テレ朝「みんなの家庭の医学」、老眼が劇的改善アキュフォーカスの手術

ここでは、「テレ朝「みんなの家庭の医学」、老眼が劇的改善アキュフォーカスの手術」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Page Top↑
今日のテレ朝「みんなの家庭の医学」は、”目&耳の老化を防ぐ”という特集でした。


その中で、老眼を劇的に改善する『アキュフォーカス』という最新の手術法が紹介されて
いました。


これは角膜の中心部に薄いリングを埋め込む手術で、近くのものが見えにくくなる老眼を改善
する最新の治療法です。原理はピンホールと同じで、ごく小さな穴から景色を見ると、ハッキリ
と見える現象を利用したものです。


テレホンカードを使用すると、小さな穴が開きますが、あの穴を通してモノを見ると、とっても
よく見えますが、あれと同じことを目の角膜に行うことのようです。


このアキュフォーカスの老眼手術を行っている第一人者の眼科医が、慶応大学医学部の坪田一男
さんで、眼科学教室の教授です。この医師が番組にも出演しました。


手術は15分くらいのごく短時間ですみ、入院なども必要なく、日帰り手術が可能です。


番組で取り上げた患者さんの例では、70cm離さないとマージャンパイが見えなかった老眼
が、坪田医師のアキュフォーカスの手術で、わずか13cmの至近距離で新聞の字が読めるように
なっていました。


このアキュフォーカスの老眼手術はレーザー光線で、角膜を剥いだりしますので、乱視や近視
などの手術と手順が似ており、両者を同時に行うことができます。


先ほどの患者さんも、まず乱視のレーザー手術を行い、そのままアキュフォーカスの手術を
行いました。その両方でわずか15分ほどで手術は完了してしまいました。


この手術では、1週間から3ヶ月くらいで目の状態は安定してくるということでした。


肝心の費用ですが、番組ではうつみみどりさんが結構ひつこく聞いていましたが、教えてくれ
ませんでした。


ネットで私が調べたところでは、アキュフォーカスとレーシックの両方の手術を行って37万円
という眼科クリニックがありました(有名なところ)。ですから、費用はだいたいそんなもの
なんでしょう。保険はきかないでしょうね。


ちなみに、番組で紹介した老眼を調べるテストでは、新聞を目の前に持っていき、徐々に離して
漢字の部分にピントが合う距離で判定していました。


30cmを超えると老眼の気があると判断してよいそうです。


30歳なら14cm、45歳で32cm、50歳で42cmが標準の値のようでした。したがって、
40代になると殆どの人は老眼があると言ってよさそうですね。


参考 ◆驚異の視力矯正法「オルソケラトロジー」(老眼・近視)

参考 ◆簡単な視力回復&キープ術

健康 | Page Top↑


↑FC2のランキングに参加中!記事が面白かったとお感じでしたら、応援の”クリック!”をお願いいたしますm(_ _)m


* 当ブログ以外の提携ブログ記事も含みます
● 「ためしてガッテン」、足がつる”こむら返り”に隠れた危険な病気

● アルツハイマー型認知症の改善が期待できる食材、発見される!

● ヒルナンデス、「話題業務用スーパー / プロマート」特集

● 噂の!東京マガジン、ドライカレー(トマト風味)のレシピ

● 「ためしてガッテン」、きのこパワー13倍アップ激うま健康技

● 「王様のブランチ」道の駅、関越方面ドライブデート

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。