天皇陛下が心臓バイパス手術を受けられることに

ここでは、「天皇陛下が心臓バイパス手術を受けられることに」 に関する記事を紹介しています。

天皇陛下、18日に手術へ…心臓冠動脈に狭さく>
読売新聞 2月12日(日)15時11分配信
 宮内庁は12日午後、天皇陛下(78)が11日に受けた心臓の冠動脈の精密検査の結果、
冠動脈の血管が狭くなる「狭窄(きょうさく)」が以前よりもやや進行していたとして、今月18
日、東京・文京区の東大付属病院で冠動脈バイパス手術を受けられることになったと発表した。
 陛下には、激しい運動をすると心臓への血液の供給が不足する「心虚血」が起きることがあ
り、医師団は、現在非常に成功率が高いバイパス手術により、今後の陛下の公務などの活動、
運動など生活の質(QOL)の向上が見込めると判断した。
 手術は、東大病院と、バイパス手術の実績が豊富な順天堂大順天堂医院心臓血管外科の合同
チームで行われる。順調に回復すれば、2週間程度で退院可能という。冠動脈バイパス手術は、
日本では年間1万数千件実施されており、心臓手術では一般的になっている。
 12日記者会見した宮内庁の金沢一郎・皇室医務主管と永井良三・東大病院循環器内科教授
によると、陛下は、昨年2月の同じ検査で、心臓の側面に回り込む「左回旋枝(ひだりかいせん
し)」と前部を下に向かって延びる「左前下行枝(ひだりぜんかこうし)」で狭窄が確認されてい
たが、11日の検査の結果、1年前より状態がやや進行しており、心臓カテーテル療法なども不
向きなことからバイパス手術を選択
した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120212-00000345-yom-soci
(ヤフーニュースより引用)


天皇陛下が心臓バイパス手術を受けられることになった

狭心症という診断だったが、手術が必要だということは、予想外に広範囲に心臓の血管に
狭窄があったということかもしれない。

上の記事では、心臓バイパス手術は一般的な手術で安全だと強調しているし、データ的には
99%の成功率がある手術だということなので、万一の事はないと思われるが、何せ天皇陛下
はご高齢なので、一抹の不安はある。

開胸手術だから、手術による体力の消耗も大きいし、その点も心配。

国民の一人としては、今回のご病気を機に、ご公務を減らすなどの配慮を政府はするべき
と思う。

とにかく、まずは18日の手術が成功することをお祈りします。


社会・経済 | Page Top↑


↑FC2のランキングに参加中!記事が面白かったとお感じでしたら、応援の”クリック!”をお願いいたしますm(_ _)m


* 当ブログ以外の提携ブログ記事も含みます
● 「ためしてガッテン」、足がつる”こむら返り”に隠れた危険な病気

● アルツハイマー型認知症の改善が期待できる食材、発見される!

● ヒルナンデス、「話題業務用スーパー / プロマート」特集

● 噂の!東京マガジン、ドライカレー(トマト風味)のレシピ

● 「ためしてガッテン」、きのこパワー13倍アップ激うま健康技

● 「王様のブランチ」道の駅、関越方面ドライブデート