2012年の日本経済動向は?

ここでは、「2012年の日本経済動向は?」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Page Top↑
そろそろ今年も終わりに近づき、来年の経済動向が気になるところ。

ズバリ、2012年、来年の専門家の日本経済予測はどうなのか?

大方は、増税論議、欧州の財政危機、円高、アメリカ経済の低迷、中国経済の失速など
から2012年の日本経済を悲観的に見ているだろうが、中には来年は景気が上向くと
いう人もいる。

ここで紹介する経済書は、直接には2013年のことを書いているが、来年の日本経済
を予測
する上で参考になると思う。

やはり来年は日本は、一旦は大きく経済が落ち込むのだろうか?


【送料無料】2013年大暴落後の日本経済

【送料無料】2013年大暴落後の日本経済
価格:1,575円(税込、送料別)


的中率No.1エコノミストとして投資家から絶賛されている中原氏による「2年後の日本
経済」の行方。世界のマネーがギリシャの次に狙うのは、日本・円。国際経済から見捨
てられる日本はどのようになっていくのか、円・債権・株のトリプル安が起こる中で、
どのような投資スタンスをとればいいのかをズバリ教える。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
国債急落で私たちの年収はどこまで下がるか?収入減と増税・インフレで生活水準はさ
らに悪化。年金は大幅削減、支給年齢はますます引き延ばされる。ヘッジファンドの攻
撃で日本が救われる理由とは?税制を変えるだけで、日本は再び豊かになれる。御用学
者や評論家が教えてくれない“日本経済の真実”。
【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 欧州財政危機の未来/第2章 欧州の次に忍び寄る日本の財政危機/第3章 
日本は国債バブルの真っただ中/第4章 ヘッジファンドが日本国債の暴落をもたらす
/第5章 大暴落後、日本はこう変わる/第6章 日本を豊かにするには、こうしなさ
い!
【著者情報】(「BOOK」データベースより)
中原圭介(ナカハラケイスケ)
金融・経営のコンサルティング会社「アセットベストパートナーズ株式会社」のエコノ
ミスト兼ファイナンシャルプランナーとして活動。金融機関や企業への助言・提案や富
裕層の資産運用コンサルティングを行う傍ら、執筆・セミナーなどで金融教育・投資家
教育の普及に努めている。


社会・経済 | Page Top↑


↑FC2のランキングに参加中!記事が面白かったとお感じでしたら、応援の”クリック!”をお願いいたしますm(_ _)m


* 当ブログ以外の提携ブログ記事も含みます
● 「ためしてガッテン」、足がつる”こむら返り”に隠れた危険な病気

● アルツハイマー型認知症の改善が期待できる食材、発見される!

● ヒルナンデス、「話題業務用スーパー / プロマート」特集

● 噂の!東京マガジン、ドライカレー(トマト風味)のレシピ

● 「ためしてガッテン」、きのこパワー13倍アップ激うま健康技

● 「王様のブランチ」道の駅、関越方面ドライブデート

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。