税務調査の対策本

ここでは、「税務調査の対策本」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Page Top↑
税務調査というものがありますが、それを受けたことがありますか?


私は3年ほど前に受けました。


今度税務調査に対する注意点というか対策の本が出ましたのでご紹介します。


”税務調査で泣き寝入りしない裏ワザ”というサブタイトルがついています。


実際の税務調査で”裏ワザ”を使ったらどうなるか、ちょっと危ないかも知れませんが、とり
あえず知識として知っておくのは無駄ではないかもしれません。


私の場合は、父親が亡くなって、そのまま会社(株式会社)を引き継ぎ、業種もネット通販を
中心としたものに変更し、業績もよくなかったのですが、何故か突然に税務調査が入りました。


長年赤字決算を続けていたので、怪しいと思われたのかもしれません。


それは1本の電話から始まります。


「○○税務署です。お世話になっております。今度△△日に税務調査を行いますので、ご協力
をお願いいたします」といった感じの電話です。


だいたい税務調査の1週間前くらいの電話だったと思います。
ですから、なんらかの対策をする時間はあるとも言えますね。


それからは、おおよそ2ヶ月近くに渡って色々と細かく調べられ、最後は申告漏れとして
4,5万円の追徴課税が出ました。


6,7年度分まで遡って調査され、その間の申告漏れがあれば追加で税金を納めることに
なります。


会社の規模も小さく、売り上げも小さいのでこの程度で済みましたが、ある程度大きな
売り上げがあると、かなりの税金を納めることになるでしょう。


初回の税務調査は比較的手ぬるいが、2回目以降は厳しい内容だと、税務署の担当者は言って
ました。

2回も3回もあっては、たまらないですけどね・・・。


税務調査は法人に限らず、個人事業主でもありますので、ネットの事業で売り上げのある人は
ちゃんと納税しておいた方がいいですよ。






社会・経済 | Page Top↑


↑FC2のランキングに参加中!記事が面白かったとお感じでしたら、応援の”クリック!”をお願いいたしますm(_ _)m


* 当ブログ以外の提携ブログ記事も含みます
● 「ためしてガッテン」、足がつる”こむら返り”に隠れた危険な病気

● アルツハイマー型認知症の改善が期待できる食材、発見される!

● ヒルナンデス、「話題業務用スーパー / プロマート」特集

● 噂の!東京マガジン、ドライカレー(トマト風味)のレシピ

● 「ためしてガッテン」、きのこパワー13倍アップ激うま健康技

● 「王様のブランチ」道の駅、関越方面ドライブデート

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。