就職に強い大学ランキングが意外な結果に

ここでは、「就職に強い大学ランキングが意外な結果に」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Page Top↑
<「就職に強い大学ランキング」発表も、驚きの結果に>
2011年12月08日18時23分

12月5日発売の「週刊ダイヤモンド」(12月10日号)で「就職に強い大学ランキング
が発表された。このランキングは大学の「正味の就職率」「公務員就職率」「人気企業
への就職率」や「大学の支援体制」など、同誌独自の指標をもとに作成されたものだ。
記事によると「就職に強い大学ランキング」では、一橋大学が76.3点を獲得し堂々の
首位。1位に輝いた理由として、「OB会との連携強化」が強みだと同誌は報じている。
2位は、75.3点で京都大学、第3位には国際教養大学が74.9点で続き、以下、名古屋大
学、東京工業大学、北海道大学、東北大学、東京農工大学、小樽商科大学の順にラン
クインしている。
ちなみに日本の大学で最高峰といわれる東京大学は23位、慶應義塾大学は14位、早稲
田大学は88位となっている。

~以下省略~

http://news.livedoor.com/article/detail/6101874/
(ライブドアニュースより引用)


東大、慶応、早稲田のランクが低いのは、「週刊ダイヤモンド」独自のデータ指標
からランキングしたからのようで、普通に大企業への就職率で調査すれば、この3大学
はもっと上位になるハズ。


しかし、大学の名前とかブランドだけで戦えるほど最近の就職活動は甘くないのも事実
で、これから就活に入る学生は学校の格差など関係なしに皆一線での戦いになるだろう。


また大学受験生も、数年後には就活が待っていることを念頭に、本当に就職に有利な
大学
を選んだ方がいい。


早稲田、慶応で苦戦するより、もっとランクの低い大学で楽して受験して、就職も楽な
方がいいもんね。

社会・経済 | Page Top↑


↑FC2のランキングに参加中!記事が面白かったとお感じでしたら、応援の”クリック!”をお願いいたしますm(_ _)m


* 当ブログ以外の提携ブログ記事も含みます
● 「ためしてガッテン」、足がつる”こむら返り”に隠れた危険な病気

● アルツハイマー型認知症の改善が期待できる食材、発見される!

● ヒルナンデス、「話題業務用スーパー / プロマート」特集

● 噂の!東京マガジン、ドライカレー(トマト風味)のレシピ

● 「ためしてガッテン」、きのこパワー13倍アップ激うま健康技

● 「王様のブランチ」道の駅、関越方面ドライブデート

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。