ホンダNSX後継車は、ガソリン+電気モーターの4WDハイブリッドか

ここでは、「ホンダNSX後継車は、ガソリン+電気モーターの4WDハイブリッドか」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Page Top↑
ホンダ NSX 後継車、ツインモーターのハイブリッドか>
レスポンス 10月7日(金)17時40分配信

ホンダが開発を明言している『NSX』後継車。同車に関して、興味深い新情報をキャッ
チした。
これは5日、英国の自動車メディア、『Auto EXPRESS』が伝えたもの。同メディアがホ
ンダ関係者から得た情報によると、NSX後継車には、ミッドシップに置かれた排気量3.5
~3.7リットルのV6ガソリンVTECエンジンが後輪を駆動し、前輪左右にそれぞれインホ
イールモーターを組み込むという、4WDのハイブリッドシステムが検討されているという。
このシステムは、ホンダが2001年の東京モーターショーに出品した『デュアルノート
コンセプト』の発展形。NSX後継車では、トータル出力400ps以上のパフォーマンスと、
高い環境性能の両立が追求されると見られる。
9月のフランクフルトモーターショー11では、「フェラーリの真似はしない」と、メデ
ィアに語ったとされるホンダの伊東孝紳社長。ツインモーターのハイブリッドという独
創のシステムを搭載し、NSXは2014年にも復活を遂げる可能性が出てきた。
《レスポンス 森脇稔》

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111007-00000033-rps-ind
(ヤフーニュースより引用)


今でも時々、街中で見かけるホンダのNSX


あの地を這うような低いスタイリングは、現在でも十分に斬新で目を奪われる。


そのNSXの後継車の、ド肝を抜かれるような情報が入ってきた。


ミッドシップで、後輪がガソリンVTECエンジン、前輪は電気モーターで駆動する4WD
車になるという。


トータルの馬力は400ps超え。


当然ボディは相当な軽量化が図られるだろうから、一体どんだけのスピードが出るの
か?


電気モーターは、その特性からスタートダッシュが速いというから、0~400mや、
時速100キロ到達タイムなどは、凄いものになるんじゃないだろか。


NSXという国産スーパーカーの復活、今から楽しみだなぁ。



趣味 | Page Top↑


↑FC2のランキングに参加中!記事が面白かったとお感じでしたら、応援の”クリック!”をお願いいたしますm(_ _)m


* 当ブログ以外の提携ブログ記事も含みます
● 「ためしてガッテン」、足がつる”こむら返り”に隠れた危険な病気

● アルツハイマー型認知症の改善が期待できる食材、発見される!

● ヒルナンデス、「話題業務用スーパー / プロマート」特集

● 噂の!東京マガジン、ドライカレー(トマト風味)のレシピ

● 「ためしてガッテン」、きのこパワー13倍アップ激うま健康技

● 「王様のブランチ」道の駅、関越方面ドライブデート

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。