トヨタが軽自動車にも本格進出

ここでは、「トヨタが軽自動車にも本格進出」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Page Top↑
<トヨタ自動車の軽自動車参入 販売力で下位メーカー駆逐?>
トヨタ自動車の軽自動車参入は市場に強烈なインパクトを与えることになりそうだ。トヨタはこ
れまで排気量660CC以上の登録車にラインアップを限り、グループのダイハツ工業とすみ分けて
きた。しかし、新車市場の3台に1台以上が軽自動車となり、今後も経済情勢からますます支持が
高まりそうな状況にあってディーラーと客の要望が強く、ついにダイハツからOEM(相手先ブ
ランドによる生産)供給を受けて「トヨタバッジの軽」を売り出すことになった。
豊田章男社長は2009年6月の就任会見で「国内は軽自動車、中古車を含めた年1200万台の市場
でビジネスを考えていく」と表明、軽進出へ調整を進めていた。
年6万台の販売を見込む
「トヨタの参入は脅威だ」。スズキディーラーはトヨタの軽参入に強い警戒感を示す。トヨ
タは2003年以降、ダイハツとの協力関係でダイハツの軽を販売してきた。ただし、これはトヨタ
ディーラーがダイハツディーラーを通じて車を仕入れる「業販」形式で、ショールームへの車
やカタログ展示もなく販売は年3万台にとどまっていた。
今回、メーカー同士が提携したことにより、トヨタディーラーはトヨタから車を仕入れる正
常な形になり、営業活動もカローラやヴィッツと同じように行う。トヨタは3車種が揃った時点
で年6万台の販売を見込む。
圧倒的な販売力を持つ巨人トヨタが軽市場に乗り込む影響は測り知れない。軽市場は168万
8千台(2009年)のうちダイハツのシェアが34・8%、スズキが32・7%と7割近くを2社が占め、
3位ホンダ(9・6%)以下とは大きな開きがある。すべての乗用車メーカーが軽自動車を持つこ
とで淘汰の波が押し寄せるのは間違いない。 ~以下省略~
http://www.excite.co.jp/News/economy_g/20101004/JCast_77183.html
(エキサイトニュースより引用)


いよいよトヨタ自動車が軽自動車の販売にも本腰を入れ始める。


政府のエコ減税が終了して、自動車の販売数は早速減少しているというから、自動車メーカー
各社はこれからが競争の正念場となる。


しかし、トヨタは軽自動車にまで目くじら立てて販売攻勢をかけるのは、いささかエゲツナイ
と思う。


すでに巨額の内部留保などもあり、他メーカーとは財務力が桁違いに強いハズ。


何でもかんでも勝ちまくればよいというものではない。


商道徳を踏み外さず、トップ企業は自動車業界全体のバランスも考えて経営判断すべきだろう。


社会・経済 | Page Top↑


↑FC2のランキングに参加中!記事が面白かったとお感じでしたら、応援の”クリック!”をお願いいたしますm(_ _)m


* 当ブログ以外の提携ブログ記事も含みます
● 「ためしてガッテン」、足がつる”こむら返り”に隠れた危険な病気

● アルツハイマー型認知症の改善が期待できる食材、発見される!

● ヒルナンデス、「話題業務用スーパー / プロマート」特集

● 噂の!東京マガジン、ドライカレー(トマト風味)のレシピ

● 「ためしてガッテン」、きのこパワー13倍アップ激うま健康技

● 「王様のブランチ」道の駅、関越方面ドライブデート

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。