夏の冷え性対策、今年は”筋肉”に注目してみよう

ここでは、「夏の冷え性対策、今年は”筋肉”に注目してみよう」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Page Top↑
夏の冷え性対策、毎年話題になるテーマです。


とかく、冷たい飲食物の取りすぎやエアコン・冷房の害などが指摘されます。


しかし、夏の冷え性対策に効果的なポイントを見つけました。それは筋肉です。


これは読売新聞の健康欄に夏の冷え性のテーマで掲載されていた中に書かれていたものです。


まず、夏は汗をかきやすいため、極力体を動かさないようにしがちではないですか?歩くだけ
でも汗が噴き出しますからね。


しかし、体を動かさず筋肉が落ちると体は冷えやすくなるそうです。特に太い筋肉の多い下半身
の筋肉を落とさないよう、通勤時に歩く、散歩するなどが必要のようです。


散歩は涼しい時間帯に行います。汗をかくことを嫌がらず、健康のため積極的によい汗を
かきましょう。


それと姿勢が悪いと筋肉も硬くなり、血流が悪くなって冷えの原因になります。姿勢を正しく
保つよう意識、時々は体を動かして筋肉をほぐしましょう。


ストレッチなどもいいようです。


また大きな筋肉のある部分、太い血管の通っている部分を冷やすと、体全体が冷えやすくなり
ますので、そのような部分を冷やさないことが夏の冷え性対策として重要です。


太もも、二の腕、首まわりなどは冷やし過ぎないように注意。それから肩、腰、お尻も注意
です。


そうした部分が大きく露出する服装は冷えの元ですから、ノースリーブや短パン、短いスカート
をよく着るひとは注意してください。


蛇足ですが、コーヒー、緑茶は体を冷やす飲料なので、夜などは体を温める紅茶、ココアが
よいそうです。


今年は夏の冷え性対策として、筋肉を意識してみてはどうでしょうか?


健康 | Page Top↑


↑FC2のランキングに参加中!記事が面白かったとお感じでしたら、応援の”クリック!”をお願いいたしますm(_ _)m


* 当ブログ以外の提携ブログ記事も含みます
● 「ためしてガッテン」、足がつる”こむら返り”に隠れた危険な病気

● アルツハイマー型認知症の改善が期待できる食材、発見される!

● ヒルナンデス、「話題業務用スーパー / プロマート」特集

● 噂の!東京マガジン、ドライカレー(トマト風味)のレシピ

● 「ためしてガッテン」、きのこパワー13倍アップ激うま健康技

● 「王様のブランチ」道の駅、関越方面ドライブデート

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。