超エコ!水で動くデジタル時計。災害時にラジオも欲しい。

ここでは、「超エコ!水で動くデジタル時計。災害時にラジオも欲しい。」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Page Top↑
<電池じゃなくて水で動くデジタル時計
2010年1月21日 10時00分
1度の注水で約3カ月、時を刻み続ける。
~初め部分略~
実は水がないとウンともスンとも言わない時計があるのだ。それは、東京にある「大王
製作所」から発売された『水時計』のこと。
この時計、乾電池やコンセントにつないでの充電は不要。じゃあ、何が必要かというと
“水”だ。これを1回タンクに入れると、およそ3カ月は動き続けるらしい。
それにしても、何故にこんな時計を発売したのか? 同社の開発担当に伺った。
「当社では“人と自然にやさしい”をコンセプトとした商品の提供を進めています。水
時計を扱うキッカケとなったのは、自己発電の雰囲気が見て楽しめるシンプルなところ
です」

~以下省略~

http://www.excite.co.jp/News/bit/E1263799812643.html?_p=1
(エキサイトニュースより引用)


震災関連でつい目が行くエコグッズ


今度は究極とも言える、”水だけで動く時計”だ。水を高いところから落として、歯車を
回してとか、そういう動力的な利用ではなく、水の化学反応を利用してデジタル時計を
動かす仕組み。


だから本当に水を注ぐだけでいい。


災害時にコップ1杯程度の水があれば時刻を表示し続けるので、乾電池などの消耗品が
不要
になる。


ただ電力が非常に弱いのが難点なので、これをもう少し上げる工夫をしてラジオを
聴けるようになれば、災害時の本格的な防災グッズとして威力を発揮するハズ。


今話題の「ソーラーランタン」と”水で聴けるラジオ”があれば、電源一切なしで、
災害時に照明と情報が手に入るので、こんな便利なものはない。


”水で動くデジタル時計”は、是非今後も研究を続けて欲しい製品だと思う。



おもしろ情報 | Page Top↑


↑FC2のランキングに参加中!記事が面白かったとお感じでしたら、応援の”クリック!”をお願いいたしますm(_ _)m


* 当ブログ以外の提携ブログ記事も含みます
● 「ためしてガッテン」、足がつる”こむら返り”に隠れた危険な病気

● アルツハイマー型認知症の改善が期待できる食材、発見される!

● ヒルナンデス、「話題業務用スーパー / プロマート」特集

● 噂の!東京マガジン、ドライカレー(トマト風味)のレシピ

● 「ためしてガッテン」、きのこパワー13倍アップ激うま健康技

● 「王様のブランチ」道の駅、関越方面ドライブデート

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。