日テレ「世界一受けたい授業」、長周期地震動の恐怖

ここでは、「日テレ「世界一受けたい授業」、長周期地震動の恐怖」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Page Top↑
今日の日テレ「世界一受けたい授業」では、”長周期地震動”という地震に関する話題が
ありました。


この長周期地震動とは聞きなれない言葉ですが、最近の地震学者の間では注目され、非常に
危機意識を持って語られている言葉らしいです。


今から20年くらい前にメキシコで起こった地震では、この長周期地震動による被害が世界で
初めて出て、1万人が死亡したそうです。


これは、遥か遠くの震源地の揺れが、地下のやわらかい地層を伝って揺れが増幅して伝わり、
大きくで長時間の揺れが起こるタイプの地震です。


メキシコの場合は震源地から400キロも離れた都市で被害が集中しました。そしてその長周期
の揺れに共鳴した14階の高さのビルが多く倒壊したそうです。


この「長周期地震動」は最近になってわかってきた地震のため、日本ではまだ十分な対策が
なされていないのが現状です。


しかも、東京や千葉の地下はメキシコよりもはるかに深く柔らかい地層が広がっているため、
ひとたび東海地震が起これば、普通の地震だけでなく長周期地震動による高層ビルの被害が
想定されるらしいです。


番組に出演した東大の先生はハッキリしたことは言いませんでしたが、ヘタをすれば新宿の
高層ビルの中には倒壊するものもあるのかもしれません。


高層ビルの長周期地震動対策としては、揺れを抑えるダンパーを設置することが可能ですが、
「新宿センタービル」の場合、このダンパーがすでに設置されていますが、その費用には24
億円もかかったとのこと。


こうした費用の点からも、高層ビルの速やかな対策はなかなか難しいでしょう。


ちなみに「東京スカイツリー」はすでに対策済みだそうです。


高層ビルの上層で、この長周期地震動にあった場合、揺れは5分くらいの長時間に渡って続き、
しかも大きく揺れるので、中にいる人間は車酔いや船酔いのような状態になるらしいです。


静岡県で東海地震が近く起こる可能性は、現在90%近くの高い確率になっているそうで、
そうなれば東京や千葉に長周期地震動が起こることもありえます。


”我々は実にもろい地盤の上に生きている”ということを認識しておく必要があるわけですね。


科学 | Page Top↑


↑FC2のランキングに参加中!記事が面白かったとお感じでしたら、応援の”クリック!”をお願いいたしますm(_ _)m


* 当ブログ以外の提携ブログ記事も含みます
● 「ためしてガッテン」、足がつる”こむら返り”に隠れた危険な病気

● アルツハイマー型認知症の改善が期待できる食材、発見される!

● ヒルナンデス、「話題業務用スーパー / プロマート」特集

● 噂の!東京マガジン、ドライカレー(トマト風味)のレシピ

● 「ためしてガッテン」、きのこパワー13倍アップ激うま健康技

● 「王様のブランチ」道の駅、関越方面ドライブデート

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。