画像で繋がる新しいSNS「Pinterest」

ここでは、「画像で繋がる新しいSNS「Pinterest」」 に関する記事を紹介しています。

<今年来るSNS?「Pinterest」とは>
web R25 1月21日(土)7時15分配信
16日、日経ビジネスオンラインに「Facebook、Twitterの次にくる、話題のSNS「Pinterest」
使ってみた 米国で大人気の画像のキュレーションSNSはこれだ!」という記事が登場した。
この「Pinterest」とは、気にいった画像をウェブ上のボードに貼りつけるサービス。ユーザー
はカテゴリ設定し、写真を投稿する。すると、ほかのユーザーから様々なコメントがつくなど、
写真をきっかけにコミュニケーションをとることができるSNSだ。Techcrunchが紹介している、
デジタルマーケット測定会社・COMSCOREのデータによると、Pinterestのユニークビジター数は、
2011年11月は485万人だったが、2011年12月には、751万人に激増したのだという。
このほか、ブログ「ライフハックブログKo’s Style」でも、「instagramを超えた!急成長し
た楽しすぎるオンラインピンボードサービス『Pinterest』」と紹介されており、そこでは
Pinterestの特徴を以下4点にまとめている。

【1】オシャレなインターフェイス
【2】ユニークビジター数でInstagramを抜き去ったほどの人気
【3】iPhoneアプリ・Web・スマートフォン用Webのいずれからも利用可能
【4】ギークではなく女性に大人気

~以下省略~

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20120121-00000000-rnijugo-inet
(ヤフーニュースより引用)


2012年の今年、また新たなSNSが話題を集めそうだというニュース。

「Pinterest」(ピンタレストって読むのか?)という、画像を介して繋がっていくシステム
のSNSらしい。

米国では昨年の12月にすでに751万人もの利用者がいるらしいが、日本ではすでに運営
を開始しているのかは、上の記事からははっきりと分からない。

確かに自分の趣味や価値観を主張するには、文字よりも画像というかビジュアルで訴える
方がインパクトがあるし、直感的に理解してもらえるかもしれない。

しかし、画像UPには多少なりとも手間がかかるので、このSNSを続けるのにはそれなりの
熱意も必要になりそうだ。

果たして、多くのファンが定着するSNSに成長するか?

こうして次々に新たなSNSが登場すれば、一人でそう多くのSNSに参加してられないだろうから、
既存のミクシィやフェイスブックなどの利用者も減っていくだろう。

SNSも競争の時代に入りつつあるということだ。


IT | Page Top↑


↑FC2のランキングに参加中!記事が面白かったとお感じでしたら、応援の”クリック!”をお願いいたしますm(_ _)m


* 当ブログ以外の提携ブログ記事も含みます
● 「ためしてガッテン」、足がつる”こむら返り”に隠れた危険な病気

● アルツハイマー型認知症の改善が期待できる食材、発見される!

● ヒルナンデス、「話題業務用スーパー / プロマート」特集

● 噂の!東京マガジン、ドライカレー(トマト風味)のレシピ

● 「ためしてガッテン」、きのこパワー13倍アップ激うま健康技

● 「王様のブランチ」道の駅、関越方面ドライブデート