iPhoneで血糖値がわかる測定器&アプリ登場

ここでは、「iPhoneで血糖値がわかる測定器&アプリ登場」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Page Top↑
<ついに血糖値までiPhoneで管理 世界初の専用測定器&アプリが登場>
ダイヤモンド・オンライン 7月7日(木)14時0分配信

iPhoneの下部に装着されているのが血糖測定器「iBGStar」

 USBメモリのような小さなスティック。じつはこれ、世界で初めて、米アップルの高
機能携帯電話iPhoneへの接続を可能にした血糖測定器「iBGStar」
である。仏製薬大手
のサノフィ・アベンティスが米医療機器メーカーのアガマトリックスと開発したもの
だ。世界に先駆けて2011年4月、フランスとドイツで発売。日本では12年に厚生労働省
へ販売承認を得るために申請を行う予定で、13年頃には国内発売が期待できそうだ。
 使い方は簡単だ。患者は指先に針を刺して、出てくる血液を測定器に差し込んだス
トリップ(細長いチップ)につける。すると6秒で血糖値が測定され、結果がiPhoneの
タッチスクリーンにフルカラーで表示される。
 日本の糖尿病患者は約890万人に上り、多くの患者の共通した悩みは面倒な血糖値の
自己管理だ。血糖をうまく管理できなければ、合併症の発症リスクが上昇してしま
う。このため国内では、糖尿病患者のうち100万人以上が血糖測定器を使って血糖管
理を行っており、簡単かつ低価格な血糖測定器へのニーズは高い。

~以下省略~

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20110707-00000002-diamond-bus_all
(ヤフーニュースより引用)


これは凄い!


とうとうiPhone(スマートフォン)で、医学的に健康管理ができる時代になってきた。


万歩計だのの機能が付いているスマートフォンや携帯は多いが、血糖値の管理
できるというのは画期的。


しかもネット接続で、医療機関へも検査データをダイレクトに送信できるから、血糖値
の情報も適切に管理・活用できる。


血液の医学的な意味での情報量はもの凄いから、今後は糖尿病だけでなく、様々な
病気の管理や予防などに、スマートフォンに取り付け可能なこの種の検査キットが
登場してくるに違いない。


そうすれば、病院にわざわざ出向くことも減り、大病院の混雑なども緩和されるように
なるかもしれない。



IT | Page Top↑


↑FC2のランキングに参加中!記事が面白かったとお感じでしたら、応援の”クリック!”をお願いいたしますm(_ _)m


* 当ブログ以外の提携ブログ記事も含みます
● 「ためしてガッテン」、足がつる”こむら返り”に隠れた危険な病気

● アルツハイマー型認知症の改善が期待できる食材、発見される!

● ヒルナンデス、「話題業務用スーパー / プロマート」特集

● 噂の!東京マガジン、ドライカレー(トマト風味)のレシピ

● 「ためしてガッテン」、きのこパワー13倍アップ激うま健康技

● 「王様のブランチ」道の駅、関越方面ドライブデート

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。