TBS「がっちりアカデミー」、”老後にいくら必要か”続編。「せどり」も紹介

ここでは、「TBS「がっちりアカデミー」、”老後にいくら必要か”続編。「せどり」も紹介」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Page Top↑
今日2月4日のTBSテレビ「がっちりアカデミー」で、1月28日放送の”老後にいくら必要か”という特集の続きがありました。


要するに老後の暮らし方の特集です。先週は①地方で暮らす、②賃貸で暮らす、③施設で
暮らす、④海外で暮らす、の4つの老後の暮らし方を、その必要額を含めて紹介しましたが、
今回は最後の暮らし方です。


⑤持ち家で暮らす

持ち家で老後を暮らすのは最高の方法でしょうが、番組では自宅の資産価値を利用して
豊かに暮らす方法を提案しました。

それは『リバースモゲージ』という老後の生活資金調達法です。

自宅を担保に金融機関から借金をし、そのお金を生活資金に当てます。そして自分が死んだ
後は自宅を処分して返済に充てるという方法です。

住宅ローンの逆パターンということです。

年金があって、「リバースモゲージ」も利用できれば、相当豊かな生活ができるでしょう。

番組では、3,000万円を借りたご夫婦が登場しましたが、年に2~3回は海外旅行を
楽しんでいるということでした。

借りられる金額は土地建物の評価額の80%だということです。自宅の不動産を子供などに
残す予定のない人には検討する価値ありでしょう。



★働いて暮らす

住む場所に関係ない話題で、生き方として、定年後も働くこともアリだと提案していました。

76歳の女性で、マクドナルドでアルバイトをしている人が紹介されました。若い人と
同じ仕事をバリバリしていたので、感心しましたね。

マクドナルドでは、60歳以上の人が全国で4,000人も働いているそうです。

健康なら高齢でも働いて稼ぐことができる。まさに健康は財産ということでしょう。



そして、最後に面白い人を紹介していました。


群馬県に在住(私の地元)の吉本康永さん(62歳)。

ある方法で月に60~70万円稼いでいるというのですが、実はこの人、地元の予備校の
元英語の先生でした。

どうしてそんなこと知ってるかというと、

私、大学受験で浪人しているとき、予備校でこの吉本先生に英語を教わっていたんです!

今日、テレビで見てビックリしました。

ところで、月に60万円以上も稼いでいる方法ですが、それは『せどり』という方法です。

「ブックオフ」などの古本屋へ行って高く売れそうな本を探して仕入れ、インターネット
のアマゾンやヤフオクで売って儲ける方法です。いわば古物商
ですね。

せどり』は全国に実践者は沢山いると思いますが、月にこれだけ稼ぐ人は多くはないで
しょう。

さらに面白い(といっては失礼なのですが)ことに、この吉本さんは『せどり』で稼ぐよう
になった経緯を本にしています。

そこには驚くべき事情と、奇跡の人生大逆転の展開が書かれているハズです。

興味ある方は参考にどうぞ↓




「がっちりアカデミー」、前回の放送内容↓
TBS「がっちりアカデミー」、”老後にいくら必要なのかSP”


TV番組 | Page Top↑


↑FC2のランキングに参加中!記事が面白かったとお感じでしたら、応援の”クリック!”をお願いいたしますm(_ _)m


* 当ブログ以外の提携ブログ記事も含みます
● 「ためしてガッテン」、足がつる”こむら返り”に隠れた危険な病気

● アルツハイマー型認知症の改善が期待できる食材、発見される!

● ヒルナンデス、「話題業務用スーパー / プロマート」特集

● 噂の!東京マガジン、ドライカレー(トマト風味)のレシピ

● 「ためしてガッテン」、きのこパワー13倍アップ激うま健康技

● 「王様のブランチ」道の駅、関越方面ドライブデート

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。