防衛省がサイバー攻撃に備え、攻撃無力化ウィルスを開発中

ここでは、「防衛省がサイバー攻撃に備え、攻撃無力化ウィルスを開発中」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Page Top↑
<防衛省が対サイバー兵器、攻撃を逆探知し無力化>
読売新聞 1月1日(日)3時0分配信

 防衛省が、サイバー攻撃を受けた際に攻撃経路を逆探知して攻撃元を突き止め、プログラムを無力化するウイルスを開発していることがわかった。
 事実上のサイバー兵器で、2008年から開発に着手し、現在は閉鎖されたネットワーク環境
の下で試験的に運用している。サイバー兵器は既に米国や中国などが実用化しているとされるが
、日本では有事法制でサイバー攻撃を想定しておらず、対外的な運用には新たな法解釈が必要と
なる。防衛、外務両省はこうした事態を含め、法制面での検討を始めた。
 開発にあたっているのは、防衛省で兵器開発を担当する技術研究本部。08年度、「ネットワ
ークセキュリティ分析装置の研究試作」事業として発注し、富士通が1億7850万円で落札。
3年計画で、攻撃監視や分析の装置とともに、ウイルスの開発に着手した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111231-00000519-yom-soci
(ヤフーニュースより引用)


いよいよ日本の政府組織でも、サイバー攻撃を想定した防御体制を構築しつつあるという
ことか。

北朝鮮や中国あたりから防衛省のミサイル管理システムにでも不正にアクセスされて、国内
のどこかへミサイル発射なんて事態になったら、エライことだしね。

しかし、開発中のものは所詮「ウィルス」らしいが、これに2億円近い費用をかけるのは
妥当なのか?

アメリカあたりなら、このくらいのウィルスを作れるハッカーとかPCマニアは結構いるん
じゃないだろか?


IT | Page Top↑


↑FC2のランキングに参加中!記事が面白かったとお感じでしたら、応援の”クリック!”をお願いいたしますm(_ _)m


* 当ブログ以外の提携ブログ記事も含みます
● 「ためしてガッテン」、足がつる”こむら返り”に隠れた危険な病気

● アルツハイマー型認知症の改善が期待できる食材、発見される!

● ヒルナンデス、「話題業務用スーパー / プロマート」特集

● 噂の!東京マガジン、ドライカレー(トマト風味)のレシピ

● 「ためしてガッテン」、きのこパワー13倍アップ激うま健康技

● 「王様のブランチ」道の駅、関越方面ドライブデート

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。