電気自動車のコストや電池の寿命・性能など

ここでは、「電気自動車のコストや電池の寿命・性能など」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Page Top↑
電気自動車は、官公庁や企業向けのユースが徐々に増えてきて、それと共に一般ユーザー
にも関心が高まってきているようです。


しかし、その価格の高さから購入には慎重な人も多く、さらにコストや性能などでまだ不明の
部分も多く、情報面の不足からも電気自動車(EV)はまだ一般化しそうもありません。


このブログでも電気自動車については、何度か記事を書きましたが、今回東京都副知事の
猪瀬直樹さんが日産リーフに試乗した記事を読みましたので、その中から電気自動車について
参考になる情報をお知らせします。


日産リーフは今秋ころ発売予定の電気自動車です。基本性能は結構進化していて、フル充電
で160キロの距離を走れるそうです。


加速性能もよく、走りについては日常的な使用には何の不足もないでしょう。


電気自動車は搭載の電池に充電を繰り返すので、電池の寿命はどうなのか、ということが
気になりますが、この点の情報はこれまであまり見かけませんでした。


この点、日産のリーフでは、車検を2回受ける位で(ということは7年位で)電池の性能は新車
時の7~8割に落ちるそうです。そうなるとたぶん1回のフル充電での走行距離が徐々に短く
なるんでしょうね。


また、充電にかかるコスト(電気代)ですが、たぶん急速充電スタンドでの費用でしょうが、
満タンで200円ほどだということです。かかる時間は30分くらい。


電気自動車は、ゼロからの充電だと時間がかかりますが、途中からの充電だと時間はあまり
かからない特性があります。で、実際は残量1/3程度になったら充電するようになるでしょう
から、コストも時間ももうちょっと少なくて済むでしょう。


以上は日産リーフの場合ですが、他の国産EVでもおおよそは同じ事情だと思います。


社会・経済 | Page Top↑


↑FC2のランキングに参加中!記事が面白かったとお感じでしたら、応援の”クリック!”をお願いいたしますm(_ _)m


* 当ブログ以外の提携ブログ記事も含みます
● 「ためしてガッテン」、足がつる”こむら返り”に隠れた危険な病気

● アルツハイマー型認知症の改善が期待できる食材、発見される!

● ヒルナンデス、「話題業務用スーパー / プロマート」特集

● 噂の!東京マガジン、ドライカレー(トマト風味)のレシピ

● 「ためしてガッテン」、きのこパワー13倍アップ激うま健康技

● 「王様のブランチ」道の駅、関越方面ドライブデート

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。