個人輸入が円高で得。トライする?

ここでは、「個人輸入が円高で得。トライする?」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Page Top↑
<円高で個人輸入すると今は超おトク でも、注意点も>
8月31日 12時05分
 円高の現在、海外から商品を輸入すると安く買えるが、個人で輸入する際に安く買える商品
および注意事項が「NAVER まとめ」というサイトに掲載されている。
 まず、個人輸入で安く買えるものについて。ブランド品のCOACHの商品は日本価格の半額程度
で買える。しかも、日本で発売されていない最新モデルが半額で買える。また、ヘルメットや
電子タバコも安く買える。
 次に個人輸入する際の注意事項について。
 商品代金の円への換算日はクレジット会社各社で多少違っており、価格が若干変動する可能性
がある。また、アダルトビデオや雑誌は輸入することができない。ワインは輸入できる量が10kg
以内とされている。革靴の関税は高い、など気を付けるべき事項を教えてくれている。
http://news.ameba.jp/domestic/2010/08/79318.html
(アメーバニュースより引用)


ブランド品や薬など個人輸入すれば、途中の流通マージンなどを省くことができ、さらにこの
円高なので、中には日本での販売価格の半額程度で買える商品もあるのでしょう。


海外ブランドの商品を安い価格で買うチャンス到来です。


しかし、ブランド品の中には、個人に販売しないところもあるので注意。


まだ個人輸入の代行業などのあまりない昔、私もアメリカのアウトドアブランドの「L.L.Bean」の
セーターだかの衣類を個人輸入しようとしたことがあった。


いろいろと手続き方法を調べ、決済用の小切手みたいなものも用意し、英訳に苦労しながら
注文書を書いて、エアメールでアメリカの「L.L.Bean」へ送った。


その後ワクワクしながら1ヶ月くらい待っていると、返ってきたのは「当社商品は、日本の
代理店を通してのみ販売しております。個人のお客様にはお売りしておりません」という内容
の素っ気無い返事の文書だった。


あの時はガックリきましたね・・・。


個人輸入する際は、こうした事も注意しましょう。



ビジネス・副収入 | Page Top↑


↑FC2のランキングに参加中!記事が面白かったとお感じでしたら、応援の”クリック!”をお願いいたしますm(_ _)m


* 当ブログ以外の提携ブログ記事も含みます
● 「ためしてガッテン」、足がつる”こむら返り”に隠れた危険な病気

● アルツハイマー型認知症の改善が期待できる食材、発見される!

● ヒルナンデス、「話題業務用スーパー / プロマート」特集

● 噂の!東京マガジン、ドライカレー(トマト風味)のレシピ

● 「ためしてガッテン」、きのこパワー13倍アップ激うま健康技

● 「王様のブランチ」道の駅、関越方面ドライブデート

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。