無印良品のめがねが、リニューアルして発売

ここでは、「無印良品のめがねが、リニューアルして発売」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Page Top↑
<単純構造で低価格を実現 新・無印良品のめがね
9月09日17時03分 提供:東京バーゲンマニア

良品計画は、無印良品15店舗で販売している「無印良品のめがね」をリニューアルし、今秋から販売します。2011年9月16日からは、プラスチック、アルミ素材で、10月14日か
らはステンレス、チタン素材で発売

「掛け心地の徹底追究」をテーマにリニューアルした新商品は、両サイドに独自開発し
た「Uバネ機構」を用いています。掛け心地を追究するためには、一般的に「バネ丁番」
が使われますが、複雑な構造で、メンテナンスや耐久性に不安がありました。また、部
品が多く、価格も高めです。
Uバネ機構は、構造が単純なため、ごみや汚れがたまりにくく手入れがしやすい、耐久
性に優れ機能が劣化しにくい、という特徴を持ちながら、顔を包み込むようなやさしい
ホールド感を実現。好きなデザインのフレームとテンプルを組み合わせてカスタムする
ことができます。価格は、リニューアル前と同じ、フレーム・レンズ一式10500円です。
プラスチック、アルミ素材のめがねは、9月1日にリニューアルオープンした無印良品
有楽町で、先行発売しています。

http://news.ameba.jp/20110909-323/
(アメーバニュースより引用)


最近はメガネの価格競争が激化しているようだが、無印良品でもメガネを扱っていたとは知らなかった。


今回はリニューアルで、プラスチック、アルミ、ステンレス、チタンと豊富な材質の
メガネが順次ラインアップで揃っていくらしい。


価格も一式で1万円ほどと安い


私は現在チタン製のフレームの眼鏡を使っているが、これはもう20年以上も経って
いるので、歪みもあり、すぐにズレ落ちて使いにくくなっている。


チタンフレームの眼鏡は軽くて楽なので、買い替えの時もチタンがいいと考えている。


無印良品では「掛け心地の徹底追究」をテーマにしているというので、10月から発売
のチタンの眼鏡に期待したい。


問題は眼鏡を扱う店舗が限られているらしいこと。


群馬県には群馬町の「イオンショッピングセンター」の中に無印良品が出店しているが、
そこで眼鏡を扱っているのかな?



買い物 | Page Top↑


↑FC2のランキングに参加中!記事が面白かったとお感じでしたら、応援の”クリック!”をお願いいたしますm(_ _)m


* 当ブログ以外の提携ブログ記事も含みます
● 「ためしてガッテン」、足がつる”こむら返り”に隠れた危険な病気

● アルツハイマー型認知症の改善が期待できる食材、発見される!

● ヒルナンデス、「話題業務用スーパー / プロマート」特集

● 噂の!東京マガジン、ドライカレー(トマト風味)のレシピ

● 「ためしてガッテン」、きのこパワー13倍アップ激うま健康技

● 「王様のブランチ」道の駅、関越方面ドライブデート

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。