野菜の水耕栽培の大成功した例(トマト2万個)

ここでは、「野菜の水耕栽培の大成功した例(トマト2万個)」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Page Top↑
「<トマト>声かけ&モーツァルト効果!? 1粒の種からたわわに」
6月9日9時39分配信 毎日新聞
真っ赤に熟した水耕栽培トマト=北海道恵庭市の「えこりん村・とまとの森」で、平田明浩
撮影
 恵庭市の「えこりん村」で、昨年11月に植えた1粒の種からトマトの苗が成長し、広がった
茎に真っ赤に熟した多数の実が揺れている。
 土を使わない水耕栽培で育てた。肥料の濃度と水温を一定に保ち、多くの酸素を根に流すと、
土で栽培した場合とは比較にならないほど根が伸び、茎は根本が直径約5.5センチに、葉は柱
に支えられた棚をつたって幅8メートルほどに広げるまで育った。
 これまでに実ったのは2795個。トマトの木が気持ちよく育ってくれるように、朝と夕方
にはモーツァルトの名曲をかけ、お客さんからはトマトに声をかけてもらうというユニークな
試みで、今年の10月までに2万個の収穫を目指す。【平田明浩】
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100609-00000017-maiall-soci
(ヤフーニュースより引用)


野菜(トマト)の水耕栽培で、種からはじめておよそ1年で2万個ものトマトの収穫を狙う
という超効率的なプラントの実験の話題です。


最近は家庭菜園で野菜の栽培などがブームですが、それはもっぱら土を使っての栽培(耕作)で、
水耕栽培をする一般人はまだ少ないのではないでしょうか。


水耕栽培だと、管理するべき項目が多くて、素人にはなかなか難しい面があると思えます。


上の記事の例では、どうも酸素を多く供給したというのが成功のポイントのようです。


よくモーツァルトやクラシック音楽を流すと野菜がよく育つとか言いいますが、それを否定する
専門家もいますから、本当のところはわかりませんね。人が言葉をかけるというのも同じです。


ただ、人間的に優しいとか温かい心の人が栽培すると、植物(野菜など)がよく育つということ
はあると思います。


トマトが水耕栽培で大量の収穫ができるなら、野菜ではないですが、ブドウやなしなど果物も
水耕栽培で収穫できないでしょうか?


果物の棚なら、自分の家に作ってもいいかな、と思いますので。


科学 | Page Top↑


↑FC2のランキングに参加中!記事が面白かったとお感じでしたら、応援の”クリック!”をお願いいたしますm(_ _)m


* 当ブログ以外の提携ブログ記事も含みます
● 「ためしてガッテン」、足がつる”こむら返り”に隠れた危険な病気

● アルツハイマー型認知症の改善が期待できる食材、発見される!

● ヒルナンデス、「話題業務用スーパー / プロマート」特集

● 噂の!東京マガジン、ドライカレー(トマト風味)のレシピ

● 「ためしてガッテン」、きのこパワー13倍アップ激うま健康技

● 「王様のブランチ」道の駅、関越方面ドライブデート

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。