円くらいだそうです。


さらにピラミッド、アンコールワット、モンサンミシェル、エアーズロックなどもパワースポット
とされているようです。


珍しいところでは、中国の天壇(てんだん)というところも最近注目のパワースポットだと
いうことです。ここは最近一般の観光客も訪れることができるようになったところで、皇帝が
神と交信する場所とされてきたのだそうです。


さらにハワイでは、「マウナ・ケア」というところがパワースポットとされています。
ここは世界各国の天文台が集中する場所です。高いところで水平な広い地面のある場所です。
宇宙に近いのでパワーがあるのかもしれませんね。
科学 | トラックバック:0 | コメント:0 | Page Top↑
<ロボスーツの背に乗り鞍馬山を散策 車いすの男性「未来へ第一歩」>
11月15日21時19分配信 京都新聞
 ロボットスーツを装着した学生に背負われて鞍馬山の険しい山道を楽しむ内田さん(15日、
京都市左京区)
 長野県の重度身体障害者が15日、体の負担を大幅に軽減できるロボットスーツを装着した介護
者に背負われて、京都市左京区の鞍馬山を散策し、色づき始めた紅葉を楽しんだ。
 同県小海町の自営業内田清司さん(47)で、交通事故が元で車いす生活を送っている。介護者
が使ったのは、筑波大の山海嘉之教授が介護用に開発したロボットスーツ。足や肩に付けた器具
が体の反応を感知して装着者の動作を後押しし、体に負担なく動くことができる。介護者が人を
背負ったり、障害当事者も使える。
 内田さんは3年前にロボットスーツを付けた友人に背負われ、スイスアルプスのブライトホル
ン登頂に挑戦した経験を持つ。今回は車いすでは難しい山道をロボットスーツの力で散策、自然
を満喫するとともに、挑戦する心の大切さを伝えようと、山海教授らの協力で鞍馬山に臨んだ。
 午前9時、ロボットスーツを装着した山海研究室の学生に背負われて鞍馬寺を出発。学生は体
重約50キロの内田さんを軽々と背負い、険しい石段やアップダウンが連続する往復約1・5キロ
の山道を3時間半で歩き切った。
 介護者の学生は「ロボットに乗っているような感覚でとても楽だった」といい、内田さんは
「ロボットスーツが起伏の激しい山道も対応することを証明できた。未来に向けた第一歩が開け
た」と笑顔だった。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091115-00000034-kyt-l26
(ヤフーニュースより引用)

このロボットスーツ、かなり実用化に近づいてきている感じがします。


スピードは遅くとも、50キロの人間を背負って楽に山登りができるのだから、将来性の
ある技術だと思います。


ここ数年の日本のロボット技術の進歩はめざましいけど、本当に実用的なものはまだ少ない。


このロボットスーツなら、技術開発を進める実用的価値があります。


今政府の予算案策定のための「仕分け作業」が行われており、連日テレビでも話題となってい
ますが、その中で通産省のスーパーコンピュータの開発関連予算が大幅に削られるということ
になりました。


確かに近々には必要な予算ではないかもしれないが、技術開発のための予算は将来への投資と
しては必要不可欠のもので、あの仕分けにはちょっと不安を感じました。


このロボットスーツなど、あらたな予算措置を講じてもらいたいくらいの技術です。


一大学の研究にせず、政府が資金をキッチリ出して、少しでも早い実用化がなされるように
するべきです。そして日本発のロボットとして世界中に売り込めばいいと思いますが。
科学 | トラックバック:0 | コメント:0 | Page Top↑
大阪の中小零細企業が「まいど」という人工衛星を打ち上げた話しがあったが、高等専門学校
や大学でも人工衛星を作っているところがあるらしい。


20歳前後の若い学生でも人工衛星が作れてしまうなんて、非常に驚きです。


これは読売新聞の4日に出ていた記事だが、宇宙航空研究開発機構が教育活動の一環として
学生による小型の人工衛星の製作を公募し、無料で打ち上げてくれるというもの。


宇宙航空研究開発機構は、大型のロケット「H2A」を打ち上げた機関。


「H2A」は今年の1月に打ち上げられたが、それには東京都立産業技術高専の人工衛星の
他に、東北大、東京大、香川大の衛星も搭載されていた。


来年にも「H2A」は打ち上げられるというが、それには『大学宇宙工学コンソーシアム』と
いうグループと大学あわせて4基が搭載される予定となっている。


こうした企画は、物作り学習の機会提供という趣旨があるようだが、物作りといっても宇宙に
飛び出す人工衛星というスケールの大きな学習で、参加する学生達が得る経験は非常に貴重な
ものだと思う。


高専の学生たちの物作り学習としては、NHKテレビでよく見かける「ロボット製作」が
あるが、やがてはこの人工衛星製作に発展していく可能性もあるかもしれない。


ただ、あまり多くの人工衛星が打ち上げられると、地球のまわりに”宇宙ゴミ”が多くなって
新たな環境汚染になるのではと心配になるが、杞憂だろうか?


科学 | トラックバック:0 | コメント:0 | Page Top↑


↑FC2のランキングに参加中!記事が面白かったとお感じでしたら、応援の”クリック!”をお願いいたしますm(_ _)m


* 当ブログ以外の提携ブログ記事も含みます
● 「ためしてガッテン」、足がつる”こむら返り”に隠れた危険な病気

● アルツハイマー型認知症の改善が期待できる食材、発見される!

● ヒルナンデス、「話題業務用スーパー / プロマート」特集

● 噂の!東京マガジン、ドライカレー(トマト風味)のレシピ

● 「ためしてガッテン」、きのこパワー13倍アップ激うま健康技

● 「王様のブランチ」道の駅、関越方面ドライブデート

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。