あがり症を治す方法の本

ここでは、「あがり症を治す方法の本」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Page Top↑
あがり症で悩んでいる人は多いと思いますが、あがり症を治す方法の本を見つけましたので、
ご紹介します。


”あがり症”、実は私も子供の頃から神経質で緊張しやすく、あがり症で相当悩んできたくち
です。


すでに小学5,6年の頃から、ハッキリと自分は緊張しやすいタイプだと認識していました。


中学生の頃には人前で何かをしなければならない時は、前の日から憂鬱でしたし、人前では
赤面症になりました。


あがり症を治すよい方法があると聞けば、結構片っ端から試しましたが、あまり効果を実感
できたことはありませんでした。


それでも、中学校の文化祭では合唱コンクールの指揮者をやらされたり、大学の文化祭でも
模擬裁判の被告人役をやったりと、人前にでる機会はあり、その都度克服はしてきました。


そして30歳くらいになって、どういうわけか人前に出ても赤面はしなくなりました。
理由はわかりません。緊張はするのですが、何故か顔は火照らなくなりました。


人は一定の年齢になると、図々しくなるというか、神経が太くなるのかもしれません。


私の場合はともかく、あがり症を治す方法を求めている人にはこの本の一読をおすすめします


何故なら、この本の著者は自らも長年のあがり症の経験があり、それを克服した人で、その
克服のメカニズムをキチンと説明してくれているかもしれないからです。



【内容情報】(「BOOK」データベースより)
17年間、人前に立つ機会から逃げ続けた著者が あがりを克服した方法とは─極度のあがり症
を克服した著者が教える、人前で話すときオドオド・ビクビクしないコツ。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 人知れず悩んでいませんか?─「あがり」はけっして特別でも異常でもない/第2章
「治らない」とあきらめていませんか?─意外と知られていない「あがり」のメカニズム/第3
章 まずは「こころ」をリセットしよう─自分の「考えグセ」を確かめるレッスン/第4章
「自分」をまるごと認めてしまおう─素顔も地声もそのまま受けとめるレッスン/第5章 あ
がりにくい「カラダ」を手に入れよう─肺と腹、口と舌を鍛えるフィジカル・トレーニング/
第6章 即効!「あがり」直前対策─アウェーをホームに変えるひと工夫

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
鳥谷朝代(トリタニアサヨ)
「あがり症・話しベタさんのためのスピーチ塾」主宰。NHK文化センター話し方講師。19
90年名古屋市役所に入庁後、市長秘書、市教育委員会主事などを歴任。中学の国語の本読み
で発症以来17年間悩んでいたあがり症を、市職員時代に通った話し方教室で克服。市役所を
退職後、「あがり症・話しベタさんのためのスピーチ塾」を開講(本データはこの書籍が刊行
された当時に掲載されていたものです)
書評 | Page Top↑


↑FC2のランキングに参加中!記事が面白かったとお感じでしたら、応援の”クリック!”をお願いいたしますm(_ _)m


* 当ブログ以外の提携ブログ記事も含みます
● 「ためしてガッテン」、足がつる”こむら返り”に隠れた危険な病気

● アルツハイマー型認知症の改善が期待できる食材、発見される!

● ヒルナンデス、「話題業務用スーパー / プロマート」特集

● 噂の!東京マガジン、ドライカレー(トマト風味)のレシピ

● 「ためしてガッテン」、きのこパワー13倍アップ激うま健康技

● 「王様のブランチ」道の駅、関越方面ドライブデート

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。