芥川賞の異色の受賞者西村賢太氏、逮捕歴あるフリーター

ここでは、「芥川賞の異色の受賞者西村賢太氏、逮捕歴あるフリーター」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Page Top↑
<中卒フリーターと親子3代文学者 芥川賞の2人は対照的>
スポーツ報知 1月18日(火)8時1分配信
 第144回芥川、直木賞(日本文学振興会主催)の選考会が17日、東京・築地の料亭
「新喜楽」で開かれ、芥川賞は朝吹真理子さん(26)の「きことわ」と西村賢太さん
(43)の「苦役列車」
、直木賞は木内昇さん(43)の「漂砂(ひょうさ)のうたう」と
道尾秀介さん(35)の「月と蟹」に決まった。芥川賞を受賞した西村さんは中学卒業後、
フリーターなどをしながら執筆。親子2代で逮捕歴を持つという異色の新人
だ。両賞そろっ
て2人の受賞者が出たのは2004年以来7年ぶり。

 芥川賞は、「美女と野獣」の同時受賞となった。中学卒業後に家庭を飛び出し、肉体労
働、貧困生活、暴行傷害での逮捕歴…。自らの経験をベースに壮絶な私小説だけを書いて
きた西村さんは、自宅で受賞の知らせを聞いたという。会見場では「そろそろ風俗に行こ
うかな、と思ったところで(受賞を)聞いた。行かなくてよかったです」と爆笑を誘った。
 受賞作「苦役列車」の主人公は19歳の少年。中学卒業後に家庭を出て、日雇い労働をし
ながら貧困生活を送る。無為な日々は友人が出来て変わるが、人間関係でトラブルを起こし
てしまう…。描いた社会の底辺は、自身の体験に基づいている。「8割は自分に起こった出
来事。バカの一つ覚えみたいに自分のことしか書けないんです」
 11歳の時、運送業を営んでいた父が事件を起こし逮捕された。自身も2度逮捕された経
験がある。親子2代の破天荒な生き方は、まだ小説化していない部分もある。「父がまだ
生きてるんですよ。死ねば自分の生い立ちも書けるんですが。小説を書くために和解する
ことはありません」と話した。
~以下省略~

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110118-00000048-sph-soci
(ヤフーニュースより引用)


私は純文学には興味がなく、これまで芥川賞、直木賞がどんな賞なのかもあまりよく知らな
かったが、今日の日テレ「ミヤネ屋」で、今年の芥川賞の受賞者が変わっているというのを
見て興味を持った。


43才でフリーターらしい西村賢太さんは、中卒で一度も定職(会社員)に付いたことが
ないそうで、いわばニートというか通常の社会人の路線からは完全に外れた人生を歩んで
きた人のようだ。


父親が過去に逮捕されたことがあるとテレビでは聞いたが、本人も犯罪歴があるとは知ら
なかった。


テレビで会見の様子を見たが、小太りでやや不精な感じの人だが、人格的な統一感というか
まとまりのある人だという印象がある。


西村賢太さんは過去何度も芥川賞の候補になっているそうで、長年の文学的な熟成がやっと
開花したんだと思った。


こういう暗い世界からいきなり脚光を浴びる世界へ躍り出た人を見るのは何となく愉快
で、夢の実現を果たす舞台が社会に用意されていることに温かい気持ちにもなる。


「自分のことしか書けない」という西村さんだが、これを機にいろいろな分野で見聞を
広め、小説家として大成していって欲しいものだ。


今月の末ころには、芥川賞の作品は出版され、受賞作品が読めるようになるらしい。



芸能・スポーツ | Page Top↑


↑FC2のランキングに参加中!記事が面白かったとお感じでしたら、応援の”クリック!”をお願いいたしますm(_ _)m


* 当ブログ以外の提携ブログ記事も含みます
● 「ためしてガッテン」、足がつる”こむら返り”に隠れた危険な病気

● アルツハイマー型認知症の改善が期待できる食材、発見される!

● ヒルナンデス、「話題業務用スーパー / プロマート」特集

● 噂の!東京マガジン、ドライカレー(トマト風味)のレシピ

● 「ためしてガッテン」、きのこパワー13倍アップ激うま健康技

● 「王様のブランチ」道の駅、関越方面ドライブデート

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。