リアルな鉄道の運転台模型が登場!Nゲージ模型も動かせる

ここでは、「リアルな鉄道の運転台模型が登場!Nゲージ模型も動かせる」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Page Top↑
<動きも音も本物そっくり、懐かしの国電運転台が1/3模型で登場>
音とギミックにこだわったリアルな運転台模型。マスコンは本物と同様、取り外しができる。
50がらみの中年男があこがれだった電車の運転士になってしまうという中井貴一主演の映画
『RAILWAYS』が好評だが、男子に生まれたからには、長い編成を連ねた電車の先頭に座って思
いのままに動かしてみたいという夢に一度はあこがれるもの。もちろん、映画のような夢の展
開がそうそう実際あるわけではないが、そこに少しでも近づけそうなアイテムが登場した。
その名は「鉄コレ式制御器」。“国電”という呼び方がもっとも似合う、かつて中央線や総武
線などで活躍した国鉄101系の運転台を3分の1スケールで忠実に再現した代物だ。鉄道模型を動
かすパワーパックやテレビゲーム「電車でGO」の専用コントローラーにも、実物の運転台を模
したものはあるが、ここまで忠実に再現した市販品はおそらくこれが初めてだろう。
発売したのは、鉄道情景をモデル化した「ジオコレシリーズ」やフィギュア「鉄道むすめ」な
どを手がけるトミーテック。ここのコーナーでは以前、列車の行き先表示板を模型化した「ミ
ニサボコレクション」を紹介したが、その際にも模型屋魂というべき再現へのこだわりに圧倒
されたもの。今回の運転台模型にも、その精神は見事なまでに貫かれているようだ。
グリーンをベースにした全体の色合いやアナログでちょっと無骨な計器類の再現はもちろんの
こと、ブレーキやマスコン(自動車でいうところのアクセル)の動き方も本物に近い感触。さ
らにこれらを動かすごとに、「プシュー」「カチカチ」といった音までちゃんと鳴るようにな
っている。 ~以下省略~
http://www.excite.co.jp/News/bit/E1280060706835.html
(エキサイトニュースより引用)


最近はママ鉄とかパパ鉄とか言われるように、子供の鉄道好きにつられて、自分も鉄道ファンに
なってしまった大人が増加中だという。


中には”ババ鉄”といって、孫の鉄道好きにつられて鉄道ファンになったお年寄りもいるらしい。


そんな大人の鉄道ファンには、この細部にこだわった運転台の模型はたまらんでしょうね。


Nゲージの鉄道模型を動かして精密な操作もできるというから、楽しみの幅も大きいでしょう。


私としては、鉄道模型に小型カメラを取り付けて、あたかも実物の電車を動かしているような
具合にすると面白いのでは、と思いますけどね。


趣味 | Page Top↑


↑FC2のランキングに参加中!記事が面白かったとお感じでしたら、応援の”クリック!”をお願いいたしますm(_ _)m


* 当ブログ以外の提携ブログ記事も含みます
● 「ためしてガッテン」、足がつる”こむら返り”に隠れた危険な病気

● アルツハイマー型認知症の改善が期待できる食材、発見される!

● ヒルナンデス、「話題業務用スーパー / プロマート」特集

● 噂の!東京マガジン、ドライカレー(トマト風味)のレシピ

● 「ためしてガッテン」、きのこパワー13倍アップ激うま健康技

● 「王様のブランチ」道の駅、関越方面ドライブデート

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。