すい臓癌、乳がんなどの検査がだ液で正確にできる!

ここでは、「すい臓癌、乳がんなどの検査がだ液で正確にできる!」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Page Top↑
<唾液でがん検出=80~99%の高精度―膵臓や口腔・慶応大>
6月29日0時51分配信 時事通信
 慶応大先端生命科学研究所は28日、唾液(だえき)で膵臓(すいぞう)がん、乳がん、口腔
(こうくう)がんを検出する方法を開発したと明らかにした。米カリフォルニア大ロサンゼル
ス校との共同研究。それぞれ99%、95%、80%の精度で検出できるという。
 オランダ・アムステルダムで開催中の国際学会で発表した。
 膵臓がん、口腔がんは進行してから見つかることが多く、生存率が低い。マーカーと呼ばれる
生体内の物質でがんを診断する方法があるが、口腔がんに有効なマーカーはまだなく、膵臓がんはあるものの、他の病気でも異常値を示すため識別が難しいという。
 同研究所は、三つのがんの患者と患者以外の計215人の唾液サンプルに含まれる物質を網羅
的に解析。約500種類の物質が検出され、このうち54物質の濃度ががん患者とそれ以外で異なる
ことが分かった。 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100629-00000007-jij-soci
(ヤフーニュースより引用)


これは画期的な癌の検査法発見のニュースです。


たった3つの癌ですが、それでも90%以上の正確さで癌を診断できるのですから、凄い検査
の方法です。


特に膵臓(すい臓)癌は発見が難しいとされ、CTや腫瘍マーカーなどの検査では見つからない
ことも多いと言われています。検査で見逃され、手遅れになってから発見されたという話は
よく聞きます。


すい臓癌の検査が99%の高確率の正確さで、しかもだ液の分析だけでできるなら、こんな
素晴らしい検査方法はありません。


最近増加傾向にある乳がんも、その検査方法に伴う羞恥心からなかなか検診率が上がらない
とも言われていますから、だ液の検査で95%の正確さで可能なら、それに越したことはない
でしょう。


願わくば、出来るだけ早くこれらすい臓癌や乳がんの検査法が普及し、他の部位の癌でも
だ液で判定できるようになって欲しいものです。


医学 | Page Top↑


↑FC2のランキングに参加中!記事が面白かったとお感じでしたら、応援の”クリック!”をお願いいたしますm(_ _)m


* 当ブログ以外の提携ブログ記事も含みます
● 「ためしてガッテン」、足がつる”こむら返り”に隠れた危険な病気

● アルツハイマー型認知症の改善が期待できる食材、発見される!

● ヒルナンデス、「話題業務用スーパー / プロマート」特集

● 噂の!東京マガジン、ドライカレー(トマト風味)のレシピ

● 「ためしてガッテン」、きのこパワー13倍アップ激うま健康技

● 「王様のブランチ」道の駅、関越方面ドライブデート

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。