「金プラ、トリックハンター2」、メニューから牛丼取り出すマジックのタネ明かし

ここでは、「「金プラ、トリックハンター2」、メニューから牛丼取り出すマジックのタネ明かし」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Page Top↑
今日1月27日の日テレ「金プラ!!見破れ!!世界マル秘トリックハンター2」は、”超能力マジック詐欺全てタネ明かします”という内容の特番でした。

以前の「トリックハンター1」も見て、結構面白かったので、今回も見てみました。

タネ明かしでやはり一番面白いのは、マジックのタネ明かしですね。

「トランプマン」の、飛行場にオーケストラが出現するマジックは、東京タワーが消失する
のと同じに、何かカメラの位置とか鏡を使ったりとかすると思っていましたが、端の大男の
影の遠い先にいたとは、あまりに単純すぎて拍子抜けしました。

そういえば、やけに右側の男の硬直したような姿勢が不自然だな、と思ったのですがね。

それと、最後の喪黒福造(笑うセールスマン)風のマジシャンがタネ明かしした”メニュー
から実物の牛丼を取り出すマジック
”。

インパクトのあるマジックほど、タネはシンプルで聴衆の虚を衝く思考の隙を狙ったものだ
と思っているので、さぞ意外な「そうだったのかぁ~!」という衝撃的なタネ明かしを期待して
いたのだが、あまりに凝った大掛かりな仕掛けがあったので、ガッカリした。

番組を見てない人のために説明すると、テーブルにはメニューの牛丼の写真の部分に穴が開いて
いて、下には牛丼が隠された大きな箱がついている。そして演者がメニュー上の牛丼の写真を
両手で覆いなからテーブル全体を下に押すと、中の牛丼が徐々にせり上がってくる仕組みとなって
いた。メニューの写真も上手く入れ替わるようになっている。

上からの撮影だと、テーブルの上下の動きは分かりにくいので、あたかも手の中から牛丼が
出現するように錯覚を起こすというわけ。

これはマジックといえばマジックだが、牛丼店の協力とテレビ局のセッティングが事前に綿密
に行われた上で初めて可能なTVショーで、マジックというより映画のトリックのようなもの
ろう。舞台などでの生のライブショーでは披露できないシロモノだ。

かつて数年前に、日テレだか他局だかで単独での特番を持った若手のマジシャンも、ハンバーガ
ーショップのウィンドウのメニュー版から実物のハンバーガーを出現させる同様のマジック

披露して話題になったことがあった。

あの時もマジックのタネは分からなかったが、ただハンバーガーショップにいた一般客を呼んで
周りに集まらせ、その中でパフォーマンスをしていたのが気になっていた。

その客達は、ただその場にたまたま居合わせた一般人とは思えない”均一さ”があったから。

あれはおそらくマジシャンやテレビ局が用意したキャストで、ハンバーガーのメニューの写真
の裏にも穴が開けてあっただろう。そしてウィンドウ全体が手で押すと奥へ少し移動するように
なっていただろう。違っていても、似たり寄ったりの仕掛けだったハズ。

要は、店と客とテレビ局が全体で作ったショーで、やろうと思えば精密な大掛かりな仕掛けを
用意し、摩訶不思議な現象を演出できるということ。

それもマジックといえばマジックだが、映画(ドラマとか)といえば映画だ。

マジシャンはアイデアを出す演出家兼俳優といったところ。

正統派のマジックの醍醐味は、やはり生のライブでのパフォーマンスだろうね。


TV番組 | Page Top↑


↑FC2のランキングに参加中!記事が面白かったとお感じでしたら、応援の”クリック!”をお願いいたしますm(_ _)m


* 当ブログ以外の提携ブログ記事も含みます
● 「ためしてガッテン」、足がつる”こむら返り”に隠れた危険な病気

● アルツハイマー型認知症の改善が期待できる食材、発見される!

● ヒルナンデス、「話題業務用スーパー / プロマート」特集

● 噂の!東京マガジン、ドライカレー(トマト風味)のレシピ

● 「ためしてガッテン」、きのこパワー13倍アップ激うま健康技

● 「王様のブランチ」道の駅、関越方面ドライブデート

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。