日テレ「世界一受けたい授業」、急増危険なかゆみ・冬の肌守れ

ここでは、「日テレ「世界一受けたい授業」、急増危険なかゆみ・冬の肌守れ」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Page Top↑
今日13日の日テレ「世界一受けたい授業」の中で、”急増危険なかゆみ・冬の肌守れ”という
特集がありました。


最近は、大気汚染、ペット、化学繊維、ストレスなど生活を取り巻く様々な原因により「かゆみ
が増えてきているそうです。3歳の子供の8%がアトピーに罹っているというデータもある
とか。


アトピーは大人になってからでも突然発症することがあります。アトピーになったら、放置
しないで早めに治療を始めることが肝心です。長く放置すると、炎症の影響で皮膚に黒い色素沈着
が起こってしまいます。


アトピーは様々な刺激で悪化しますが、静電気も悪いので、ウールの服などは注意が必要です。



冬のかゆみとしてまず取り上げたのは、『主婦湿疹』。


洗い物や洗濯などの家事で、指先などに湿疹ができるものです。一番多い原因は洗い物だと
思われますが、手を少しでも保護するために、「つけおき洗い」をして手がお湯や洗剤に触れる
時間を少なくする工夫がよいそうです。また洗い物の後はクリームで保護しておくことです。


次に、『おしゃれ湿疹』。

髪の毛やネックレスなどが刺激となって、首などにかゆみがでる症状です。

毛染めやネックレスの金属に粗悪なものがあると、汗がそれらと触れて刺激となってアレルギ
ーとなります。

おしゃれに使うものは吟味して選ぶ方がよいようです。



そして、『乾燥によるかゆみ』。

これが冬には最も多いかゆみでしょう。今回はこれといった新しいかゆみ対策法などは
ありませんでした。

乾燥によるかゆみを防ぐには、風呂上りにすぐに保湿クリームを塗るのが効果的だという
ことです。
その際、腕と膝から下がもっとも乾燥しやすい部位なので、そこは重点的に塗り、顔や胸は脂質
が多い部分なので、少なめにするのがコツだそうです。



内蔵型のかゆみ』というものもあります。

かゆみ止めを使っても1ヶ月以上全身にかゆみが続く場合は、肝臓、心臓、糖尿病、ガンなど
の原因もありうるので、一度病院で診察を受けるように、とのことでした。



以上、冬のかゆみ対策の授業でしたが、今回は目新しいノウハウなどはなく、内容はイマイチ
でしたね。


またの機会を期待しましょう。

TV番組 | Page Top↑


↑FC2のランキングに参加中!記事が面白かったとお感じでしたら、応援の”クリック!”をお願いいたしますm(_ _)m


* 当ブログ以外の提携ブログ記事も含みます
● 「ためしてガッテン」、足がつる”こむら返り”に隠れた危険な病気

● アルツハイマー型認知症の改善が期待できる食材、発見される!

● ヒルナンデス、「話題業務用スーパー / プロマート」特集

● 噂の!東京マガジン、ドライカレー(トマト風味)のレシピ

● 「ためしてガッテン」、きのこパワー13倍アップ激うま健康技

● 「王様のブランチ」道の駅、関越方面ドライブデート

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。