NHK「ワンダー×ワンダー」マヤ文明、暦の謎を解け!

ここでは、「NHK「ワンダー×ワンダー」マヤ文明、暦の謎を解け!」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Page Top↑
今日11月3日のNHK「ワンダー×ワンダー」は、”マヤ文明、暦の謎を解け”というタイトルでした。

マヤ文明の暦といえば、『2012』というハリウッド映画も作られ、世界中で話題
となっている”2012年にマヤ暦が終わり、世界も滅亡する”という言い伝え(噂)
の真偽の問題があります。

この2012年地球滅亡説の真偽には、いろいろな説があり、計算違いで”実は2011
年の10月28日がその地球滅亡の日だ”というものもありましたが、その日はもう
過ぎたので、デマだったということになります。

では果たして本当に2012年に地球の終わりの日が来るのか?

この問題の謎を取り上げたのが、今回の「ワンダー×ワンダー」でした。

私もNHKの番組で、”マヤ暦の言うとおり、2012年に地球は滅亡する!”などと
結論を出すはずもないので、どういう顛末となるのか、落ち着いてみてました。

番組全体としては、マヤ文明の特徴を概観する内容で、その一部でマヤ暦のことを
紹介していました。

マヤ暦には幾つか種類があるそうで、その中の『マヤの長期暦』というのが、地球滅亡
で騒がれているマヤ暦です。

それは、紀元前3114年8月13日から数えて187万2,000日目で終わる
暦で、その最終日が、2012年12月23日に当たります。

5,000年以上もの周期を持つ長い時間の暦だということです。

そして、暦の終了=地球最後の日、という解釈が地球滅亡の日ということに繋がって
いるのでしょう。

果たして、この『長期暦』の終了で地球も終了ということなのか?

これについては、マヤの神話「ポポル・ウフ」の中に、”よみがえりの力”という
ものが描かれており、マヤ人達は地下世界で生と死が絶えず循環するという思想を
持っているということが明らかとなっています。

死んではまた蘇る。

このマヤ人の思想から、暦もまた循環を繰り返すことになり、2012年には『長期暦』
もまた、次の新たな循環に入っていくことになるそうです。

従って、地球滅亡などはなく、むしろ5,000年暦の変わり目のおめでたい時期だと
いうことのようです。

事実、現在のマヤ人達は、世界の消滅など考えていないそうです。


これで、マヤ暦の謎は明らかとなり、マヤの預言なども信ずるに足りないということで
一件落着ということでしょう。


分かってはいたけど、ああ、何だかツマンナイね・・・。


TV番組 | Page Top↑


↑FC2のランキングに参加中!記事が面白かったとお感じでしたら、応援の”クリック!”をお願いいたしますm(_ _)m


* 当ブログ以外の提携ブログ記事も含みます
● 「ためしてガッテン」、足がつる”こむら返り”に隠れた危険な病気

● アルツハイマー型認知症の改善が期待できる食材、発見される!

● ヒルナンデス、「話題業務用スーパー / プロマート」特集

● 噂の!東京マガジン、ドライカレー(トマト風味)のレシピ

● 「ためしてガッテン」、きのこパワー13倍アップ激うま健康技

● 「王様のブランチ」道の駅、関越方面ドライブデート

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。