葬儀の新たな簡素な方法「骨葬」

ここでは、「葬儀の新たな簡素な方法「骨葬」」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Page Top↑
不況や価値観の多様化で、葬儀の方法も多様化し、簡素にお金をかけない葬儀をする人が
増えている



最近では「家族葬」というものが話題になり、故人の家族のみを中心に行う簡素化された葬儀
なので葬儀自体の費用も抑えられ、これからの主流になるかとも思われた。


しかし、家族葬も参列者が少ないという点以外は、ほとんど従来の葬儀と似た形式なので、
費用も100万円近くかかる場合もあるらしい。


ところがさらに簡素化された葬儀の方法があった。


それは「骨葬」という。


火葬後に通常の別れの儀式(通夜や告別式など)を行うことなく、お寺へお骨を持って行き、
そこでお経を上げてもらい別れの儀式に代えるという方法のこと。


その後は納骨して、永代供養をしてもらうと、全部で30万円もかからないで終わる。
(葬儀社とお寺への支払い代金)


NPO法人で、この「骨葬」を世話しているところもあるようだ。


「骨葬」の後は自分の菩提寺の墓地へ納骨して通常の供養を行う場合もあるかもしれない。


100年に一度の不況を経験し、節約ムードが生活全般に行き渡り、さらにデフレで物価の下
落が当たり前になると、葬儀のようなお金のことを言うのはタブーだった領域まで、価格破壊
の余波が及ぶようになった。


経済の変化は意識までも変えてしまうということか。


かつて流行った「千の風になって」という歌が、死後の魂は自由になり、お墓なんかにはいない
という新たな価値観を示してくれたのも、この新たな葬儀の風潮の後押しをしているかも
しれない。


私もいつかは弔いを出してもらうことになるが、その際はやはり派手な形式的葬儀より
魂になってから束縛されることのない簡素な方法を望むだろう。



↓↓
参考:派手な葬式不要、「直葬」「家族葬」が主流に

社会・経済 | Page Top↑


↑FC2のランキングに参加中!記事が面白かったとお感じでしたら、応援の”クリック!”をお願いいたしますm(_ _)m


* 当ブログ以外の提携ブログ記事も含みます
● 「ためしてガッテン」、足がつる”こむら返り”に隠れた危険な病気

● アルツハイマー型認知症の改善が期待できる食材、発見される!

● ヒルナンデス、「話題業務用スーパー / プロマート」特集

● 噂の!東京マガジン、ドライカレー(トマト風味)のレシピ

● 「ためしてガッテン」、きのこパワー13倍アップ激うま健康技

● 「王様のブランチ」道の駅、関越方面ドライブデート

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。