冬場の部屋の寒さ対策に、「窓下専用ヒーター」

ここでは、「冬場の部屋の寒さ対策に、「窓下専用ヒーター」」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Page Top↑
11月も中ばを過ぎ、いよいよ朝晩の寒さが身にしみる季節が到来しました。

冬の寒さ対策をすでに始めている人も多いでしょうが、今年の冬は節電が求められて
いるので、例年のようにエアコンをガンガンかけて部屋を暖かくするというわけにも
いかなそうです。

節電しつつ(エアコン控えめで)、部屋の寒さ対策をしなければなりません。

この冬場の部屋の寒さ対策に関して、窓の断熱に注目した工夫を読売新聞の11/11付けの家庭欄が特集していました。

冬のエアコン使用を少なくする節電(省エネ)の鍵は、冷気の侵入がもっとも大きい
の断熱をいかに効果的にするか
にかかっています。

記事では、二重窓やサッシのガラスの複層化を、メインに紹介していましたが、その
どちらも結構な費用がかかるのが難点です。

実は私の家は古い借家で、冬はとても寒いので、今年の冬は何とか部屋の防寒対策をしたい
と考えていますが、借家だし出来れば簡単で費用のかからない方法でしたいと思って
いました。

そのような場合に適したものとして、窓下専用ヒーター『ウインドーラジエーター』というものを紹介していました。

これは、細長いヒーターに熱せられた空気が窓際を上昇し、外からの冷気の侵入を
遮るというもので、エアコンの温度設定を2度程度下げられる効果があるそうです。

この『ウインドーラジエーター』は知っていましたが、本当に効果があるのか疑問
に思っていた。しかし、通販の購入者のレビューを見ると、かなり効果が高いらしい
ことが分かりました。

価格もある程度するのに、購入した人の満足度もかなり高いです。

部屋の寒さだけでなく、結露を防ぐ効果も高いらしいですね。

気になる電気代も一晩つけっぱなしでも19円程度なので、エアコンの設定温度を
下げられれば立派な節電になるでしょう。

サイズも豊富です。


我が家では高齢の母も寒い思いをしていますので、この窓下専用ヒーターは真剣に
検討中です。



住まい・暮らし | Page Top↑


↑FC2のランキングに参加中!記事が面白かったとお感じでしたら、応援の”クリック!”をお願いいたしますm(_ _)m


* 当ブログ以外の提携ブログ記事も含みます
● 「ためしてガッテン」、足がつる”こむら返り”に隠れた危険な病気

● アルツハイマー型認知症の改善が期待できる食材、発見される!

● ヒルナンデス、「話題業務用スーパー / プロマート」特集

● 噂の!東京マガジン、ドライカレー(トマト風味)のレシピ

● 「ためしてガッテン」、きのこパワー13倍アップ激うま健康技

● 「王様のブランチ」道の駅、関越方面ドライブデート

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。