東京モーターショーにホンダが自動運転のPHV出展

ここでは、「東京モーターショーにホンダが自動運転のPHV出展」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Page Top↑
<自動運転のプラグインHV>
2011年11月10日(木)18時36分配信 共同通信

 ホンダは10日、高速道路では自動運転となるプラグインハイブリッド車(PHV)
のコンセプトカー「AC―X」
などを12月開催の東京モーターショーに出品すると発表。家庭での充電だけで50キロ走行可能で、ガソリンエンジンを使えば千キロ以上走
行できる。高速道路ではハンドルが収納され、自動運転モードとなる。ほかにスポーツ
タイプの電気自動車(EV)、3人乗りEV、電動スポーツバイクなど次世代の乗り物
を出展。

http://news.nifty.com/cs/economy/economyalldetail/kyodo-2011111001000681/1.htm
(ニフティニュースより引用)


景気の低迷などでイマイチ盛り上がり感に欠けそうな今度の「東京モーターショー」。


でも出品されるクルマはもの凄く進化しているようだ。


高速道路の自動運転は、もう大分前から研究されて、技術的には可能だがインフラ
整備などの問題で遅々として進んでいなかったが、今回ホンダがコンセプトカーで
実現させたらしい。


高速道路でハンドルが引っ込んでしまうというのが、潔くて凄い!


ドライバーは居眠りもできるのだろうか?


燃費もとうとう一回の給油で1,000キロ走れる時代が見えてきたようだ。この超
低燃費の技術だけでも、先行して市販車として販売して欲しいものだ。


トヨタの発売間近のPHVプリウスは燃費がリッター60キロだというし、他メーカー
からも恐らく驚くようなエコカーが登場するだろう。


三菱も新型のアウトランダーは超低燃費だという噂もある。


12月の東京モーターショーは楽しみだね。



趣味 | Page Top↑


↑FC2のランキングに参加中!記事が面白かったとお感じでしたら、応援の”クリック!”をお願いいたしますm(_ _)m


* 当ブログ以外の提携ブログ記事も含みます
● 「ためしてガッテン」、足がつる”こむら返り”に隠れた危険な病気

● アルツハイマー型認知症の改善が期待できる食材、発見される!

● ヒルナンデス、「話題業務用スーパー / プロマート」特集

● 噂の!東京マガジン、ドライカレー(トマト風味)のレシピ

● 「ためしてガッテン」、きのこパワー13倍アップ激うま健康技

● 「王様のブランチ」道の駅、関越方面ドライブデート

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。