厚労省が癌の代替療法を検証&臨床試験

ここでは、「厚労省が癌の代替療法を検証&臨床試験」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Page Top↑
「<補完代替医療>厚労省が検証 臨床試験検討も」
毎日新聞 9月22日(水)15時1分配信
 がん患者の半数近くが、通常の医療とは別に健康食品や気功などの補完代替医療を利用する
中、これらの有効性や安全性を個別に検証しようと、厚生労働省研究班が有効事例の収集を始
めた。全国の医師に情報提供を呼びかけており、データが十分に集まった段階で薬などと同等
の臨床試験に移ることも検討する。
 05年に公表された研究班の調査によると、何らかの補完代替医療を利用しているがん患者
は44.6%に上り、平均で月5万円以上をかけていた。そのほとんどがキノコ類などの健康
食品で、他に気功や鍼灸(しんきゅう)などが挙がった。一方、これらの有効性を科学的に検
証した研究はほとんどないのが実情だ。
 研究班は、補完代替医療単独でがんが消失したり小さくなったりしたケースや、痛みなどの
症状が緩和されたケースを対象に、がんの種類や進行度、使った代替医療などをデータベース
化する。専門家の分析で効果がありそうだと判断された場合、臨床試験を行うかどうかを検討
する。
 補完代替医療の有効事例を集めて検証する作業は、米国立がん研究所でも進められていると
いう。
 研究班の大野智・埼玉医科大講師は「有効かどうか、安全かどうかもよく分からないまま患
者さんが利用し、データがないので医師側も勧められないし、やめろとも言えないのが現状だ。
科学的にしっかりした根拠となるデータを蓄積したい」と話す。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100922-00000049-mai-soci
(ヤフーニュースより引用)


癌の医学的な治療法が日進月歩で進歩している現在なのに、癌の補完的な代替療法を厚労省
が検証しようとするのは、いささかタイミングを外しているような感がある。


それだけ、まだまだ医学の癌の治療成績に厚労省も満足していないということだろうか。


私は鍼灸師免許を持っているが、鍼灸で癌が治るとは思えず、もっぱら痛みの緩和や抗がん剤の
副作用緩和、体全体の免疫力強化などに利用されている
のだろう。


癌と東洋医学という観点からはむしろ漢方薬の方が、治癒的効果が期待できる気がする。


他には、高濃度ビタミンCなども癌には効果があるのではないだろうか。


どんな代替療法や民間療法を検討するにせよ、先入観を持つことなく、癌患者に恩恵がありそうな
ものは積極的に調べて欲しいものだ。


医学 | Page Top↑


↑FC2のランキングに参加中!記事が面白かったとお感じでしたら、応援の”クリック!”をお願いいたしますm(_ _)m


* 当ブログ以外の提携ブログ記事も含みます
● 「ためしてガッテン」、足がつる”こむら返り”に隠れた危険な病気

● アルツハイマー型認知症の改善が期待できる食材、発見される!

● ヒルナンデス、「話題業務用スーパー / プロマート」特集

● 噂の!東京マガジン、ドライカレー(トマト風味)のレシピ

● 「ためしてガッテン」、きのこパワー13倍アップ激うま健康技

● 「王様のブランチ」道の駅、関越方面ドライブデート

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。