英会話スクールが人気上昇。楽天の英語公用語化の影響も。

ここでは、「英会話スクールが人気上昇。楽天の英語公用語化の影響も。」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Page Top↑
英会話スクールが活況を呈し、盛り上がっているらしい。かつて駅前留学をキャッチフレーズ
に隆盛を極めた英会話学校もあったが、その後経営難で倒産したりしたのはついこの前のこと
だが。


現在英会話スクールが活況なのは、楽天が英語を社内で公用語にしたり、ユニクロが世界進出
のために外国人の雇用を増やしたりと、企業内での英語の必要性が急速に高まっているため
らしい。


したがって、人気となっている英会話スクールの授業内容も、日常的な会話というよりは、
ビジネスに直結する実践的な内容のもの。


中には企業が社員の英会話教育をまとめて法人契約をする場合もあるらしい。


これに応え、英会話スクール側もビジネスに直結する実践的内容のプログラムを組むなどして
法人の希望に沿うようにしている。


「ベルリッツ」というところでは、会議や契約交渉の状況設定の授業などを設けていて、かなり
実践的な内容となっているのが人気を得ている。


楽天の英語公用語化に対して、一部では批判的な声も上がったが、ある程度の数の企業が英語
使用に積極的になると、その流れはもはや変えられず、今後は一定規模以上の企業では英語の
マスターが社員には必須の条件とされるだろう。


それにつれて、学生時代から英語学習にチカラを入れる必要が出てくるため、今後英会話スクール
は就職試験の為の英語のプログラムなどにも取り組んでいくのではないだろうか。


ところで、テレビの番組で英語を学ぶのによいと思う番組がある。


テレビ東京で毎日曜日の夕方に放送されている、「ワシントンリポート」という番組。


日高さんという有名なアメリカのシンクタンクの研究員が世界の政治や経済について、アメリカの
学者や政治家、アナリスト達にインタビューする番組だが、その日高さんの英語がとてもわかり
やすい。


日本語での字幕も流れるので、英語は全く喋れない私でも、学生の頃の知識である程度聞き取る
ことができる。


日高さんの英語は難しい単語は使わず、文法的にも単純なもので喋るので、わかりやすいのだ
と思う。


是非参考にしていただきたい。


ビジネス・副収入 | Page Top↑


↑FC2のランキングに参加中!記事が面白かったとお感じでしたら、応援の”クリック!”をお願いいたしますm(_ _)m


* 当ブログ以外の提携ブログ記事も含みます
● 「ためしてガッテン」、足がつる”こむら返り”に隠れた危険な病気

● アルツハイマー型認知症の改善が期待できる食材、発見される!

● ヒルナンデス、「話題業務用スーパー / プロマート」特集

● 噂の!東京マガジン、ドライカレー(トマト風味)のレシピ

● 「ためしてガッテン」、きのこパワー13倍アップ激うま健康技

● 「王様のブランチ」道の駅、関越方面ドライブデート

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。