アマゾンの電子ブックリーダー「キンドル日本版」、4月発売か

ここでは、「アマゾンの電子ブックリーダー「キンドル日本版」、4月発売か」 に関する記事を紹介しています。

アマゾン Kindle が4月に日本上陸へ(日経報道)>
Engadget 日本版
2月11日(土)7時0分配信
日本版 Kindle といえば、ドコモ版 iPhone と並び、どれほど話題になろうと、リークなるもの
が繰り返されようと、今日まで誰も見ることができずにいる現代の青い鳥です。しかし日経は、
この日本版 Kindle が「4月にも」登場すると報じました。ちなみに日経は昨年も「年内にも」
と報じていますが、残念ながら実現しなかったのはご存知のとおり。ただ、2011年も残りわずか
となったところで共同通信が「年内断念、来春以降」と報じていましたので、仕切り直しの時期
は符合するところです。
日本版 Kindle が実現しない背景としては、出版社との調整に難航していると言われています。
今回の日経報道でも「契約交渉を進めており」「一部の出版社とは大筋で合意」とあるだけで、
昨年からどれほど前進しているのかは読みとれません。

~途中略~

そのほか記事で書かれているのは、日本版では Kindle Touch が主力製品になり、価格は1万数千円、ドコモの 3G 通信が無料で利用できるなど。Kindle 3 あらため Kindle Keyboard では
ドコモの 3G が無料で利用できましたので、通信量無料といっても新鮮味はありませんが、通信
プランの必要な他社端末とは大きな差別化要素となります。価格については、現在の Kindle Touch 3G
モデルは広告なしだと189ドルなので、1ドル80円で1万5000円くらい。ちなみに現行 Kindle 4
は 3G 非搭載。あと気になるポイントがあるとすれば、すでに輸入済の Kindle が日本で使える
かということです。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120211-00004453-engadget-sci
(ヤフーニュースより引用)

アマゾンの「キンドル日本版」が遂にこの4月に日本発売か、というニュース。

何だか待たされ過ぎて、興味も半減していて、さらに電子出版業界との調整の問題がまだ
不透明とか聞かされると、余計にありがたみも薄れてくる。

ただ、シンプルな作りで価格も1万円台と安く、通信費も無料というのは魅力。

これだと本体を買いさえすれば、別途に通信契約などをしにドコモの携帯ショップへ行ったり
せずに済むわけでしょう。

それで、「キンドル日本版」はどこで買えるのかな?

家電量販店で?、ネットのアマゾンで?


IT | Page Top↑


↑FC2のランキングに参加中!記事が面白かったとお感じでしたら、応援の”クリック!”をお願いいたしますm(_ _)m


* 当ブログ以外の提携ブログ記事も含みます
● 「ためしてガッテン」、足がつる”こむら返り”に隠れた危険な病気

● アルツハイマー型認知症の改善が期待できる食材、発見される!

● ヒルナンデス、「話題業務用スーパー / プロマート」特集

● 噂の!東京マガジン、ドライカレー(トマト風味)のレシピ

● 「ためしてガッテン」、きのこパワー13倍アップ激うま健康技

● 「王様のブランチ」道の駅、関越方面ドライブデート