NHK「ためしてガッテン」、30秒で認知症か物忘れか見分ける方法

ここでは、「NHK「ためしてガッテン」、30秒で認知症か物忘れか見分ける方法」 に関する記事を紹介しています。

3月9日のNHK「ためしてガッテン」は、”春の大反響SP”と題して、最近の放送分で
反響の大きかったテーマを掘り下げて、さらに深い内容を報告する企画でした。


そのテーマは、『認知症を早期発見 30秒で認知症か物忘れか見分ける方法』です。


認知症は現在では研究が進んで、進行を遅らせるよい薬も3種類に増えているそうです。
そこで、いかに早く認知症を発見するかが進行を食い止める重要なカギとなってきます。


しかし、認知症であるかどうか、年をとったことによる単なる物忘れか、を家庭で判断するの
は結構難しく、病院を受診するタイミングを失する場合もあります。


認知症の前の段階といえる「MCI(軽度認知障害)」を見極めることができれば、
早く治療を始められ、認知症への進行も大幅に遅らせられます




そこで、番組では群馬大学の山口教授が考案した「キツネ・ハト模倣テスト」という方法
を紹介しました。


認知症なのか、単なる物忘れなのか、簡単に区別する判別法です。


これは影絵の際に手でつくる動物の形で、「キツネ」は中指と薬指と親指をくっつけてキツネの
鼻を表し、人差し指と小指を立てて耳を表す形です。


「ハト」は胸の前で両手の平を自分に向け、親指同士をクロスさせてハトが羽ばたく様子
の形です。


どちらも誰でも簡単にできる手の形です。


これを認知症が疑われる家族の人に試すわけです。



「キツネ・ハト模倣テスト」のやり方は、

①向かい合って座る
②「私の手を見て同じ形を作ってください」と1回だけ言う。
③「キツネ」の形をつくり、10秒間見せる。
④「ハト」の形をつくり、10秒間見せる。

これだけです。


「キツネ」はほぼ簡単に真似できるようですが、「ハト」は認知症だと難しいようです。
番組では、手の平を相手に向けてしまう場合が多かったようですし、親指をクロスできない
場合もありました。


「ハト」の形を真似る場合は、”視点取得”という能力が必要で、手の平の向きがどうなって
いるかの認識力が必要になり、認知症の場合はこれに欠けるらしいです。
また、空間認識能力の点からも難しくなるようです。


このテストでは、年齢による物忘れの人ではほぼ正答率が100%なのに対し、「MCI(軽度
認知障害)」では42%に、軽度認知症では23%に落ちていました。


仮にこのテストで認知症が疑われても、本人には認知症だと軽率に告げないように注意する
ことが必要だということです。


◆参考記事
アルツハイマー型認知症の改善が期待できる食材、発見される!



TV番組 | Page Top↑


↑FC2のランキングに参加中!記事が面白かったとお感じでしたら、応援の”クリック!”をお願いいたしますm(_ _)m


* 当ブログ以外の提携ブログ記事も含みます
● 「ためしてガッテン」、足がつる”こむら返り”に隠れた危険な病気

● アルツハイマー型認知症の改善が期待できる食材、発見される!

● ヒルナンデス、「話題業務用スーパー / プロマート」特集

● 噂の!東京マガジン、ドライカレー(トマト風味)のレシピ

● 「ためしてガッテン」、きのこパワー13倍アップ激うま健康技

● 「王様のブランチ」道の駅、関越方面ドライブデート