レクサスから最も安い価格のハイブリッド車「CT200h」発売

ここでは、「レクサスから最も安い価格のハイブリッド車「CT200h」発売」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Page Top↑
<トヨタ、一番小さいレクサス発売>
2011年1月12日(水)16時45分配信 共同通信 
 トヨタ自動車が発売した「レクサス」で最も小型となる「CT200h」
 トヨタ自動車は12日、高級車ブランド「レクサス」で最も小型となる新型車「CT20
0h」を全国で発売した。ハイブリッド専用車で最低価格は355万円
とレクサス車の中で
最も安い。月間1500台を販売してレクサス車の主力車種に育て、BMWなど欧州メーカ
ーが強い高級小型車市場で存在感を高める。全長4・3m、5ドアのハッチバックタイプ。
ガソリン1リットル当たり34キロの低燃費を実現した。

http://news.nifty.com/cs/economy/economyalldetail/kyodo-2011011201000549/1.htm
(ニフティニュースより引用)


トヨタの高級車ブランド「レクサス」から、同ブランドでは最安価格になるハイブリッド車
が発売となった。


その名前は『CT200h』。



『CT200h』の最低価格は355万円だから、ハイブリッド車としてはまあまあの
価格設定だと思う。


この車のニュースは昨日テレビで見たが、さすが「レクサス」ブランドだけあって内部の
高級感はかなりのものだった。


あのクオリティなら、トヨタの「プリウス」や「サイ」などのハイブリッド車よりも『CT200h』
を選んだ方が断然お買い得ではないか
、と思った。


運転席周りなど、BMWの上位クラスのものと遜色ない感じがした。


トヨタの「サイ」などは価格は338万円からだから、ほぼ同じ価格帯。
だったら、レクサスブランドの方がいいですよね。


ただ、5ドアのハッチバックという日本では好まれないスタイリングなのが難点


ヨーロッパなどでの販売を予定してのものだろうが、日本でこのタイプでヒットした
車は無いハズ。


不恰好な「サイ」が338万円なんだから、もっとスタイルのよい4ドアセダンにして
おけば絶対売れると思う。


ちょっと残念。


趣味 | Page Top↑


↑FC2のランキングに参加中!記事が面白かったとお感じでしたら、応援の”クリック!”をお願いいたしますm(_ _)m


* 当ブログ以外の提携ブログ記事も含みます
● 「ためしてガッテン」、足がつる”こむら返り”に隠れた危険な病気

● アルツハイマー型認知症の改善が期待できる食材、発見される!

● ヒルナンデス、「話題業務用スーパー / プロマート」特集

● 噂の!東京マガジン、ドライカレー(トマト風味)のレシピ

● 「ためしてガッテン」、きのこパワー13倍アップ激うま健康技

● 「王様のブランチ」道の駅、関越方面ドライブデート

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。