スギ花粉から吸う放射線量はレントゲンより超微量

ここでは、「スギ花粉から吸う放射線量はレントゲンより超微量」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Page Top↑
<放射性セシウム>「花粉吸引による被ばく心配なし」林野庁
毎日新聞 12月27日(火)14時0分配信

 来春の花粉シーズンを前に福島県など16都県でスギ花粉に含まれる放射性セシウム
の濃度調査
を行っている林野庁は27日、福島県内の調査地点のうち87カ所分のデー
タを中間報告として公表した。87カ所の最大値をもとに試算したところ、花粉の吸引
で受ける放射線量は毎時0.000192マイクロシーベルト程度で、同庁は「花粉の
吸引による被ばくを心配する必要はない
」としている。

~途中略~

 87カ所のうち、最も雄花のセシウム濃度が高かったのは浪江町内のスギで1キロ
あたり25万3000ベクレルだった。ただ、スギ花粉は1個あたりが非常に軽く、
データのある過去9年間で最大だった08年3月の飛散量(1立方メートルあたり花粉
2200個)をもとに試算しても、1時間で受ける放射線量は成人で0.000192
マイクロシーベルト程度との結果が出た。
 また、首都大学東京大学院の福士政広教授(放射線安全管理学)も11月に独自で
調査を行い、東京都奥多摩町で採取したスギの雄花を分析したところ、1キロあたり
93ベクレルだった。福士教授は「人体への影響を心配しなくていい数値だ。それでも
気になる人は花粉用のマスクやゴーグルの着用で、セシウムが付着した花粉防止の効果
が期待できる」としている。【曽田拓】

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111227-00000053-mai-soci
(ヤフーニュースより引用)


来春の花粉飛散時期に空気中に飛び散る花粉には、福島原発事故による放射能が
付着していて、それを吸い込んで被曝するのではないか
、と恐れている人がいるかも
しれない。

そうした人のために、林野庁がスギ花粉に含まれる放射性セシウムの濃度調査を行って
中間発表したというニュース。

最も放射性セシウムの濃度の高かった地点で、仮に花粉が最大量に飛散したとして
計算して、1時間に受ける被曝量が、「0.000192マイクロシーベルト程度」
という結果となった。

評価は、”被曝の心配なし”。

これは具体的に言って、どれほどの放射線量なのか?

ちょっと調べてみたら、健康診断などの集団検診で胸部レントゲンを撮影する場合
が、1回で0,1ミリシーベルトらしい。

1,000マイクロシーベルト=1ミリシーベルトだから、胸部レントゲンでは、
100マイクロシーベルトの放射線を浴びていることになる。

上の記事の花粉の場合は、これの約2/100万という低さになる(たぶん)。
簡単に言い換えれば、「レントゲン撮影の50万分の1」だ。

これは果てしなく低い放射線量で、日常生活でこれより高い放射線を発するものは
うじゃうじゃあるだろう。

だから、来年の花粉飛散の季節にナーバスになるのは無意味なので、止めましょうね。


社会・経済 | Page Top↑


↑FC2のランキングに参加中!記事が面白かったとお感じでしたら、応援の”クリック!”をお願いいたしますm(_ _)m


* 当ブログ以外の提携ブログ記事も含みます
● 「ためしてガッテン」、足がつる”こむら返り”に隠れた危険な病気

● アルツハイマー型認知症の改善が期待できる食材、発見される!

● ヒルナンデス、「話題業務用スーパー / プロマート」特集

● 噂の!東京マガジン、ドライカレー(トマト風味)のレシピ

● 「ためしてガッテン」、きのこパワー13倍アップ激うま健康技

● 「王様のブランチ」道の駅、関越方面ドライブデート

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。