TBS「がっちりアカデミー」、葬式は市民葬・区民葬が得!

ここでは、「TBS「がっちりアカデミー」、葬式は市民葬・区民葬が得!」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Page Top↑
今日のTBSテレビ「がっちりアカデミー」は、”お金のタブーSP”という特集でした。


その中で、お葬式に関するお金の損得情報を紹介していました。


最近は、葬式を質素に行う風潮が一般化し、「家族葬」などのシンプルなお葬式が増えている
そうで、葬儀社にとっては辛い時代になってしまいました。


そして今夜、また葬儀会社にはイヤな情報が明るみに出てしまいました。


それは「市民葬」や「区民葬」という葬儀の形式です。


これは市役所や区役所などへ申し込む葬式のことです。当然費用は激安で済みます。


人が亡くなるのは大抵は病院にいてですが、病院から故人の亡骸(なきがら)を引き取る際には
すでに葬儀社に依頼するのが普通で、そのまま葬式もお願いすることになります。


そして亡くなったことによる悲しみや何やらで慌しくなっているため、葬儀にかかる費用など
は落ち着いて考えることができず、つい葬儀社の提案するプランに従って葬式を出すことに
なり、結果として200万円以上の葬式になるのが普通です。


しかし、あらかじめ「市民葬」や「区民葬」など役所に依頼する葬儀の知識があれば、それを
選択することもできるわけです。


葬儀の費用は民間の業者に依頼する場合に比べ、もちろん安く、番組で紹介した例では、
ある程度整った形式でも100万円以内で済むということでした。


ただし葬式の基本は自宅葬になります。


この「市民葬」は、役所に死亡届を提出する際に申し込むことになるそうです。


役所に申し込むのですが、実際に葬儀を行うのは役所が指定する葬儀会社になります。


私も「市民葬」というものがあるのは知っていましたが、それは経済的理由で葬式を
出すことができない人のために、役所が最低限の弔いを代行する、というようなものでした
が、今日の「がっちりアカデミー」によると、役所が斡旋する”シンプルな葬儀”という
ような感覚のものでした。


「市民葬」で100万円というのは様々なオプションがついた場合で、民間の「家族葬」より
も高めの費用ですから、おそらく50万円以下のプランもあるはずです。


もし、「市民葬」や「区民葬」が本当に誰でも申し込めるのなら、自宅葬儀でもよいという
場合は断然利用した方がいいですね。お香典で費用すべてが賄えるかも知れませんし。


TV番組 | Page Top↑


↑FC2のランキングに参加中!記事が面白かったとお感じでしたら、応援の”クリック!”をお願いいたしますm(_ _)m


* 当ブログ以外の提携ブログ記事も含みます
● 「ためしてガッテン」、足がつる”こむら返り”に隠れた危険な病気

● アルツハイマー型認知症の改善が期待できる食材、発見される!

● ヒルナンデス、「話題業務用スーパー / プロマート」特集

● 噂の!東京マガジン、ドライカレー(トマト風味)のレシピ

● 「ためしてガッテン」、きのこパワー13倍アップ激うま健康技

● 「王様のブランチ」道の駅、関越方面ドライブデート

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。