漢方薬は薬事法の薬から外せば通販で売れる

ここでは、「漢方薬は薬事法の薬から外せば通販で売れる」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Page Top↑
<漢方業界も客も悲鳴 薬の通販規制1年>
 薬のインターネット販売などを禁じた改正薬事法の施行から6月1日で1年を迎える。大衆
薬を店頭での対面販売に限ることで、薬の安全な使用を促す狙いがある一方、長年、通信販売
を行ってきた漢方薬や伝統薬まで規制の対象となったことで関係者から不満が噴出した中での
施行だった。1年がたち、漢方薬や伝統薬の中には、存続すら危ぶまれるものも出てきた。政
府の行政刷新会議が見直しを検討している。(蕎麦谷里志)
「うちの客は北海道から沖縄まで全国にいる。高齢者も多く、店まで買いに来なければダメ
なんて、薬を使うなと言っているようなもんですよ…」
 日本漢方連盟理事長で、「漢方平和堂薬局」(東京都大田区)店主の根本幸夫さん(63)
はこう嘆く。遠方の顧客からは電話や手紙で注文を受け、薬を郵送するという、従来の販売が
できなくなったからだ。
 薬事法改正の背景にはネット販売など大衆薬の販売方法の多様化がある。ネット販売などで
は販売時に安全性に関する十分な説明が行われない懸念があるため、国は大衆薬を副作用のリ
スクに応じて3段階に分類。最も副作用が少ないとされるビタミン剤などの「第3類」以外は
原則、店頭での対面販売とした。~以下省略~
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/natnews/medical/397406/
(イザニュースより引用)


改正薬事法で、薬を通販で買えなくなってもう1年が経つわけですか。


この記事で問題の漢方薬ですが、全国で困っている人が多くいるようです。私も漢方には
多少知識があるので、昔は東京の漢方薬局に電話で希望する薬味を注文したことがあります。


しかし、今ではそういったことも出来ないわけです。


これに対しては、一つの対策として漢方薬を薬でなくしてしまえばよいと思います。


医薬部外品にしてもいいと思います。


一見無茶を言っているようですが、大分前に政府の規制緩和政策が盛んだったころ(たぶん
小泉内閣の時)、漢方薬を医薬品からはずし、栄養剤と同類にして誰でも販売できるように
するという案がありました。


しかし、一部の医療関係者や製薬業界から反対があり、立ち消えになった経緯があります。


漢方薬は病院で処方するものは薬として扱い、漢方薬局などで煎じ薬として売る場合は薬と
しなければよいのです。そうすれば電話で注文もでき、ネットでも販売できます。


副作用や西洋薬との飲み合わせ問題は、患者の自己責任ということになりますが。


社会・経済 | Page Top↑


↑FC2のランキングに参加中!記事が面白かったとお感じでしたら、応援の”クリック!”をお願いいたしますm(_ _)m


* 当ブログ以外の提携ブログ記事も含みます
● 「ためしてガッテン」、足がつる”こむら返り”に隠れた危険な病気

● アルツハイマー型認知症の改善が期待できる食材、発見される!

● ヒルナンデス、「話題業務用スーパー / プロマート」特集

● 噂の!東京マガジン、ドライカレー(トマト風味)のレシピ

● 「ためしてガッテン」、きのこパワー13倍アップ激うま健康技

● 「王様のブランチ」道の駅、関越方面ドライブデート

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。