自分の名前を変えるには?

ここでは、「自分の名前を変えるには?」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Page Top↑
<名前を変えられるのはどんなとき?>
10月20日 00時31分
 名前を変えることは原則としてできません。ただし特殊な事情のある人に限っては、家庭裁
判所に名前の変更の申し立てをすることができ、許可されれば改名できます。
■改名と作名の違い
 世間では「名前を変えた」という話がよくありますが、これにはかなり誤解も広まっていま
す。名前を変えたという話のほとんどは、改名ではなく作名なのです。改名と作名はよく間違
えられますが、まるっきり違うものです。
 改名というのは、戸籍の名前が変わることです。ですから戸籍が変わらないかぎり名前は変
わりません。私たちが主観的に「変えた」と思っただけでは、名前は変わらないのです。改名
をするには、正当な理由をそえて裁判所の許可をとり、戸籍を書き変えなければなりませんが、
私たちのほとんどは正当な理由がありませんので、改名はできないということになります。
 作名とは、戸籍と違う名前を作って使うことです。これは芸人、芸能人、作家、芸術家など、
作品発表をするような立場の人には法的に認められています。その他の人が戸籍以外の名前を
勝手に作って使うことは、厳密には法律違反になりますが、罰則もないので実際は野放しに
なってはいます。
~途中省略~

正当事由とは何か、ということについては、1948(昭和23)年に最高裁判所から甲三七号という
回答が出されていますが、次のような場合です。

1. 営業目的による襲名(名前入りの屋号を継ぐような場合)
2. 同姓同名の人が近くにいて大混乱している場合
3. 神官、僧侶になったり、またはやめたりするとき
4. 珍奇な名。難解な文字の名
5. 帰化した場合
~以下省略~

http://news.ameba.jp/allabout-pc/2010/10/85556.html
(アメーバニュースより)


姓名判断や名前占いなどにより、運勢をよくしたいからと自分の名前を変えたいという人は
案外多いようですね。


しかし、上の記事にあるように、非常に限定的な場合以外は認められません。安易に改名を
認めると社会的な混乱が起きたり、犯罪に利用されたりするからです。


これは本当のことなのですが、私は実は22歳の時、名前を変えました。


苗字ではなく、名の方です。


もちろん、正当な手続きにより家庭裁判所に申し立て、戸籍上の名を変えたのです。


理由は上の「4」の読みづらい名だから、という理由です。弁護士に依頼し、すんなり認めら
れました。


改名の際は運勢も良くなるようにと、某神社の姓名判断により名を決めていただきましたが、
結果的にその効果はなかったと思っています。


ですから、姓名判断などで名前を変えるとかは無駄な混乱を生むだけで意味がないと思います。


それに改名の際は、多くの人に通知のハガキなど出したり、説明したりと結構手間です。
私の場合は大学生の時だったので、学校への手続きもあり大変でした。


どうしても改名したいという場合は、通称として新たな名前を使う方法もあります。


名刺などにもその名前を使い、社会的に認知されるようになれば、名前との同一性が生まれ、
姓名判断の改名の効果も生まれるでしょう。


しかし、役所での手続きの際は戸籍上の名前を使わざるを得ないでしょうね。


その他 | Page Top↑


↑FC2のランキングに参加中!記事が面白かったとお感じでしたら、応援の”クリック!”をお願いいたしますm(_ _)m


* 当ブログ以外の提携ブログ記事も含みます
● 「ためしてガッテン」、足がつる”こむら返り”に隠れた危険な病気

● アルツハイマー型認知症の改善が期待できる食材、発見される!

● ヒルナンデス、「話題業務用スーパー / プロマート」特集

● 噂の!東京マガジン、ドライカレー(トマト風味)のレシピ

● 「ためしてガッテン」、きのこパワー13倍アップ激うま健康技

● 「王様のブランチ」道の駅、関越方面ドライブデート

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。