ドクター中松発明の「超節電エアコン」、価格1、5万円

ここでは、「ドクター中松発明の「超節電エアコン」、価格1、5万円」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Page Top↑
ドクター・中松の超節電エアコン 原価10万円だが1.5万で発売
7月05日16時00分 提供:NEWSポストセブン

 節電地獄ニッポンの夏に“朗報”が飛び込んできた。
 発明家のドクター・中松氏が、持ち運びもできる小型の「超節電エアコン」を開発
したというのだ。記録的な猛暑が続く中、都内にあるドクター中松創研を訪ねると、
涼しい顔で出迎えてくれた中松氏。吹き出る汗を拭う記者を尻目に、キューブ型の小
さな発明品を片手に、説明を始めた。
「商品名はエコのエアコンだから『ECON(エコン)』。6畳間のエアコンの消費電力
が400ワットなのに対し、ECONは100分の1の約4ワットの電力しか使いません。それで
いて、扇風機のように生ぬるい風を移動させるのではなく、冷たい風が出ます」
 それにしても、わずか3平方センチという小さな箱の中にクーラーの機能が詰め込ま
れているとは驚きだが、一体どんな内部構造になっているのか。
「クーラーのようにモーターやコンプレッサーを回しているわけではありません。地
球環境に悪いフロンガスも発生しないので、エコなんです。原理? 簡単にいえば最
先端の半導体技術を駆使
しています」
 技術的なカラクリを頑なに明かそうとしない中松氏。とにかく使ってみなければ、
驚異の発明品の実力は分からない。中松氏は携帯用の小型バッテリーをECON本体に接
続し、記者の顔にゆっくりと近づけた――。

~以下省略~

http://news.ameba.jp/20110705-165/
(アメーバニュースより引用)


このドクター中松の超節電エアコン発明のニュースは、別の記事サイトでも見たが、
その実際の使い勝手は、どうも実用的なものではなさそう・・・。


まさかシャレで発明したものでもないだろうが、手のひらサイズでは、どんな画期的
なメカニズムでも涼しさを得るまではいかないだろう。


それとも、これはデモ用のミニチュアかな?


普通の家庭用エアコンなみの大きさにした場合、ちゃんと冷風を出しながら消費電力
が100分の1で済むというなら、本当に凄い超節電エアコンといえるが。


ドクター中松氏は、すでに特許申請(ギネスだったか?)はしているというが、話題
作りのための発明話なんだろうか?


真剣な話なのか、本心を聞きたいところだ。


上の記事では、他にも少ない風力で回る風力発電や北面でも発電できるソーラーパネ
ルなどを開発しているというが、今はマジで新技術が必要な時なので、本当に役立つ
ものならば、大手企業などと組んで1日も早く実用化して欲しいものです。



おもしろ情報 | Page Top↑


↑FC2のランキングに参加中!記事が面白かったとお感じでしたら、応援の”クリック!”をお願いいたしますm(_ _)m


* 当ブログ以外の提携ブログ記事も含みます
● 「ためしてガッテン」、足がつる”こむら返り”に隠れた危険な病気

● アルツハイマー型認知症の改善が期待できる食材、発見される!

● ヒルナンデス、「話題業務用スーパー / プロマート」特集

● 噂の!東京マガジン、ドライカレー(トマト風味)のレシピ

● 「ためしてガッテン」、きのこパワー13倍アップ激うま健康技

● 「王様のブランチ」道の駅、関越方面ドライブデート

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。