日テレ「世界一受けたい授業」、緑茶カテキンの効能

ここでは、「日テレ「世界一受けたい授業」、緑茶カテキンの効能」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Page Top↑
今日の日テレ「世界一受けたい授業」では、緑茶カテキンの効能の特集がありました。


これまでも緑茶とその成分のカテキンについては、多くのテレビ番組で取り上げられましたが、
今日の特集はわかりやすくまとめられていました。


緑茶カテキンの効能については、現在でも研究が進められていて、また品種改良も進んで
います。ポリフェノールを大量に含んだ紫色のお茶の開発もされているらしいです。目の疲れ
などによいそうです。


基本の知識として、緑茶の中で有効成分のカテキンがもっとも多く含まれるのは煎茶で、かなでも
安い部類の三番茶(100gで500円~1,000円クラス)のものにカテキンが多く含まれる
そうです。それは収穫が最も遅いので、それだけ太陽をたくさん浴びているからです。


栄養価的には安いお茶の方がよいわけです(美味しくはないですけどね)。


煎茶の効果的な飲み方としては、3gの茶葉を200cc、90度のお湯で淹れ、2分置いてから
注いで飲みます。食前は避け、食後や食間で1日に6杯程度がよいそうです。


そうすると、ビタミン・ミネラルなどの栄養補給の他に、ダイエット効果、アレルギー抑制、
認知症予防、など様々な効能を最大限に得られるそうです。


緑茶にはカフェインも含まれ、勉強や仕事の合間に飲むと、脳の覚醒効果があり、頭がスッキリ
として能率が上がります。


意外だったのは、茶がら。


お茶の栄養成分の70%は、お茶を淹れたあとの茶がらに残っているのだとか。


だから、茶がらも食べるといいのだそうです。βカロチン、ビタミンが豊富ですが、それらは
油に溶け出す性質があるので、てんぷらなどにして食べます。


よく水気を絞ってから、桜海老などど一緒に「かきあげ」にすると美味しいですよ。


チャーハンやカレーに細かくして入れてもいいかもしれません。


ただし、茶がらは腐りやすいので、1日で使い切るようにしましょう。

TV番組 | Page Top↑


↑FC2のランキングに参加中!記事が面白かったとお感じでしたら、応援の”クリック!”をお願いいたしますm(_ _)m


* 当ブログ以外の提携ブログ記事も含みます
● 「ためしてガッテン」、足がつる”こむら返り”に隠れた危険な病気

● アルツハイマー型認知症の改善が期待できる食材、発見される!

● ヒルナンデス、「話題業務用スーパー / プロマート」特集

● 噂の!東京マガジン、ドライカレー(トマト風味)のレシピ

● 「ためしてガッテン」、きのこパワー13倍アップ激うま健康技

● 「王様のブランチ」道の駅、関越方面ドライブデート

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。