ついにトヨタ「ヴィッツ」がモデルチェンジ!燃費はクラス最高

ここでは、「ついにトヨタ「ヴィッツ」がモデルチェンジ!燃費はクラス最高」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Page Top↑
トヨタ新型ヴィッツ、燃費は26・5キロ マーチを抜いてクラス最高
産経新聞 12月22日(水)15時42分配信
新型「ヴィッツ」を前に概要説明する豊田章男・トヨタ社長(左)=22日午後、横浜市
(矢島康弘撮影)(写真:産経新聞)

 トヨタ自動車は22日、主力の小型車「ヴィッツ」をフルモデルチェンジし、全国発売した。デザインを刷新したヴィッツは、燃費は最高でガソリン1リットル当たり26.5キロと、ハイブリッド車(HV)を除く登録車でトップを達成。トヨタは大手各社が主戦場と位置づける小型車で、低迷する国内販売の底上げを図りたい考えだ。
ヴィッツは国内で140万台以上を売り上げ、世界累計販売台数も350万台を突破するトヨ
タの基幹モデル。フルモデルチェンジは5年ぶりで、1999年の初代発売以来、3代目とな
る。
 新型ヴィッツは「軽快さと上質感」をコンセプトにスタイルを一新。ゆとりある室内空間を確
保したほか、荷室の奥行きも拡大。ハンドルの取り回しなども向上させて、小型車に幅広い使
い勝手を求める消費者ニーズに応えた。
 従来の購入者は女性が5割を超えていたが、ターゲットを上級車種からの乗り換えを考える
中高年の男性まで拡大する狙いだ。価格は106万~179万円で、月1万台の販売を目指す。
~以下省略~

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101222-00000567-san-bus_all
(ヤフーニュースより一部引用)


いよいよ「ヴィッツ」がモデルチェンジした。


顔つきが精悍になったのは、上の記事にあるように男性も購入者層に取り込もうとする意図
だからだろう。


確かに男性から見ると、先代より引き締まっていい感じがする。


何より燃費の良さは秀逸だと思う。車自体の使い勝手も向上しているらしいので、狙いどおり
男性の購入もふえるだろう。


そして、さらに注目は来年後半発売と噂されるヴィッツをベースにしたハイブリッド車


こちらはリッター44キロ走るらしい。カタログ数値ということを考えても30キロ台半ば
以上は走ると期待できそう。


価格も150万円くらいというから、楽しみだ。



ところで、かつてのトヨタの売れ筋NO.1だったカローラ。


最近めっきり影が薄いが、カローラにHVなど積んだらイケルんじゃないだろか?


ミスマッチかな?


趣味 | Page Top↑


↑FC2のランキングに参加中!記事が面白かったとお感じでしたら、応援の”クリック!”をお願いいたしますm(_ _)m


* 当ブログ以外の提携ブログ記事も含みます
● 「ためしてガッテン」、足がつる”こむら返り”に隠れた危険な病気

● アルツハイマー型認知症の改善が期待できる食材、発見される!

● ヒルナンデス、「話題業務用スーパー / プロマート」特集

● 噂の!東京マガジン、ドライカレー(トマト風味)のレシピ

● 「ためしてガッテン」、きのこパワー13倍アップ激うま健康技

● 「王様のブランチ」道の駅、関越方面ドライブデート

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。