日テレ「世界一受けたい授業」、花粉症予防最新版

ここでは、「日テレ「世界一受けたい授業」、花粉症予防最新版」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Page Top↑
今日22日の日テレ「世界一受けたい授業」の中で、”鼻アレルギー警報2011”として『花粉症予防最新版』という特集がありました。


去年の10倍の花粉が飛散するとも言われている今年の春先、これまで花粉症でなかった
人も発症する危険があります。


担当の講師は、東京厚生年金病院の石井正則医師です。


スタジオのゲストの中にも花粉症の人は多く、そろそろ症状が出始めている人もいました。


その中で杉浦太陽さんは、かつては花粉症だったが現在は治っているそうです。
しかし、石井医師によると、治るということはほとんどなく、昨年までは花粉の量が少なかった
ので発症しなかったにすぎないのでは、ということでした。


しかし、私も20代初めの頃は花粉症でしたが、何年か後には花粉症はなくなり、以来
50歳を過ぎた現在まで花粉症はありません。


ですから、花粉症は治ることもある病気だと思います。



さて、番組で紹介した花粉症予防法は、

・髪の毛は結った方が花粉が付きにくい

・服の素材はデニムが最も花粉を落としやすく(帰宅した際にはたいた時など)、フリース
は最も落としにくい。デニムは90%落ちるがフリースは70%以上残る。

・鼻をかむときは高級なティッシュだと、ただれにくい。しっとりタイプのソフトティッシュ
がよい。1箱1,050円の「羽衣」(たぶんクリネックス製)という4枚重ねの超高級な
ティッシュもあります。



いったん鼻が詰まってしまった場合は、「鼻うがい器」というもので鼻洗浄をする
スッキリします。ゲストの若い女性が試したら、本当にスッキリしたと驚いていました。


鼻うがい器」にはいろいろなタイプがあるようですが、番組に登場したのは太い注射器のような形をしていました。


水道水に付属の塩を入れ(たぶん生理的食塩水のようにする)、「あ~」と声を出しながら
注射器で片方の鼻の穴の中へ水をいれると、反対側から勢いよく水が出てきました。


洗面器などに水を張って、鼻から水を吸うやり方は、中耳炎などを起こす危険があるので、
必ず専用の器具を使うようにと石井医師は注意しました。



交感神経を刺激して鼻づまりを解消する方法として、詰まっている反対側の脇の下を強めに
圧迫する方法があります。


今回は詰まっている反対側の腕を前に伸ばし、他の人に後ろからその脇に握りこぶしを入れ
てもらい、腕を引いてぎゅっと圧迫する方法を試してみました。


それでもゲスト達のほとんどの人が、確かにスッキリすると言っていました。


今回の花粉症予防対策は以上で、特に特効的なワザとかはありませんでしたが、「鼻うがい
器」はちょっと勇気がいるものの、効きそうでしたよ。



TV番組 | Page Top↑


↑FC2のランキングに参加中!記事が面白かったとお感じでしたら、応援の”クリック!”をお願いいたしますm(_ _)m


* 当ブログ以外の提携ブログ記事も含みます
● 「ためしてガッテン」、足がつる”こむら返り”に隠れた危険な病気

● アルツハイマー型認知症の改善が期待できる食材、発見される!

● ヒルナンデス、「話題業務用スーパー / プロマート」特集

● 噂の!東京マガジン、ドライカレー(トマト風味)のレシピ

● 「ためしてガッテン」、きのこパワー13倍アップ激うま健康技

● 「王様のブランチ」道の駅、関越方面ドライブデート

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。