東海地震で浜岡原発から放射能漏れで首都圏消滅を警告する本

ここでは、「東海地震で浜岡原発から放射能漏れで首都圏消滅を警告する本」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Page Top↑
東日本大震災による福島原発放射能漏れ事故は、この先どのように収束していくのか、
未だその道筋が見えません。


今後、日本の国土は安全な環境を取り戻せるのか?


連日テレビや新聞で福島原発事故の報道を見続けていますが、その全体像はなかなか
正確には把握しづらいもの。


はたして原発の放射能汚染の危険度はどういったものなのか、それへの個人でも対策は
どうすればいいのか?


それについて、2006年に、東海沖地震による浜岡原発破壊の場合の首都圏の放射能
汚染をシュミレートした本
が出版されていました。


その内容が今回の福島原発のケースとよく似ているようです。


巨大地震と原発災害による放射能汚染について、知識の整理と対策を考えるに最適
本でしょう。


もし、東海地震が起きた時、最低限何をすればいいのか、知りたい人にお勧めです。


【送料無料】放射能で首都圏消滅

【送料無料】放射能で首都圏消滅
価格:1,260円(税込、送料別)


【内容情報】(「BOOK」データベースより)
あっ、東海地震だ!そして、そのあとさらに恐ろしい事態が…。首都圏はたったの6~
8時間後放射能に汚染されてしまう!あなたに備えは、ありますか?それより、あなた
はどこまで知っていますか?すべてを報告し、すべてに答えた本。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 放射能が首都圏を襲う(東海地震ついに発生!-そのとき、日本の運命が決ま
る/東海地震が原発震災に変わるとき-首都圏の人々の地獄が始まる ほか)/第2章
 放射能から身を守る!(“逃げる”のか“閉じこもる”のか-どっちを選ぶ?/“浜
岡”から煙が出ていないか、テレビで要チェック! ほか)/第3章 東海地震は始ま
っている(日本列島は地震活動期に入りつつある-地震学者の共通見解/浜岡原発の直
下にプレートの境界面があるのだ!-それも、浅いところに! ほか)/第4章 止め
て下さい、この原発(どこの国もやらないような人間実験が進行中…-浜岡原発は悪魔
の選定だ!/世界でひとつだけの花?-「地震発生予定地に原発」 ほか)/第5章
 浜岡原発のミステリー(浜岡原発の真下の恐怖とミステリー-それは、女性の手で握
りつぶせる岩盤だった!/浜岡の敷地内に断層が走っているではないか!-そのうえ過
去に「何度も動いた」証拠が… ほか)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
古長谷稔(コナガヤミノル)
1971年静岡県函南町生まれ。国立沼津工業高等専門学校電子制御工学科を経て、
北海道大学工学部土木工学科で河川防災を専攻。衆議院議員の公設秘書時代に浜岡原
発の実情と原発震災の危機を知ったことが、人生を大きく変えた。生まれも育ちも静岡
という土地柄、東海地震はつねに「そこにある危機」となる。そこで、誰も知らない浜
岡の真実を広く伝えるために秘書を退職、2004年4月「原発震災を防ぐ全国署名連
絡会」の立ち上げに参画し、事務局長として奔走中。2006年1月からは「食品と暮
らしの安全基金」に在籍しながら、さらに情報発信の勢いはヒートアップしている(本
データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


書評 | Page Top↑


↑FC2のランキングに参加中!記事が面白かったとお感じでしたら、応援の”クリック!”をお願いいたしますm(_ _)m


* 当ブログ以外の提携ブログ記事も含みます
● 「ためしてガッテン」、足がつる”こむら返り”に隠れた危険な病気

● アルツハイマー型認知症の改善が期待できる食材、発見される!

● ヒルナンデス、「話題業務用スーパー / プロマート」特集

● 噂の!東京マガジン、ドライカレー(トマト風味)のレシピ

● 「ためしてガッテン」、きのこパワー13倍アップ激うま健康技

● 「王様のブランチ」道の駅、関越方面ドライブデート

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。