横綱・大関も八百長相撲をやっていたのか?

ここでは、「横綱・大関も八百長相撲をやっていたのか?」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Page Top↑
<【ワイドショー通信簿】八百長相場「幕下3~5万円、十両20万円、横綱・大関50~100万円」>
2011年02月04日15時03分
提供:J-CASTテレビウォッチ.とくダネ!

八百長は20年以上も前からあった。横綱から三段目までみんなやっていた
こう証言するのは十数年前まで現役だった元力士。「とくダネ!」は2人の元力士を取材
、八百長の実態を明かす生々しい証言を伝えた。
日本相撲協会の存続が危ぶまれるなか、「過去には一切八百長はなかった」(放駒理事長)
と、たまたま昨年だけ不心得者がやったということにしたいようだが、納得する国民、相撲
ファンはいないだろう。
ガチンコ力士の方が少数派
10数年前まで現役だった元力士Aはこう話す。
また、元力士Aはグループぐるみの八百長似も触れた。
「23年前、まだ幕下だったころ、対戦相手の部屋の新弟子が支度部屋に八百長を持ちかけて
きた。『今日どうですか?』みたいに。それで、『じゃあ相撲はこうやっていきますよ』っ
て。
そのころは携帯電話がなかったので、支度部屋に来て話をする。もう、しょっちゅうだ
った。(八百長は)横綱、大関から十両、幕下、三段目まで全部あった。
十両の時で20万円ぐらいだったかな。横綱、大関になると50万円とか100万円とか。横綱
なら対戦相手に負けてくれと言うのよ」

~以下省略~

http://news.livedoor.com/article/detail/5319690/
(ライブドアニュースより引用)


大相撲の八百長疑惑が連日テレビや新聞を賑わせているが、とうとう横綱、大関クラスの
八百長疑惑
まで話題になり始めている。


放駒理事長の「今回初めて」という発言も、「実は昔からあった」というのを裏読みさせる
ようなわざとらしさを感じさせる。


おそらくは20年、30年前からというより、遥か江戸時代とかの古くからの因習だった
のではないかとも思える。


過去の横綱や大関クラスの元力士からの爆弾証言も今後はあるかもしれない。



相撲は国技なのだから、いっそ文科省直轄の国営団体にしてしまった方がいいんじゃない
だろうか?


力士は皆国家公務員にして、十両以下にもちゃんと給料を払い、生活の心配をなくす。


大相撲法を作って八百長には刑罰を持って処するとか。


社会・経済 | Page Top↑


↑FC2のランキングに参加中!記事が面白かったとお感じでしたら、応援の”クリック!”をお願いいたしますm(_ _)m


* 当ブログ以外の提携ブログ記事も含みます
● 「ためしてガッテン」、足がつる”こむら返り”に隠れた危険な病気

● アルツハイマー型認知症の改善が期待できる食材、発見される!

● ヒルナンデス、「話題業務用スーパー / プロマート」特集

● 噂の!東京マガジン、ドライカレー(トマト風味)のレシピ

● 「ためしてガッテン」、きのこパワー13倍アップ激うま健康技

● 「王様のブランチ」道の駅、関越方面ドライブデート

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。