3.11後の精神の拠り所に「信仰入門」は?

ここでは、「3.11後の精神の拠り所に「信仰入門」は?」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Page Top↑
東日本大震災はあまりの災禍の大きさに、それ以前と以後で日本人の価値観に大きな
変化をもたらしたように見える。


3.11以後”というような表現がインターネット上の文章で散見されるようにも
なってきた。


アメリカで起きた同時多発テロの時も、”9.11以後”という言われ方がされ、
米国民の安全に対する意識が大きく変わった。


東日本大震災の場合は、それよりも遥かに衝撃的であると思われるから、日本人の心
の底にもたらした激震は、もう以前の価値観には戻れないほどの距離を作ってしまった
かもしれない。


そうなると、今後の生き方の拠り所を何かに求めざるを得ないが、そこに宗教や信仰
を求める人も多いだろう。


そこで今人気の池上彰さんが、最新号の『文芸春秋』に「信仰入門」という内容の寄稿をしている。


最新の社会情勢に通じている池上氏だから、今後の日本人には何か精神的な拠り所が
必要になる
と考え、いち早くその指標を示そうとしたのだろう。


今は情報が豊富な時代だから、宗教や信仰といってもどこかの教団などに入る必要も
なく、自分で自らの感性に合った教えを探せばいいのであり、大げさに身構える必要
はないと思う。


その点で、池上氏のような人が「信仰入門」というようなテーマを扱ってくれるのは
ありがたいと言える。


また日本人になじみの深い仏教に関しては、『大法輪』という雑誌の最新5月号にも
「発想の転換」というテーマで、仏教世界の中の様々なメンタルヘルス法を紹介して
いる。


今度の大震災後に漠然とした不安感を持つようになった人は、自分なりの信仰(心の
拠り所)を持つよい機会ともいえる。


これら雑誌をザッと読んでみると、何かキッカケがあるかもしれない。


【送料無料】大法輪 2011年 05月号 [雑誌]

【送料無料】大法輪 2011年 05月号 [雑誌]
価格:840円(税込、送料別)






住まい・暮らし | Page Top↑


↑FC2のランキングに参加中!記事が面白かったとお感じでしたら、応援の”クリック!”をお願いいたしますm(_ _)m


* 当ブログ以外の提携ブログ記事も含みます
● 「ためしてガッテン」、足がつる”こむら返り”に隠れた危険な病気

● アルツハイマー型認知症の改善が期待できる食材、発見される!

● ヒルナンデス、「話題業務用スーパー / プロマート」特集

● 噂の!東京マガジン、ドライカレー(トマト風味)のレシピ

● 「ためしてガッテン」、きのこパワー13倍アップ激うま健康技

● 「王様のブランチ」道の駅、関越方面ドライブデート

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。