福島原発4号炉に機動隊が放水出動

ここでは、「福島原発4号炉に機動隊が放水出動」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Page Top↑
地上放水へ 機動隊に出動指示>
3月16日 19時43分
火災が起きた福島第一原子力発電所の4号機を冷却するため、警察庁は、政府の対策本
部の要請を受けて、警察の強力な放水車を使って地上から放水する方針を固め、警視庁
の機動隊に出動を指示しました。
福島第一原子力発電所の4号機は、15日から16日にかけて相次いで火災が発生し、
核燃料を入れていた保管用のプールの温度が上がっていることが分かっています。この
状態が続けば、燃料が溶けたり水素が発生したりするおそれがあるため、東京電力は上
空からヘリコプターで建物の屋根の損傷した部分から中に水を入れることを検討してい
ましたが、損傷した部分とプールとの距離が数十メートル離れていることや、1度に運
べる水の量が少ないことから、ヘリコプターを使うことは断念したということです。

~以下省略~


http://www3.nhk.or.jp/news/html/20110316/k10014721551000.html
(ヤフー / NHKニュースより引用)


福島原発が依然として危うい状況にあるようだ。


原子炉内のトラブルが解決したのかどうか分からないうちに、今度は使用済み燃料の
冷却用プールでトラブルが発生した。


原子炉内での異常と同様に使用済み燃料棒が露出し、その温度が上がり続けていて、
放射能漏れの危険があるらしい。


建屋が吹き飛んでいるので、使用済み燃料が外界にむき出し同然になっており、放射能
が周りに散らばるのを防ぐ物がない状態にある。


こんな事はチェルノブイリ原発の事故の時でさえ、なかったことではないか?


原発事故に警察の機動隊が当たるという事態に、世界中の人々が冷や冷やしながら見守って
いるだろう。


アメリカは原子力の専門家チームを日本に派遣しているというが、その協力を政府は
受け入れたのか?


日本どころか世界の安全がかかっている緊急事態なのだから、面子も何もなく、「助けて
ください!」と早急に援助を求めるべきだ。



社会・経済 | Page Top↑


↑FC2のランキングに参加中!記事が面白かったとお感じでしたら、応援の”クリック!”をお願いいたしますm(_ _)m


* 当ブログ以外の提携ブログ記事も含みます
● 「ためしてガッテン」、足がつる”こむら返り”に隠れた危険な病気

● アルツハイマー型認知症の改善が期待できる食材、発見される!

● ヒルナンデス、「話題業務用スーパー / プロマート」特集

● 噂の!東京マガジン、ドライカレー(トマト風味)のレシピ

● 「ためしてガッテン」、きのこパワー13倍アップ激うま健康技

● 「王様のブランチ」道の駅、関越方面ドライブデート

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。