体温を下げる野菜「クールベジ」で暑さ対策

ここでは、「体温を下げる野菜「クールベジ」で暑さ対策」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Page Top↑
<室温ではなく体温下げる「クールベジ」
オルタナ 6月28日(火)12時50分配信

オーガニックや減農薬野菜にこだわり、都内を中心に展開するレストラン「農家の台
所」では、「クールベジタブル」(クールベジ)フェアを6月から開催している。ク
ールベジとは、体の余分な熱を逃がすカリウムと水分を含む夏野菜のことで、熱中症
予防や夏バテ予防に良いとされている。節電が求められる今夏、室温ではなく、体温
を下げるクールベジが注目を集める。
夏野菜にはカリウムを多く含んだ野菜が多く、ミニトマト、ゴーヤ、なす、きゅうり
などが代表的である。カリウムには利尿作用があり、水分とともに体の余分な熱を体
外に放出し、体をクールダウンさせる効果
があるという。
熱を加えると、カリウムの30%程度が失われてしまうと言われているため、カリウム
を食べ物から摂るためには、生のままが適しているという。
そこで、農家の台所では、同店の名物であるサラダバーで、クールベジを豊富に取り
揃える。常時約20 種類の新鮮野菜が並ぶなか、10種類程度がクールベジだという。

~以下省略~

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20110628-00000303-alterna-soci
(ヤフーニュースより引用)


なるほど、熱中症や夏の暑さ対策には、部屋の温度などの周りの環境以外に、体温を
下げるという発想もあるわけか。


それもクールビズの衣類や水枕とか体に身につけるものではなく、食物で体の中から
体温を下げる(熱をとる)方法でね。


それには特に野菜が効果的で、体温を下げる効果のある野菜を「クールベジタブル」
(クールベジ)という
らしい。


我が家でも、ナスやきゅうりは”ぬかずけ”で、夏は毎日食べている。


なすなどは、”秋茄子は嫁に食わすな”と昔から言われるくらい体を冷やす効果が
あったわけだし。


クールベジは生で食べるのが良いといっても、なすなどは生ではなかなか食べられない
ので、生ならトマトやきゅうりがいいかな。


なすの天ぷらとざるそばなんて、夏には最高だが、カリウムが3割も失われるのは
ちょっと残念だし。


ゴーヤは「緑のカーテン」を作っているので、7月下旬くらいからは毎日のように
収穫できる。せいぜい食べて夏バテ解消に役立てようか。



◆参考記事
気化熱で暑さを和らげる便利なグッズ

健康 | Page Top↑


↑FC2のランキングに参加中!記事が面白かったとお感じでしたら、応援の”クリック!”をお願いいたしますm(_ _)m


* 当ブログ以外の提携ブログ記事も含みます
● 「ためしてガッテン」、足がつる”こむら返り”に隠れた危険な病気

● アルツハイマー型認知症の改善が期待できる食材、発見される!

● ヒルナンデス、「話題業務用スーパー / プロマート」特集

● 噂の!東京マガジン、ドライカレー(トマト風味)のレシピ

● 「ためしてガッテン」、きのこパワー13倍アップ激うま健康技

● 「王様のブランチ」道の駅、関越方面ドライブデート

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。