東京ディズニーリゾートが赤字に

ここでは、「東京ディズニーリゾートが赤字に」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Page Top↑
オリエンタルランド赤字転落…再開後も客足伸びず>
産経新聞 8月4日(木)16時45分配信

 オリエンタルランドが4日発表した2011年4~6月期連結決算は、本業のもうけ
を示す営業損益が30億円の赤字(前年同期は130億円の黒字)に転落した。最終損
益も38億円の赤字(同62億円の黒字)となった。4~6月期での赤字は1996年
の上場以来初めて。売上高は43.0%減の485億円だった。
 東日本大震災の影響で、運営する東京ディズニーランド(TDL)や東京ディズニー
シー(TDS)が一時休業。4月の営業再開以降も、全体の約3割を占める地方からの
団体客などの入場者数が伸び悩み、大幅な減収となった。また、休業期間中の固定費な
ど38億円を特別損失として計上した。
 今期の業績予想については、「今後のTDLとTDSの入場者数などを見極めた上
で、改めて判断する」として見送った。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110804-00000572-san-bus_all
(ヤフーニュースより引用)


東京ディズニーリゾート(ディズニーランド&ディズニーシー)が、上場以来始めて
の赤字
となったらしい。


原因は東日本大震災の影響による入場者数の減少。


主に団体客の減少が大きいらしいが、大震災はレジャーの面でも日本人の心理に大きな
変化をもたらしたということか。


例えば、現実の世界は圧倒的にパワーがあり、人工的なメルヘンチックな世界に多少シ
ラケタものを感じ始めているとか。


レジャーの傾向として、純然たるファンタジーの世界に浸る現実離れした遊びよりも、
家族を含め周囲の人との結びつき等をしっかり確認できるような方向へシフトしつつあ
るのかもしれない。


その意味で、これからは落ち着いた国内観光旅行などが人気になるだろう。


東京ディズニーリゾートは、右肩上がりの成長の転換期に来たか?




社会・経済 | Page Top↑


↑FC2のランキングに参加中!記事が面白かったとお感じでしたら、応援の”クリック!”をお願いいたしますm(_ _)m


* 当ブログ以外の提携ブログ記事も含みます
● 「ためしてガッテン」、足がつる”こむら返り”に隠れた危険な病気

● アルツハイマー型認知症の改善が期待できる食材、発見される!

● ヒルナンデス、「話題業務用スーパー / プロマート」特集

● 噂の!東京マガジン、ドライカレー(トマト風味)のレシピ

● 「ためしてガッテン」、きのこパワー13倍アップ激うま健康技

● 「王様のブランチ」道の駅、関越方面ドライブデート

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。