「モーニングバード」、ゴボウで生活習慣病を予防

ここでは、「「モーニングバード」、ゴボウで生活習慣病を予防」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Page Top↑
今日11月2日のテレ朝「モーニングバード」の中で、”旬のゴボウで生活習慣病を
予防
”というコーナーがありました。

最近、日テレの「ヒルナンデス」で”ごぼう茶”が紹介されたり、今日の「ためして
ガッテン」でもゴボウが取り上げられたり(私は見てませんが)と、ゴボウが健康に
よいと話題のようです。


今日の「モーニングバード」では、”ごぼう”に含まれるポリフェノールの効用について
解説していました。

ごぼうにポリフェノールがあるとは知りませんでしたので、今日の番組は新たな発見で
あり、収穫でした。


ポリフェノールは赤ワインなどに豊富で、体内の活性酸素を取り除く効果があり、抗酸化
作用(老化防止)や生活習慣病予防
によいとされています。

ゴボウのポリフェノールといっても、ゴボウの良し悪しで含まれる量も違うということで、
よいゴボウの見分け方として、根元の直径が10円玉くらいも太さのものがよい、という
ことでした。


普通に食べても良いでしょうが、番組ではひと手間加えることで、ポリフェノールが
15倍にも増える方法
を紹介しました。

まず、ゴボウの”あく抜き”として、ささがきにした後水に漬けますが、長時間水に
漬けていると茶色の水になります。あの茶色はポリフェノールそのものなので、せっかく
の栄養分が出てしまいます。


ですから、水にさらすのは短時間でいいということです。


・ささがきにせず、適当に切って太いまま30分蒸すとポリフェノールは3倍にふえます。

・それを”ささがき”にして、天日に干すと10倍に。

・さらにフライパンなどで煎ると15倍になるそうです。


後は味噌汁に入れるなど、様々に使えばいいだけです。煮出してお茶にしてもいいでしょう
ね。


この煎った干しゴボウでスープを作るレシピを番組では最後に紹介していました。

煎りゴボウをミルなどで粉末にします。それを小さじ1杯、顆粒のコンソメなどダシと
なるものを小さじ1杯、温めた豆乳400cc、塩・胡椒適宜、これらを混ぜ合わせて
出来上がり。


豆乳も栄養があるし、このスープは身体にいいと思います。


◆関連記事(「ヒルナンデス」ごぼう茶の作り方など)
「ヒルナンデス」肩こり改善に、ごぼう茶や運動を紹介


TV番組 | Page Top↑


↑FC2のランキングに参加中!記事が面白かったとお感じでしたら、応援の”クリック!”をお願いいたしますm(_ _)m


* 当ブログ以外の提携ブログ記事も含みます
● 「ためしてガッテン」、足がつる”こむら返り”に隠れた危険な病気

● アルツハイマー型認知症の改善が期待できる食材、発見される!

● ヒルナンデス、「話題業務用スーパー / プロマート」特集

● 噂の!東京マガジン、ドライカレー(トマト風味)のレシピ

● 「ためしてガッテン」、きのこパワー13倍アップ激うま健康技

● 「王様のブランチ」道の駅、関越方面ドライブデート

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。